メタンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > 主成分 > メタンの意味・解説 

メタン【methane】

メタン系炭化水素で最も簡単なもの。無色・無臭可燃性気体天然ガス石油分解ガスなどに多量に含まれ、炭坑内にも発生して爆発原因となる。沼地湿地などからも有機物腐敗発酵したときに発生し、沼気よばれる水素や他の炭化水素と混ぜ、都市ガスなどの燃料として用いる。化学式CH4


メタン(CH4)

メタン系炭化水素(CnH(2n+2))に属するものの一つで,メタンは天然ガス石炭ガス炭坑からのガス自動車排出ガスなどの中に含まれる無色無臭ガス体です。 
メタンそのものには毒性はありませんが,地球温暖化物質1つです。下水活性汚泥法で処理するときにできる余剰汚泥嫌気性分解する場合にも,炭酸ガスメタンガス,その他のガス発生します。

メタン

英語 methaneCH4

もっとも単純な構造炭化水素で、化学式で書けばCH4である。天然ガス主成分である。メタンは大気中に放出すると、二酸化炭素以上に強力な温室効果ガスとなることも知られている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

メタン

読み方: めたん
【英】: methane

一般天然ガス主成分となる常温気体無色無味無臭引火性物質
パラフィン系炭化水素CnH2n+2)のなかでもっとも単純な化合物で、分子式CH4物質性状は、ガス比重 0.555(空気=1 として)、発熱量 212.8 Kcal/mol 、13,265 cal/g 、融点-182.5 沸点-161.5 、液比重 0.415(15.6 =1 として)。この性質利用して天然ガス冷却液化して容積圧縮し、液体の状態(液化天然ガスLNG )で輸送することができる。石炭生成過程で生じ、地下石炭層(またはその近傍地層中に貯留されたメタンは「炭層メタン」と呼ばれ、一部資源として採掘されている。メタンはまた、ツンドラ地帯地表から自然の状態で膨大な量が放散されているほか、家畜呼気としても大量放出されることが判明している。近年二酸化炭素同様に温室効果をもつ物質として、環境面での有害性が指摘されている。

齊藤 隆2006 年 3 月

メタン

分子式CH4
その他の名称:沼気MethaneMarsh gasR-50
体系名:メタン


物質
メタン
英語名
Methane
化学式
CH4
原子量
16.04
融点(℃)
-182.6℃
沸点(℃)
-161.4℃

気体無味無色無臭可燃性物質で、熱や炎にさらされる引火する。しばしば火災原因となっている。

メタン

英訳・(英)同義/類義語:methane

最も簡単な炭化水素で、温室効果ガス一つCH4

メタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 08:35 UTC 版)

メタン: Methan[† 1]: methane[† 2])とは、最も単純な構造のアルカンで、1個の炭素原子に4個の水素原子が結合してできた炭化水素である。分子式は CH4。和名は沼気(しょうき)。CAS登録番号は [74-82-8]。カルバン (carbane) という組織名が提唱されたことがあるが、IUPAC命名法では非推奨である。




注釈

  1. ^ ドイツ語発音: [meˈtaːn] (メターン)
  2. ^ アメリカ英語発音: [ˈmeθeɪn]セイン)、イギリス英語発音: [ˈmiːθeɪn]ミーセイン)。

出典

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ 中井 多喜雄 『知っているようで知らない燃料雑学ノート』 p.67 - 70 燃焼社 2018年5月25日発行 ISBN 978-4-88978-127-4
  3. ^ 中井 多喜雄 『知っているようで知らない燃料雑学ノート』 p.67 燃焼社 2018年5月25日発行 ISBN 978-4-88978-127-4
  4. ^ 宇宙輸送はメタンエンジンにおまかせ! - IHI (PDF) (2018年3月22日閲覧)。
  5. ^ a b 早稲田周、岩野裕継、ガス炭素同位体組成による貯留層評価 石油技術協会誌 Vol.72 (2007) No.6 P.585-593, doi:10.3720/japt.72.585
  6. ^ 亀井玄人、茂原ガス田の地下水に含まれるヨウ素の起源と挙動 資源地質 Vol.51 (2001) No.2 P.145-151, doi:10.11456/shigenchishitsu1992.51.145
  7. ^ 北逸郎, 長谷川英尚, 神谷千紗子 ほか、CH4の炭素同位体比とN2/Ar比の分布に基づく天然ガスの生成プロセス 石油技術協会誌 Vol.66 (2001) No.3 P.292-302, doi:10.3720/japt.66.292
  8. ^ 新潟県上越市沖の海底にメタンハイドレートの気泡を発見、東京大学、海洋研究開発機構、東京家政学院大学、独立総合研究所、産業技術総合研究所
  9. ^ 兼松株式会社 (2007年10月12日). “バイオガス供給事業の開始について”. 2009年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月23日閲覧。
  10. ^ 腸内微生物との共生関係の不思議
  11. ^ 温室効果ガスの種類,気象庁
  12. ^ 温室効果ガス排出量の算定方法について,横浜市 メダンの地球温暖化係数は21
  13. ^ 弘前大学農学生命科学部畜産学研究室 (2003年9月2日). “羊などの家畜に「げっぷ税」 NZ、温暖化対策研究費に”. 2009年11月23日閲覧。 朝日新聞社asahi.com2003年9月2日より引用
  14. ^ “地球温暖化:メタンガスと畜産”. 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2005年11月13日). http://www.hopeforanimals.org/environment/213/ 2018年8月11日閲覧。 
  15. ^ 温暖化の科学 Q10 二酸化炭素以外の温室効果ガス削減の効果 - ココが知りたい地球温暖化”. 地球環境研究センター. 2018年8月11日閲覧。



メタン

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 00:16 UTC 版)

語源

名詞

  1. 1個の炭素原子に4個の水素原子結合した炭化水素湿地腐敗した有機物から発生し「沼気」「泥気」の別称がある。

発音

め↘たん

関連語

翻訳




メタンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メタン」の関連用語

メタンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メタンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2021 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのメタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS