乾涸びるとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 動詞 > 上一段活用 > バ行上一段活用 > 乾涸びるの意味・解説 

ひ‐から・びる【干×涸びる/×涸びる】

[動バ上一][文]ひから・ぶ[バ上二]

水分がすっかりなくなる。かさかさ乾ききる。「—・びたミカンの皮」

潤い張り生気がなくなる。「—・びた頭脳


ひ‐から・びる【干涸・乾涸】

〔自バ上一〕 [文]ひから・ぶ 〔自バ上二〕

水分がすっかり失われる。乾燥してかさかさになる。かわききる

百丈清規抄(1462)一「なんどはよくからすえてをいて、なくうそなくうそと云て、其間にひからひて」

② (比喩的用いて張りうるおいがなくなる。たくわえ内容乏しくなる。

雑俳辻談義(1703)「日よりにて湊女郎の日からびる


乾涸びる

読み方:ヒカラビル(hikarabiru)

水分が全くなくなからからになる




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乾涸びる」の関連用語

乾涸びるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乾涸びるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS