からとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 袈裟 > からの意味・解説 

か‐ら〔クワ‐〕【××蠃】

読み方:から

ジガバチの別名。

「―の母は情を矯(た)めて」〈鴎外渋江抽斎


から

【一】[副](あとに否定的な表現伴って用いる)まったく。まるっきり。「―意気地がない」「―役に立たない

【二】接頭名詞形容動詞に付く

まるっきり、まったく、の意を表す。「からっ」となることもある。「―ばか」「―うそ」「―っ下手(ぺた)」

すっかり、すべて、の意を表す。「―一面」「―一散


から

【一】[格助]名詞活用語連体形に付くまた上代では、助詞「が」「の」「のみ」にも付く。

動作作用起点を表す。

空間的起点出所を示す。「目―大粒の涙落ちた」「本人直接話を聞く

波の花沖―さきて散り来めり水の春とは風やなるらむ」〈古今物名

時間的起点を示す。「会議午後1時始める」「朝―強い風吹いている」

明けぬ―舟を引きつつのぼれども」〈土佐

経由する所を表す。…を通って。…に沿って。「東京出て名古屋京都へと向かう」

人の親娘子児(をとめこ)据ゑて守山辺(もるやまへ)―朝な朝(さ)な通ひし君が来ねば悲しも」〈万・二三六〇〉

理由・原因動機根拠を表す。…のために。…によって。「操作ミス事故生じた

恋草力車(ちからぐるま)に七車積み恋ふらくわが心―」〈万・六九四〉

材料構成要素を表す。「米―酒ができる」「水素酸素―なる」

動作作用開始順序発端を示す。「先着の人―入場しください

多く下に副助詞「まで」を伴って動作作用及ぶ範囲を表す。「朝早く夜遅くまで働く」「すみ―すみまで探す

移動の手段・方法を表す。…によって。…で。

「訪(と)ふべき人、徒歩(かち)―あるまじきもあり」〈かげろふ・下〉

[補説] レジで、店員が「1万円からお預かりします」と言う場合がある。「1万円から代金頂きます」の意であろうか。従来は「1万円(を)お預かりします」と言っていた。関西から始まったともいうが不詳1990年ころから目立ってきた言い方である。

【二】[接助]活用語終止形に付く

理由・原因を表す。「もう遅い帰ろう

年号が変はった―、暦はもらはずはなるまい」〈咄・聞上手

終助詞的に用いて)強い主張決意を表す。ぞ。「思い知らせてやる―」

【三】[準体助]種々のに付いて、それの付いた語句全体として体言と同じはたらきをもつものにする。

以後以上の意を表す。「5キロ―の重さ

…から始めて、…をはじめとして、の意を表す。→からに →からは →てからが

「鍋そのもの―が品よく出来上って居る」〈漱石虞美人草

[補説] 「から」は本来「故」の意の体言であったとみられ、上代において助詞「が」「の」に付くのも、その要素が強いからという。【一】1平安時代以降の用法で、上代では「より」が受け持った【三】【一】1の用法から転じたもので、近世後期以降みられるようになった【二】近世前期からみられる


カラ【Kara】


から【加羅/伽羅】

読み方:から

加耶(かや)


から【唐/韓/漢】

読み方:から

朝鮮半島にあった国名から》

朝鮮中国古称多く中国をさす。また、中世以降広く外国のこと。「―天竺(てんじく)」

その夜の歌ども、―のも倭(やまと)のも、心ばへ深うおもしろくのみなむ」〈源・鈴虫

日本の事は申すに及ばず、―南蛮まで参りたりとも」〈虎明狂・賽の目

名詞の上に付いて朝鮮中国、さらに、外国から渡来したことを表す。「―歌」「―衣」「―錦(にしき)」

唐織(からお)り」の略。


から【幹/柄】

読み方:から

草木のみき・。「粟―(あわがら)」「黍―(きびがら)」

矢の篦(の)。矢がら。

道具の柄(え)。〈和名抄

「幹」に似た言葉

か‐ら〔クワ‐〕【絡/掛羅/落】

読み方:から

《身に掛け絡(まと)うものの意》

㋐主に禅僧用いる、方形小さな略式の袈裟(けさ)。五条の袈裟変形で、両肩から胸の前に垂れるようにまとう。掛子(かす)。

㋑㋐につけてある象牙の輪。

丸い根付けまた、根付けついている印籠(いんろう)・巾着(きんちゃく)・タバコ入れなどの称。

象牙の―よりもぐさを取り出だし」〈浮・一代男・五〉


から【故/柄】

読み方:から

目的・目標を表す。ため。

我が―に泣き心を忘らえぬかも」〈四三五六

原因・理由を表す。ため。ゆえ。

「あにもあらぬ己(おの)が身の―人の子の言も尽くさじ我も寄りなむ」〈万・三九九

複合語形で用いる。

血縁関係にあること。「や―」「はら―」

「問ひ放(さ)くるう―はら―なき国に」〈四六〇〉

そのもの本来備わっている性格性質本性

「国―か見れども飽かぬ神(かむ)―かここだ貴き」〈万・二二〇


か‐ら〔クワ‐〕【果×蓏】

読み方:から

《「果」は樹木になる実、「蓏」はつる草になる実》木の実草の実


から【殻/骸】

読み方:から

《「空(から)」と同語源》

動物のからだや植物の実・種子をおおう堅いもの。「卵の―」

動物昆虫脱皮したあとの外皮ぬけがら。「セミの―」「もぬけの―」

主要な部分中身なくなって用済みになったもの。「弁当の―」「―(ちゃがら)」

外界から自己を守る外壁その外壁に守られ世界。「―に閉じこもる」「古い―を打ち破る

「おから」に同じ。

(骸)魂のぬけたからだ。なきがら

「―は気疎(けうと)き山の中に納めて」〈徒然三〇


から【空/虚】

読み方:から

《「殻」と同語源》

【一】[名]内部に物のないこと。からっぽ。「―の箱」「家を―にする」

【二】接頭名詞に付く

何も持たないこと。何も伴っていないこと。「―馬」「―手」

実質的なものが伴わないこと。うわべや形だけ役に立っていないこと。「―元気」「―回り」「―手形」「―世辞


から

から [格助] 「…のうちからから所定の分を」の意。「一万円からお預かりいたします。」〈業(小売)〉

から’

但馬方言共通語用例備考
から’ 体つき体格 からが小さーても、元気だったらええ。

~から

但馬方言共通語用例備考
~から (場所)で 家から宿題やってきた
家から酒飲みなるんですか(家で酒を飲まれるのですか)。
美方郡温泉町浜坂町日常よく用いられる、場所を表す格助詞美方郡村岡町城崎郡香住町でも使われることを確認した2番目の用例は、香住町の方実際に私との会話の中で言われたもの。豊岡市でも、ごくまれではある使われる。この語法は、鳥取県へとつながる。

(て)から、(て)からに

大阪弁 訳語 解説
(て)から、(て)からに て、たりして 「から」+接続助詞「に」。動詞のテ形に続いて強調を表す。文末表現。あんたやったらでける子ぉやねやさかい、は、あなたはやったらできる子なんだから、せんど言うとてからに、は、さんざん言っておいて本当にもう、という意味


から

大阪弁 訳語 解説
から からだ、からだつき
身体
殻。体のこと。ほんま、からばっかし大きいて頭ん中は空っぽでんねん。東京では「がら」と濁る。


・・から

品詞》場所を表わす格助詞
標準語》・・で、・・において
用例》(小学生作文風)「きのう、遠足行きました山から弁当食べました」(山で弁当食べました)。
用例》「二階から寝ていた叔父が、寝とぼけて二階から落ちたさあな」
用例》「そがなアイスクリーム倉吉からは、見んわ」(そんなアイスクリームは、倉吉では見ませんね)


用例全国的に流布しているわらべ歌中に、「一かけ二かけて、三かけて」というのがあります。本来は手まり歌ようですが、ごんべは姉二人と、じゃんけん前置きにこの歌を歌ってから、じゃんけんをしていました。この歌にも「から」が出てます。

一かけ二かけて、三かけて
四かけて五かけて、をかけ
欄干らんかん)、手を腰に
はるか向こう眺むれば
十七、八のねえさん
片手に花持ち線香(せんこ)持ち
ねえさんねえさん、どこ行くの
私は九州鹿児島
西郷隆盛娘です
明治十年三月
切腹なさった父上
お墓参りを致します
お墓前から手を合わせ
南無阿弥陀仏拝みます
(くわいがを出いて、花ちゃん開いて
ハサミちょん切って、えっさっさ
蛇足》ごんべは、大学教養国語学授業(阪倉先生)で、この「から」のせいでみんなに馬鹿にされましたしくしく
参照鳥取弁における助詞の用例

から

  1. 看守ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・岡山県

分類 岡山県


から

  1. おからに同じ、きらずの事。

から

  1. スリから取った蟇口財布紙入れなどの中味をぬき取った後のから。〔掏摸

分類 掏摸


読み方:から,がら

  1. 。〔第七類 雑纂
  2. を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カラ

(から から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 02:36 UTC 版)

カラKaraKharaCarra等の音訳から)。アクセントがわかりやすいように「カーラ」と表記されることもある。




「カラ」の続きの解説一覧

から

出典:『Wiktionary』 (2021/09/19 07:36 UTC 版)

名詞:空・虚

から,

  1. 中身がないこと。

名詞:枯・涸・乾

から, 涸,

  1. 無くなる事。

名詞:殻・殼・骸

から, ,

  1. 昆虫脱皮したときに脱がれた古い抜け殻
  2. 植物種子や実、動物外皮覆う硬い物。
  3. 自分世界から外界隔てる壁。
  4. 通常仮名豆腐製造の際、豆乳搾り取った残滓おから、きらず。

名詞:幹・簳・柄

から, 簳,

  1. 木のみき。
  2. ほうきなどの

固有名詞・名詞

から, , , , 耶, 迦, , 耶】

  1. 加羅, 加耶, 迦羅, 伽羅, 伽耶3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島中南部において、洛東江流域中心として散在していた小国家郡の中国百済日本(倭)における呼称新羅においては伽耶加耶という表記用いられた。
  2. 語義1を語源とする、日本から見た朝鮮半島から中国一帯古典語
  3. 外国一般

副詞

から

  1. 打消し伴ってまったくからっきし

助詞

から

  1. 格助詞体言準体言を受ける。
    1. 空間的な起点始点を表す。
      1. 経由地点を表す。
      2. 属す範囲や本来あった場所などを表す。
    2. 時間的な起点始点を表す。
      1. 基準となる時間より早いこと、また遅いことを表す。
    3. 起源本来のありようなどを表す。
    4. 手順順序などの起点始点を表す。
    5. 比較対照などにおいて起点始点とみなしうるものを表す。
    6. 授受などにおける起点となる人物受動文行為者などを表す。
    7. 行為者として主体的にまた率先して行う意味などを表す。
    8. 変化転成などの起点を表す。
    9. 材料原料構成要素などを表す。
    10. 原因理由などを表す。
    11. 観察考察、また比較などの基準根拠などを表す。
    12. 鳥取方言)場所・位置を表す。
  2. 副助詞
    1. 前から継続しているニュアンス明確にする。より。
    2. 大きな数であることを表す。
    3. 比較対照などにおいて起点始点とみなしうるものを表す。
    4. (「…から…から」「…からなにから」などの形であらゆる範囲にわたるニュアンスを表す。
    5. (「…から…から」などの形で続けざま発生するニュアンスを表す。
  3. 接続助詞
    1. (「動詞連用形+て+から」の形で)~した後で
    2. 終止形を受け、順接原因等を表す。
  4. 終助詞
    1. 文意強調する
    2. 強い意志を表す。

用法

  1. 格助詞・副助詞
    1. 格助詞後置することがある準体助詞)。
    2. 以降」「こっち」「さき」「むこう」などの名詞後置することがあるこの場合「から」に助詞「の」を後置することはしない
  2. 接続助詞理由
    1. 過去のことであっても現在形表現されることがある
    2. 主文主語形で倒置されたり主文略されたりして「だ」が後続することがある準体助詞)。またその場合、さらに「だ」も略され終助詞のような形を取ることもある。
    3. 人をとがめるニュアンスで用いられることがある

語源

一説によれば下記の名詞「故・柄」から。

関連語

関連語

翻訳

同音の漢語

名詞:故・柄

から,

  1. 原因理由。ゆえ。







※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「から」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



からと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「から」に関係したコラム

  • FXやCFDの線形回帰スロープとは

    FXやCFDの線形回帰スロープとは、線形回帰の傾きを1本の線で表したテクニカル指標のことです。線形回帰スロープは、Linear Regression Slopeともいいます。線形回帰スロープの描く線は...

  • 為替の日足・週足の期間は

    為替レートを一定の期間で区切った1つ1つを「足」といいます。期間が1日の場合を日足、1週間の場合を週足といいます。足は、日付、始値、高値、安値、終値、出来高の6つの要素から構成されます。このうち、始値...

  • 株式やFX、CFDの三角方式とは

    株式やFX、CFDの三角方式とは、相場のトレンドから目標価格を予測する手法のことです。三角方式では、上昇トレンドの終了が確認されて下降トレンドへ転換した時点での下値目標価格を予測します。あるいは、下降...

  • バイナリーオプションのペイアウト倍率とは

    バイナリーオプションでは、購入金額に対する払戻額のことをペイアウト倍率、ペイアウト率、ペイアウトなどと表現しています。例えば、ペイアウト倍率が1.8倍の商品を1,000円購入した場合、予想が当たれば1...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のAccelerator Oscillatorの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のAccelerator Oscillatorの見方を解説します。Accelerator Oscillator(AO、...

  • FXやCFDのチャートクラフト方式とは

    FXやCFDのチャートクラフト方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。チャートクラフト方式は考案者のコーエンの名をとって、コーエン方式ともいいます。チャートクラフト方式...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「から」の関連用語




4
38% |||||

5
38% |||||

6
38% |||||

7
38% |||||

8
38% |||||

9
38% |||||

10
38% |||||

からのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



からのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2022 by akaringo. All rights reserved.
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2022 TANIGUCHI Yutaka
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのから (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS