からとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 袈裟 > からの意味・解説 

から

【一】[格助]名詞活用語連体形に付く。また上代では、助詞「が」「の」「のみ」にも付く。

動作作用起点を表す。

空間的起点出所を示す。「目から大粒の涙が落ちた」「本人から直接話を聞く

波の花沖—さきて散り来めり水の春とは風やなるらむ」〈古今物名

時間的起点を示す。「会議午後1時から始める」「朝から強い風が吹いている

明けぬ—舟を引きつつのぼれども」〈土佐

経由する場所を表す。…を通って。…に沿って。「東京を出て、名古屋から京都へと向かう」

人の親娘子児(をとめこ)据ゑて守山辺(もるやまへ)—朝な朝(さ)な通ひし君が来ねば悲しも」〈二三六〇〉

理由原因動機根拠を表す。…のために。…によって。「操作ミスから事故が生じた」

恋草力車(ちからぐるま)に七車積みて恋ふらくわが心—」〈・六九四〉

材料構成要素を表す。「米から酒ができる」「水素酸素からなる

動作作用開始順序発端を示す。「先着の人から入場してください

多く下に副助詞「まで」を伴って動作作用の及ぶ範囲を表す。「朝早くから夜遅くまで働く」「すみからすみまで探す

移動の手段・方法を表す。…によって。…で。

「訪(と)ふべき人、徒歩(かち)—あるまじきもあり」〈かげろふ・下〉

[補説] レジで、店員が「1万円からお預かりします」と言う場合がある。「1万円から代金頂きます」の意であろうか。従来は「1万円(を)お預かりします」と言っていた。関西から始まったともいうが不詳1990年ころから目立ってきた言い方である。

【二】[接助]活用語終止形に付く。

理由原因を表す。「もう遅いから帰ろう」

年号が変はった—、暦はもらはずはなるまい」〈咄・聞上手

終助詞的に用いて)強い主張決意を表す。ぞ。「思い知らせてやるから」

【三】[準体助]種々の語に付いて、それの付いた語句全体として体言と同じはたらきをもつものにする。

以後、以上の意を表す。「5キロからの重さ

…から始めて、…をはじめとして、の意を表す。→からに →からは →てからが

「鍋そのもの—が品よく出来上って居る」〈漱石虞美人草

[補説] 「から」は本来「故」の意の体言であったとみられ、上代において助詞「が」「の」に付くのも、その要素が強いからという。【一】1平安時代以降の用法で、上代では「より」が受け持った。【三】【一】1の用法から転じたもので、近世後期以降みられるようになった【二】近世前期からみられる。


から

【一】[副](あとに否定的表現伴って用いる)まったく。まるっきり。「から意気地がない」「から役に立たない」

【二】[接頭]名詞形容動詞に付く。

まるっきり、まったく、の意を表す。「からっ」となることもある。「からばか」「からうそ」「からっ下手(ぺた)」

すっかり、すべて、の意を表す。「から一面」「から一散


から【幹/柄】

草木のみき・。「粟—(あわがら)」「黍—(きびがら)」

矢の篦(の)。矢がら。

道具の柄(え)。〈和名抄


から【加羅/伽羅】

加耶(かや)


カラ【Kara】


か‐ら〔クワ‐〕【絡/掛羅/落】

《身に掛け絡(まと)うものの意》

㋐主に禅僧用いる、方形小さな略式袈裟(けさ)。五条の袈裟変形で、両肩から胸の前に垂れるようにまとう。掛子(かす)。

㋑㋐につけてある象牙の輪。

丸い根付けまた、根付けついている印籠(いんろう)・巾着(きんちゃく)・タバコ入れなどの称。

象牙の—よりもぐさを取り出だし」〈浮・一代男・五〉


か‐ら〔クワ‐〕【果×蓏】

《「果」は樹木になる実、「蓏」はつる草になる実》木の実草の実


から【空/虚】

《「殻」と同語源》

【一】[名]内部物のないこと。からっぽ。「—の箱」「家を—にする」

【二】[接頭]名詞に付く。

何も持たないこと。何も伴っていないこと。「—馬」「—手」

実質的なものが伴わないこと。うわべや形だけで役に立っていないこと。「—元気」「—回り」「—手形」「—世辞


から【唐/韓/漢】

朝鮮半島にあった国名から》

朝鮮中国古称多く中国をさす。また、中世以降広く外国のこと。「—天竺(てんじく)」

その夜の歌ども、—のも倭(やまと)のも、心ばへ深うおもしろくのみなむ」〈源・鈴虫

日本の事は申すに及ばず、—南蛮まで参りたりとも」〈虎明狂・賽の目

名詞の上に付いて、朝鮮中国、さらに、外国から渡来したことを表す。「—歌」「—衣」「—錦(にしき)」

唐織(からお)り」の略。


か‐ら〔クワ‐〕【××蠃】

ジガバチの別名。

「—の母は情を矯(た)めて」〈鴎外渋江抽斎


から【殻/骸】

《「空(から)」と同語源》

動物のからだや植物の実・種子をおおう堅いもの。「卵の—」

動物昆虫脱皮したあとの外皮ぬけがら。「セミの—」「もぬけの—」

主要な部分中身がなくなって用済みになったもの。「弁当の—」「—(ちゃがら)」

外界から自己を守る外壁。その外壁に守られた世界。「—に閉じこもる」「古い—を打ち破る

「おから」に同じ。

(骸)魂のぬけたからだ。なきがら

「—は気疎(けうと)き山の中に納めて」〈徒然・三〇〉


から【故/柄】

目的目標を表す。ため。

我が—に泣きし心を忘らえぬかも」〈四三五六

原因理由を表す。ため。ゆえ。

「あにもあらぬ己(おの)が身の—人の子の言も尽くさじ我も寄りなむ」〈三七九九

複合語の形で用いる。

血縁関係にあること。「や—」「はら—」

「問ひ放(さ)くるう—はら—なき国に」〈四六〇〉

そのものに本来備わっている性格性質本性

「国—か見れども飽かぬ神(かむ)—かここだ貴き」〈・二二〇〉


か‐ら クヮ‥ 【果

〔名〕 植物からすうり烏瓜)」の古名。〔広益国産考(1859)〕〔詩経‐豳風・東山


から

1 〔副〕 否定的消極的でよくない状態を表わすことばに伴って、その状態を強める。まるっきり。てんで。さっぱり。

滑稽本戯場粋言幕の外(1806)上「からがせうぎにふっぱるから」

虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一〇「身体許(なりばかり)大き御座いまして、から、役に立ちません」

2 〔接頭〕 (名詞形容動詞語幹に付く)

① その状態がはなはだしいこと、また、すっかりその状態になりきること、の意を添え強める。「から一散」「からしょてっぺん(=まっさきいの一番)」

否定的消極的でよくない状態を表わす語に付いて、まるっきり、てんで、の意を添え強める。「からっ」の形をもとる。「から嘘(うそ)」「から馬鹿」「から坊主」「から無茶苦茶」「からっ下手」


から

〔副〕 (多く「と」を伴って用いる) 堅い物のふれあう音を表わす語。

平家13C前)四「弓をばからとなげすて


から

接続〕 (助詞「から」から接続詞転用された語) 先行事柄の当然の結果として後行事柄が起こることを示す。だから。そこで。

滑稽本大千世界楽屋探(1817)上「只今(たでへま)主(にし)が、下司下臈の手かかって名告(なのる)でもねへと思ふも無理ぢゃアござらぬ。カラ私(わし)が、しちくどく身分明すさ」


から

1 〔格助〕 体言または体言準ずるものを受ける。

動作経由地を示す。…のまにまに。…に従って。…に沿って上代はこの用法のみである。

書紀720神代下(兼方本訓)「膂宍(そしし)の空(むな)国を頓丘(ひたを)自(カラ)、覔国(くにま)ぎ行去(とほ)りて」

神楽歌(9C後)早歌「〈本〉谷加良(カラ)行(い)かば尾加良(カラ)行(い)かむ 〈末〉尾加良(カラ)行かば谷加良(カラ)行かむ」

動作起点を示す。中古現われ現代に至る用法上代は、この用法としてはもっぱら「より」の方を用いる。時間的起点を示す場合と、空間的起点を示す場合とがある。

催馬楽7C後‐8C)本滋き「本(もと)滋(しげ)き 本(もと)滋(しげ)き 吉備の中山 昔より 昔加良(カラ) 昔可良(カラ) 昔より 名の旧(ふ)りこぬは 今の代のため 今日の日のため」

宇治拾遺(1221頃)一〇「その遣戸(やりど)から顔をさし出給へ

手段を示す。…によって。…で。

書紀720推古八年是歳(岩崎本訓)「直に新羅指して泛海(ふねカラ)、往く

④ (②の用法から転じて) 体言または接続助詞「て」を受け、「…から後」「…以上」の意を表わす近世以後用法

交隣須知(18C中か)一「泥 キモノニ ツイタニヨリ ホシテカラ モンテ タタケ」

(5) (②の用法から転じて) 体言を受け、「…からはじめて」「…をはじめとして」の意を表わす。「からして」の形でも用いられる。→からして

二百十日(1906)〈夏目漱石〉「かう云ふ山の中の鍛冶屋第一、音から違ふ」

2 〔接助〕 活用語終止形を受け、原因結果順接の関係において接続する。近世以後用法

浄瑠璃袂の白しぼり(1710頃)上「案ずる事はちっともない、外には人も知らぬから。一先(ひとまづ)内へ去(い)なしゃんせ」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「私はが嫌(きらひ)だから、これをたべます」

[補注]語源に関して、(イ) 「理由」または「間」という意の体言山田孝雄松尾捨治郎)、(ロ) ある事物に少しも積極的な力を加えない、という概念をもつ形式体言石垣謙二)、(ハ) ウカラハラカラ等「血族」を意味する体言が、山カラ、川カラ等「事物性質」を表わす至り、更に抽象化して「自然のつながり」「自然のなりゆき」の意となり、そこから経由地出発点理由を示す助詞が出た(大野晉日本語黎明」)など言われる。→語素「から(柄)」


から【唐・韓・伽羅】

1

[一] (伽羅) 三〜六世紀ごろ、朝鮮半島南部洛東江流域一帯にあった小国家群総称。「日本書紀」では、任那(みまな)とよんでいる。伽倻。

書紀720欽明二年七月新羅折れる国南の加羅(カラ)・喙己呑(とくことん)等を抜き取りて」

[二] (唐・韓) 転じて、ひろく朝鮮中国をさし、中世以降南蛮などの外国をさすこともあった。→韓国(からくに)。

源氏100114頃)「あはれなるふる事ども、からのも大和のも書きけがしつつ」

仮名草子浮世物語(1665頃)三「その器物はからの日本(やまと)の古き物を揃へて重宝とし」

2 〔名〕

① 「からおり唐織)」の略。

② 「から(唐)の紙」の略。

3語素〕 語の上に付けて朝鮮中国、さらにひろく外国から渡来した人や物を表わす。「唐衣(からころも)」「唐囀(からさえずり)」「唐玉(からたま)」「唐人(からびと)」など。


から【幹・柄】

1 〔名〕

草木の幹や。〔十巻本和名抄(934頃)〕

② 矢の篦(の)。矢がら。

*金刀比羅本保元(1220頃か)上「からはしら篦(の)に、山鳥の羽をあはせはぎに、こうのぶりをまぜて」

道具の柄(え)。

霊異記810‐824)上「十余人して荷(も)つ可き鋤柄(すきガラ)を作りて持た使む〈興福寺訓釈 柄 加良〉」

2接尾〕 柄のあるものを数えるのに用いる。

歌舞伎蝶々(1828)二幕「三から位の臼は、わし一人で沢山でござります

3語素〕 柄のあるものという意を表わす。「から臼(うす)」「から(かじ)」「から秤(はかり)」「から鋤(すき)」など。


か‐ら クヮ‥ 【掛絡・掛羅】

〔名〕

① (掛けて身にまとう物の意) 仏語禅宗浄土宗の僧が、両肩通して胸間掛けて用い小さな方形袈裟(けさ)。五条衣(安陀会)で、中国、唐の則天武后禅僧与えたことに始まる。掛絡袈裟。前五条掛子(かす)。

増鏡(1368‐76頃)一一緑衫(ろうさう)の御衣にくゎらといふ袈裟かけさせ給へり」

太平記14C後)二九「袴許りに掛羅(クヮラ)懸けて」〔釈氏要覧‐上・法衣

② ①に用いてある象牙などの輪。

俳諧毛吹草(1638)六「袈裟月はくら共云つべし〈作者不知〉」

根付けまた、根付けのある印籠(いんろう)、巾着タバコ入れなど。

俳諧宝蔵(1671)三「つぶの緒じめに、ばへのくゎら、印籠に島巾着は、隠者のよきさげ物なり」


か‐ら クヮ‥ 【果蓏・菓蓏】

〔名〕 (「果」は、樹木になる実で、「蓏」は、うりなど、つる状の植物になる実) 木の実草の実

*康頼宝物集1179頃)下「採薪及果蓏の心を多く歌に読り」

浮世草子近代艷隠者(1686)二「時として蓏(クラ)なんど送れば請」〔周礼天官・甸師〕


から【柄】

1語素

① 同じ血のつながりを持つこと。血縁関係にあること。「うから(族)」「やから(族)」「はらから同胞)」などと用いられる。

その物に本来備わっている性質性格本性また、そのもの由来するところ。「国柄(くにから)」「神柄(かむから)」「山柄(やまから)」などと用いられる。

万葉(8C後)三・三一五「み吉野吉野の宮は 山可良(カラ)し 貴くあらし 川可良(カラ)し 清(さや)けくあらし」

2 〔名〕 ((一)②から転じて) 原因理由。→からに。

万葉(8C後)二〇・四三五六我が母の袖もち撫でてわが可良(カラ)に泣きし心を忘らえぬかも」


から【殻・骸】

〔名〕 (「から(空)」と同語源)

① 貝などの動物や、草木の実などの外部をおおっている固いもの。中身取り去ったあとに残る固い皮。「卵のから」

観智院三宝絵(984)上「貝の柄を取て海のを汲むと誓ふ心の実となるに」

徒然草1331頃)六九「豆のからを焚きて」

比喩的用いて自分世界を守る外壁その世界をいう。「からを守る」

大道無門(1926)〈里見弴〉影法師自分一(ひと)りの殻を護って」

動物昆虫などが脱皮したあとに残る皮。もぬけのからぬけがら

古今(905‐914)哀傷・八三一空蝉(うつせみ)はからを見つつもなぐさめ深草山けぶりだに立て〈勝延〉」

④ (骸) 魂が抜け去ったあとに残る肉体なきがら。むくろ。死骸

古今(905‐914)物名一一〇二「かけりても何をかたまのきても見んからは焔となりにしものを〈藤原勝臣〉」

(5) (骸) からだの大きさ体格からだつきまた、人の外見全体をいう。

玉塵抄(1563)一四「孔子のなりからが陽虎に似たぞ」

(6) 中身がなくなって、用済みになった入れ物

浮世草子好色一代女(1686)四「菓子杉重(すぎぢう)のからまでも取集て」

(7) (かなで書かれることが多い) 豆腐作る際に出るかす。おから。きらず。

洒落本六丁一里(1782)少年国「食物は、こんにゃく。から。ぼうだら


から【涸・嗄・枯】

(「かれ(涸)」の変化した語)

1 〔名〕 がなくなること。

日葡辞書(1603‐04)「シヲノ cara(カラ)〈訳〉干潮卑語

2語素かれている水気がない、生気がないなどの意を表わす。「枯山(からやま)」「迹(からと)」「物(からもの)」など。


から【空・虚】

1 〔名〕 (「から(殻)」と同語源)

内部に本来ならあるべき物が、ないこと。中が充実ていないこと。うつろ。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「空虚(カラ)になった菰被(こもかぶり)」

② 何も携帯ていないこと。てぶら。

乗り物などで、客を乗せていないこと。空車

俳諧飛梅千句(1679)賦何公誹諧「めして御され五条あたりの月〈友とうしてからてかへる雁金〈満平〉」

安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「もう一両の立になったから軽車(カラ)でけへらうとすると」

2 〔接頭〕 (名詞に付いて)

① 何も持っていないこと、また、他のものを伴わないことの意を表わす。「から手」「から脛(すね)」

実質的なものの伴わないこと、また、伴うはずのものが伴わないことの意を表わす。「から元気」「から威張り」「から世辞」「から手水(ちょうず)」「から荼毘(だび)」など。


か‐ら クヮ‥ 【蜾蠃・蜾

〔名〕 昆虫じがばち似我蜂)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕


から【辛・苛・鹹】

語素〕 (形容詞「からい(辛)」の語幹) からいの意を表わす。「からしお」「からさけ」


から

から [格助] 「…のうちからから所定の分を」の意。「一万円からお預かりいたします。」〈業(小売)〉

から’

但馬方言共通語用例備考
から’ 体つき体格 からが小さーても、元気だったらええ。

~から

但馬方言共通語用例備考
~から (場所)で 家から宿題やってきた。
家から酒飲みなるんですか(家で酒を飲まれるのですか)。
美方郡温泉町浜坂町日常よく用いられる、場所を表す格助詞美方郡村岡町城崎郡香住町でも使われることを確認した。2番目の用例は、香住町の方が実際に私との会話の中で言われたもの。豊岡市でも、ごくまれではあるが使われる。この語法は、鳥取県へとつながる。

(て)から、(て)からに

大阪弁 訳語 解説
(て)から、(て)からに て、たりして 「から」+接続助詞「に」。動詞のテ形に続いて、強調を表す。文末表現。あんたやったらでける子ぉやねやさかい、は、あなたはやったらできる子なんだから、せんど言うといてからに、は、さんざん言っておいて本当にもう、という意味。


から

大阪弁 訳語 解説
から からだ、からだつき
身体
殻。体のこと。ほんま、からばっかし大きいて頭ん中は空っぽでんねん。東京では「がら」と濁る。


・・から

品詞》場所を表わす格助詞
標準語》・・で、・・において
用例》(小学生作文風)「きのう、遠足行きました。山から弁当を食べました」(山で弁当を食べました)。
用例》「二階から寝ていた叔父が、寝とぼけて、二階から落ちたさあな」
用例》「そがなアイスクリーム倉吉からは、見んわ」(そんなアイスクリームは、倉吉では見ませんね)


用例全国的流布しているわらべ歌中に、「一かけ二かけて、三かけて」というのがあります。本来は手まり歌ようですが、ごんべは姉二人と、じゃんけん前置きにこの歌を歌ってから、じゃんけんをしていました。この歌にも「から」が出てきます。

一かけ二かけて、三かけて
四かけて五かけて、をかけ
欄干らんかん)、手を腰に
はるか向こう眺むれば
十七、八のねえさん
片手花持ち線香(せんこ)持ち
ねえさんねえさん、どこ行くの
私は九州鹿児島
西郷隆盛娘です
明治十年三月
切腹なさった父上
お墓参り致します
お墓の前から手を合わせ
南無阿弥陀仏拝みます
(くわいがを出いて、花ちゃんが開いて
ハサミでちょん切ってえっさっさ
蛇足》ごんべは、大学教養国語学授業阪倉先生)で、この「から」のせいで、みんなに馬鹿にされました。しくしく
参照鳥取弁における助詞の用例

から

  1. 看守ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・岡山県

分類 岡山県


から

  1. おからに同じ、きらずの事。

から

  1. スリから取っ蟇口財布紙入れなどの中味をぬき取った後のから。〔掏摸

分類 掏摸


読み方:から,がら

  1. 。〔第七類 雑纂
  2. を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カラ

(から から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 02:36 UTC 版)

カラKaraKharaCarra等の音訳から)。アクセントがわかりやすいように「カーラ」と表記されることもある。




「カラ」の続きの解説一覧

から

出典:『Wiktionary』 (2019/03/12 20:25 UTC 版)

助詞

から

  1. 格助詞体言準体言を受ける。
    1. 空間的起点始点を表す。
      1. 経由地点を表す。
      2. 属す範囲や本来あった場所などを表す。
    2. 時間的起点始点を表す。
    3. 手順順序などの起点始点を表す。
    4. 比較対照などにおいて起点始点とみなしうるものを表す。
    5. 授受などにおける起点となる人物受動文の行為者などを表す。
    6. 行為者として主体的にまた率先して行う意味などを表す。
      • 思い切って自分から声をかけてみたら。
      • からはそんなことなんてとても無理です。
      • 私の方から補足します。
    7. 変化転成などの起点を表す。
    8. 材料原料構成要素などを表す。
    9. 原因理由などを表す。
    10. 観察考察、また比較などの基準根拠などを表す。
    11. 鳥取方言)場所・位置を表す。
      • どこからご飯食べる?(=どこでご飯食べる?)
  2. 副助詞
    1. 前から継続しているニュアンスを明確にする。より。
    2. 大きな数量であることを表す。
    3. 比較対照などにおいて起点始点とみなしうるものを表す。
    4. (「…から…から」「…からなにから」などの形で)あらゆる範囲にわたるニュアンスを表す。
    5. (「…から…から」などの形で)続けざま発生するニュアンスを表す。
  3. 接続助詞
    1. ~した後で
    2. 終止形を受け、順接原因等を表す。
  4. 終助詞
    1. 文意強調する。
      • 私はそんなことしてませんから
      • もうそろそろ帰るから

用法

  1. 格助詞後置することがある準体助詞)。
  2. 以降」「こっち」「さき」「むこう」などの名詞後置することがある。この場合「から」に助詞「の」を後置することはしない。
    • ここから先へ行ってはいけない。
    • 引退してから以降のことを話すつもりはない。

語源

一説によれば下記名詞「故・柄」から。

関連語

関連語

翻訳

名詞:空・虚

から,

  1. 中身がないこと。

名詞:殻・殼・骸

から, ,

  1. 昆虫脱皮したときに脱がれた古い抜け殻
  2. 植物種子や実、動物外皮覆う硬い物。
  3. 自分世界から外界隔てる壁。
  4. 通常仮名豆腐製造の際、豆乳搾り取っ残滓おから、きらず。

名詞:唐・韓・漢・加羅・加耶・迦羅・伽羅・伽耶

から, , , , 耶, 迦, , 耶】

  1. 加羅, 加耶, 迦羅, 伽羅, 伽耶3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島中南部において、洛東江流域中心として散在していた小国家郡の中国百済日本(倭)における呼称新羅においては伽耶加耶という表記用いられた。
  2. 語義1を語源とする、日本から見た朝鮮半島から中国一帯古典語
  3. 外国一般

名詞:故・柄

から,

  1. 原因理由。ゆえ。

名詞:枯・涸・乾

から, 涸,

  1. 無くなる事。

名詞:幹・簳・柄

から, 簳,

  1. 木のみき。
  2. ほうきなどの

同音の漢語









※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



からと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「から」に関係したコラム

  • FXやCFDの線形回帰スロープとは

    FXやCFDの線形回帰スロープとは、線形回帰の傾きを1本の線で表したテクニカル指標のことです。線形回帰スロープは、Linear Regression Slopeともいいます。線形回帰スロープの描く線は...

  • 為替の日足・週足の期間は

    為替レートを一定の期間で区切った1つ1つを「足」といいます。期間が1日の場合を日足、1週間の場合を週足といいます。足は、日付、始値、高値、安値、終値、出来高の6つの要素から構成されます。このうち、始値...

  • 株式やFX、CFDの三角方式とは

    株式やFX、CFDの三角方式とは、相場のトレンドから目標価格を予測する手法のことです。三角方式では、上昇トレンドの終了が確認されて下降トレンドへ転換した時点での下値目標価格を予測します。あるいは、下降...

  • バイナリーオプションのペイアウト倍率とは

    バイナリーオプションでは、購入金額に対する払戻額のことをペイアウト倍率、ペイアウト率、ペイアウトなどと表現しています。例えば、ペイアウト倍率が1.8倍の商品を1,000円購入した場合、予想が当たれば1...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のAccelerator Oscillatorの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のAccelerator Oscillatorの見方を解説します。Accelerator Oscillator(AO、...

  • FXやCFDのチャートクラフト方式とは

    FXやCFDのチャートクラフト方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。チャートクラフト方式は考案者のコーエンの名をとって、コーエン方式ともいいます。チャートクラフト方式...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「から」の関連用語




4
50% |||||

5
50% |||||

6
50% |||||

7
50% |||||

8
50% |||||

9
50% |||||

10
50% |||||

からのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



からのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2021 by akaringo. All rights reserved.
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2021 TANIGUCHI Yutaka
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2021 gonbe007
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのから (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS