Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > FXやCFDの線形回帰スロープとは

FXやCFDの線形回帰スロープとは

 

FXやCFDの線形回帰スロープとは、線形回帰の傾きを1本の線で表したテクニカル指標のことです。線形回帰スロープは、Linear Regression Slopeともいいます。

線形回帰スロープの描く線は、オシレーター系のテクニカル指標と同じように0を中心に推移します。線が上昇している間は価格が上昇トレンドにあり、線が下降している間は価格が下降トレンドにあると判断します。


上の図は、EUR/USDのチャートに線形回帰スロープを描画したものです。

線形回帰スロープの線の色が赤色の時が上昇トレンド、青色の時が下降トレンドになります。

線形回帰スロープでの売買のエントリーポイントについて、線形回帰スロープが上昇から下降へ転換した地点が売りのエントリーポイントにあたります。ちょうど上の図の線形回帰スロープが赤色から青色に変わった地点です。また、線形回帰スロープが下降から上昇へ転換した地点が買いのエントリーポイントにあたります。ちょうど上の図の線形回帰スロープが青色から赤色に変わった地点です。

線形回帰スロープでは計算本数が多いほど平滑線になり、トレンドの切り替わりが少なくなり、売買のエントリーポイントの判断がしやすくなります。

短期売買で線形回帰スロープを用いる場合には、上の内容に加えて線形回帰スロープの値が0を交差した地点も売買のエントリーポイントにする方法があります。この方法では、線形回帰スロープの値がプラスからマイナスへ転換、あるいは、マイナスからプラスへ転換した地点を加えます。

次の図は、プラチナ先物のチャートに線形回帰スロープを描画したものです。


売買の流れは次のようになります。
  • A:下降から上昇へ転換したので「買い」
  • B:マイナスからプラスへ転換したので「買い」
  • C:上昇から下降へ転換したのでAとBを決済して、さらに「売り」
  • D:プラスからマイナスへ転換したので「売り」
  • E:下降から上昇へ転換したのでCとDを決済して、さらに「買い」
  • F:マイナスからプラスへ転換したので「買い」
  • G:上昇から下降へ転換したのでEとFを決済して、さらに「売り」
  • H:プラスからマイナスへ転換したので「売り」
  • I:下降から上昇へ転換したのでGとHを決済して、さらに「買い」
  • J:マイナスからプラスへ転換したので「買い」
  • K:上昇から下降へ転換したのでIとJを決済して、さらに「売り」
  • L:プラスからマイナスへ転換したので「売り」
  • M:下降から上昇へ転換したのでKとLを決済して、さらに「買い」
(2012年08月16日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2019 Weblio RSS