入出力装置とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 入出力装置の意味・解説 

入出力装置

コンピューター(225-2)のハードウェア(225-3)部分は、1個または数個中央処理装置 1、1個の中央記憶装置 2磁気テープ 4磁気ディスク 5を用いる一つ上の大容量記憶装置 3、1組の入出力装置 6から成り立っている。ソフトウェア(225-4)の部分は、利用者(225-5)が利用者のプログラム 9運用するために使う施設 8効率的管理するためのオペレーティング・システム 7と、標準的問題を解くために考案された既製プログラム(225-8)であるデータ処理プログラム 10から成り立っている。


入出力

(入出力装置 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/02 18:09 UTC 版)

入出力(にゅうしゅつりょく、: input/output)は、データなどの「ものごと」の流れにおける出入りのことで、入力出力の2つを総称した概念のことである。input/outputの頭文字をとってI/Oと略される。




「入出力」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入出力装置」の関連用語

入出力装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



入出力装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入出力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS