薄荷とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 薄荷 > 薄荷の意味・解説 

はっ か はく- [0] 【薄荷】

シソ科ハッカ属植物の総称。ハッカ・ヒメハッカ・セイヨウハッカ(ペパーミント)など。独特の香りがある。ミント
シソ科多年草。湿った草地自生。また香料薬用とするため古くから栽培される。高さは約50センチメートル対生し,狭楕円形。8~10月葉腋に淡紫紅色の小花輪状につけるから薄荷油をとる。


薄荷

作者後銀作

収載図書指先物語64傑作短編集
出版社愛知出版
刊行年月2004.7


ニホンハッカ

ニホンハッカ
科名 シソ科
別名: ハッカ
生薬名: ハッカ(薄荷)
漢字表記 薄荷
原産 日本朝鮮半島中国シベリア
用途 から採る精油結晶メントール残った液がハッカ油といいます。清涼剤として、湿布薬歯磨き粉チューインガム菓子タバコなどに用います。
学名: Mentha arvensis L.
   var. piperascens Malinv.

はっか (薄荷)

Mentha arvensis var. piperascens

Mentha arvensis var. piperascens

わが国各地朝鮮半島中国分布しています。やや湿ったところに生え、高さは2040センチになります。地下茎によって広がります。は長楕円形で鋭い鋸歯があり対生します。またには軟毛が生えます。8月から10月ごろ、葉腋淡紫色唇形花輪生状に咲かせます。全体芳香があり、ハッカ油が採れます。
シソ科ハッカ属多年草で、学名Mentha arvensis var. piperascens。英名は Japanese mint

薄荷

読み方:はっか

  1. 道徳。〔花言葉

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ハッカ

(薄荷 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/11 07:35 UTC 版)

ハッカ






薄荷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「薄荷」の関連用語

薄荷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カランコエ・ロンギフローラ・コッキネア

ナワシログミ

蛍柴胡

コブナグサ

シェフレラ

スイセン

エロディウム・レイカルディー

ケヤキ





薄荷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハッカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS