からからとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(道具) > からからの意味・解説 

から‐から

【一】[副](スル)

堅い物が触れ合って立てる、響きのよい、軽い感じの音を表す語。「高下駄を—(と)鳴らして歩く」

車などが軽快に音を立てて回るさま。「矢車が—(と)回る」

高らかに笑う声を表す語。「—(と)大笑する

【二】形動

水分がすっかりなくなっているさま。「のどが—に渇く

器物の中がからで、何もないさま。「財布は—だ」

アクセント【一】ラカラ、【二】はカラカラ


カラカラ【Caracalla】


カラカラ(からから)

本格焼酎代表的酒器一つ沖縄でカラカラー、鹿児島でカラカラ、熊本県球磨地方ガラという。『南島説話』に採録された沖縄県中頭なかがみ)郡宜野湾ぎのわん付近民話中に「昔、あるところに酔どれ坊主居ったお弔い行って酔っぱらって帰り、・・・彼は時々大事な酒びんをヒックリかえした。彼はその度少なからず口惜しがった。そこで何とかしてヒックリかえらぬびんを作ろう考え、ついに餅(沖縄では丸餅。)から思いついて、餅形の酒入れ作った。・・・隣り近所の人が見て感心しこれを借りて真似て作った。それで人がしばしばこの酒入れをカラカラ(貸せ貸せ)と云った。坊主はこれにちなん名づけた」とある。一方沖縄国税事務所であった菅野文治氏が那覇市壷屋(つぼや)の窯元から聞いた話に、カラカラの注ぎ口は餅型の胴体をろくろを回してつくってから胴に張り付け接合部切除し穴を開けるが、切除部分が胴の中に残り、酒がなくなるとカラカラと音を立てるのでカラカラの名が生まれたという。沖縄以外に名の由来を示す語がないのでカラカラは沖縄から本土焼酎圏に伝えられたものであろう昭和一三年ころ沖縄宴席では、泡盛半分満したカラカラが各人の席の横に置かれ、席の中央補充用の大きなカラカラが据えられていた。各人手元のカラカラの泡盛適宜水で割って飲んだ沖縄のカラカラは陶器直人燗することはできないが、本土のカラカラ、ガラ磁器で火にかけられる

カラカラ

読み方:からから

一合から二合泡盛が入る容量酒器名前の由来は、空になるとカラカラという音で分かるように陶丸が入っていた。また貸せ貸せ「からぁからぁ」という言葉からきたという説がある。鹿児島のカラカラ、熊本県ガラルーツともいわれ、しかし燗酒を飲む習慣がない沖縄のカラカラは火にかけるよう造られていない

カラカラ (曖昧さ回避)

(からから から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/06 01:46 UTC 版)

カラカラ

関連項目



からから

出典:『Wiktionary』 (2021/09/01 14:34 UTC 版)

副詞

からから

  1. 堅い物が触れ合って立てる軽い音。
  2. などが軽快回る音。
  3. 高らか笑うさま。

発音

動詞

形容動詞

からから

  1. 水分無くなり乾いたさま。
  2. 空っぽ何も無いさま。

発音

名詞

からから

  1. 鹿児島沖縄泡盛などに用いられる注ぎ口付いた徳利

「からから」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「からから」の関連用語

からからのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



からからのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2024.
ウルマックスウルマックス
©2024 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラカラ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのからから (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS