SUPER_GTとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > SUPER_GTの意味・解説 

SUPER GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/21 22:42 UTC 版)

SUPER GT (スーパージーティー) は、自動車レースの1カテゴリー。2004年まで全日本GT選手権(JGTC)として開催されていたが、2005年からFIA公認の国際シリーズとなった。




注釈

  1. ^ 同様の方式を採用するのは、日本でも有名なル・マン24時間レースを擁するWECが挙げられる。
  2. ^ 全てのチームに対して優勝するチャンスを与えることで、多くのメーカーやチームの参加を促してシリーズを盛り上げる目的で導入された[3]
  3. ^ GTAが長距離(500km超)と認めたレースでは第3ドライバーを加えることが可能となっている[2]
  4. ^ 2007年は録画放送
  5. ^ 当時流行したSARSの影響で、2003年のみマレーシアラウンドが中止された。代わりに富士2ヒート制で開催。
  6. ^ その後上海でのレースは、現地オーガナイザーの受け入れ態勢が整っていないなどの理由で中止された。
  7. ^ FIA International Sporting Code 24条a項では「国内選手権はシリーズ中1イベントのみ国外で開催できる」と定められているが、3ヶ国以上でシリーズ戦を行うと国外で少なくとも2つのイベントを開催しなければならず、この規定を満たさなくなる。
  8. ^ ノンタイトルイベントはこの規定の対象外なので、2004年にアメリカで行ったオールスター戦のような形であれば「全日本選手権」を名乗ることに問題はない。
  9. ^ 2005年のFIA国際シリーズカレンダー上はシリーズ名「Super GT Inter Challenge」と表記され、2006年以降のFIA国際シリーズカレンダー上はシリーズ名「Super GT」と表記されている。
  10. ^ 2013年まではマレーシア、2014年からはタイ
  11. ^ HondaのNSX CONCEPT-GTおよびNSX-GTはミッドシップだが、FR用に設計されているモノコックを、協議の上で特別にミッドシップに改造している http://www.honda.co.jp/SuperGT/spcontents2014/nsx-concept-gt/machine-analysis/
  12. ^ 相違点としては、NASCARの車両は鋼管フレームであることがあげられる。また、かつてのような競争の過熱のためというより、安全への配慮を重ねた結果ではある。
  13. ^ 2014年の最低車両重量はスーパーフォーミュラが660kg (ドライバー含む)、GT500が1000kg。ラップタイムの差は約7秒で、340kgの重量差などを勘案するとGT500はフォーミュラカーに迫る非常に優れた性能を持っていることが判る[8]。ほぼ同仕様のエンジンを搭載しダウンフォースを含めた空力性能も大きく向上しているため、フォーミュラカーにより近いものとなっている。
  14. ^ 2006年にはチーム郷マセラティ・MC12で新規参戦を予定していたが、特別認定のパーツを用いても国産ワークスに対抗することは難しいと考えられたため参戦を見合わせる。2009年にはプライベーターがアストンマーティン・DB9で参加していた。(JGTCが始まった当初は、チャンピオンを獲得した例があった。)
  15. ^ これは、将来的に両シリーズへ車両を相互参戦させることへの期待や、共通規格とすることでコスト削減を目的としたものである[16][17]。新型パーツの一部は、2013年のレースでも先行して投入された[18]
  16. ^ メーカーの独自性をレースカーのデザインに反映させることで市販車の販売促進へ繋げる狙いがある[17]
  17. ^ 一例として、リヤウィングの翼端板は幅380mm×高さ200mm以内で形状は自由なほか、前後のフェンダーやホイールアーチ+フロアから275mmの高さまでの“デザインライン”から下の部分の改良は自由であるなどが挙げられる[19][16]
  18. ^ 第1戦の岡山ではコースレコードを約3秒も上回った[19]
  19. ^ Nippon Racing Engine: 次世代に向けた競技用エンジンの理想を追求して、トヨタ、ホンダ、日産の3メーカーで共同開発した新型エンジン[22]
  20. ^ スーパーフォーミュラは8,000rpmだが、SUPER GT GT500は重量があるため7,500rpmとなっている。
  21. ^ 改造範囲の拡大によってJAF-GT車両の製作コストはクラス発足当初より大幅に上昇し、シリーズ初期に多く見られた純粋な市販車チューン車両もほとんど姿を消してしまった。一例は、2010年にaprから参戦していたカローラアクシオGTははブレーキランプは赤い小さな円状のライトのみで周囲はイラストであり、またエンジンをミッドシップへ搭載して空力的観点から極端にボンネットが下がった形状で、ヘッドライトよりもボンネットが低かった。
  22. ^ 2011年シーズンのフェラーリ・458GTCは計100kgの性能調整がシーズン中に行われた。
  23. ^ これはGT3が当初ジェントルマンクラスとして生まれたクラスの為、車両価格上限がレギュレーションで定められている事も関係している。
  24. ^ 2005年シーズンは3S-GTEエンジンに、2006年シーズン以降は2GR-FEエンジンにそれぞれ換装。
  25. ^ JGTC時代のスープラのコンポーネントを流用していた。
  26. ^ 前年まで使用していたMR-Sのコンポーネントを流用していた。
  27. ^ a b c d ミッドシップ化
  28. ^ a b c d e f g 4ドアセダン
  29. ^ a b ハイブリッドカー
  30. ^ フォーミュラ・ニッポンで使用されていたRV8Kエンジンに換装
  31. ^ 一部個体はハイブリッドカー。
  32. ^ RCF GT3用と思われる2URエンジンに換装。
  33. ^ a b c マザーシャシー車
  34. ^ フォーミュラ・ニッポンで使用されていたRV8Jエンジンに換装
  35. ^ 2015年 - 2016年シーズンはGT3ホモロゲーション未取得のため、特認扱いでの参戦
  36. ^ 型落ちとなったGT500クラスのNSX-GTをデチューンした上で流用していた。
  37. ^ HPD製のLMP2用エンジン(HR28TT)に換装。ただし、便宜上ベースとなったJ35A名義でエントリー。
  38. ^ GD中期型はFR化、GD後期型は4WDのまま参戦
  39. ^ 2009年シーズンは4WD、2010年シーズン以降は2WD
  40. ^ a b WRC仕様インプレッサWRカー用のEJ20エンジンに換装
  41. ^ ユーノスコスモ用がベースの20B型エンジンに換装
  42. ^ Z33型フェアレディZなどのVQ35DEエンジンに換装
  43. ^ ポルシェ・996型GT3用エンジンに換装
  44. ^ a b c d e 区分上JAF-GT扱い
  45. ^ 2005年シーズン第5戦 - 第8戦は一部個体のみM-TEC製MF408Sエンジンに換装。
  46. ^ 2008年シーズンは既存のF360GTをベースに市販F430用F131B型エンジンへの換装の他、F430風の外装に仕立てていた。
  47. ^ 2011年シーズンはポルシェ・996型GT3用エンジンに換装した個体が参戦。
  48. ^ 2010年シーズンはポルシェ・996型GT3用エンジンに換装。
  49. ^ 2009年第3戦まではE39型 M5用のS62B50エンジンに、第5戦以降はE90型 M3用のS65B40エンジンにそれぞれ換装。
  50. ^ 参戦エントラントが独自開発したエンジン(DHG・D35806V300)に換装
  51. ^ JGTC誕生時にはR32型スカイラインで参戦するプライベーターチームが多く、バブル期には日産もこれらのチームの援助を行っていた。
  52. ^ 現在GT300クラスへ移行、その後参戦休止
  53. ^ かつてはNISMO用のみオーテックジャパンRB26DETT時代は日産工機が担当。
  54. ^ NISMOの2台は開幕戦から、他チームは第3戦から。
  55. ^ 監督は童夢の中村卓哉
  56. ^ ドライバーズ: 伊藤大輔・ラルフ・ファーマン、チーム: ARTA
  57. ^ 開幕戦及び第2戦: 1,150kg、第3戦以降: 1,140kg
  58. ^ 他には86/BRZレースや韓国のSUPERRACE CHAMPIONSHIPで4社によるタイヤ戦争が行われている
  59. ^ 鈴鹿サーキットではSUPERGTの300クラスの予選タイムが1分55秒であるのに対して鈴鹿10時間レースにおけるGT3マシンの予選では2分台である。
  60. ^ 2011年の第6戦 - 第8戦にスポット参戦した10号車はヨコハマである。また2013年より参戦した10号車は2017年までダンロップユーザーであったが2018年からはヨコハマユーザーとなる。
  61. ^ 2010年はNISMO、2011年よりMOLAと日産勢に1台ずつに供給していたが、2013年NISMOに再び供給を開始し2台となった。
  62. ^ 2003年までTOM'Sに供給していたが2004年に撤退。2011年から2012年までSARDに供給していた。
  63. ^ 2002年 - 2004年はBFグッドリッチブランドで参戦
  64. ^ かつて全日本GT選手権に参戦していたチーム郷代表の郷和道は、自チームのマクラーレン・F1に課せられた安易な重量増の危険性について訴え続けていたが、当時その主張が通ることは無かった。
  65. ^ 2006年までは決勝中にファステストラップを記録した車両に対してもウェイトを課していた。
  66. ^ 最終戦まで同じ車両且つ同じドライバーが参戦した場合[2]
  67. ^ 2008年はGT500クラスについて車重の上限を1,200kgとし、それを上回るウェイトが課せられた場合にはリストリクター径の縮小で対応することとなった。またGT300クラスは従前は50kgが上限だった。2009年からは、これまでの予選、決勝レース結果による決定されていたウェイトが、ドライバーズポイントに比例し付加されることとなり、ウェイトの最大重量は両クラスとも100kgとなった。
  68. ^ 累積は継続。
  69. ^ コース特性が違うため単純に比較は出来ないが、第1戦 岡山と第2戦 富士の予選では、GT500のKeePer TOM'S RC Fが1位→8位、ENEOS RC Fは2位→10位、GT300のOGT PRIUSは1位→8位、初音ミク Z4は2位→7位と大きく順位を落としている[46]
  70. ^ 2017年の場合、通常時のリストリクターは95.0kg/h径で、50kgまで実際の重量加算で調整する。51〜67kgは92.4kg/h径(重量17kg相当)、68〜84kgは89.8kg/h径(重量34kg相当)、85〜100kgは87.4kg/h径(重量50kg相当)のリストリクターを適用し、それに合わせて実際の重量を34〜50kg(85〜100kgは35kgから)を載せることで調整する。いずれの場合でも実際の重量が50kgを超えることはない
  71. ^ 第2戦以降、供給先のどのチームも未勝利の場合は、ドライ用タイヤの持ち込み本数を1台当たり4本×1セット追加出来る。
  72. ^ 各クラス、前シーズンで12位以上、全戦に参戦したチームにはシード権が与えられ、この規定の対象外となる。
  73. ^ 約半周差で、前後にアタックする (した) 車両がいる。
  74. ^ 通常は1周で、雨天時は状況により2周程度。
  75. ^ 絶対性能や耐久性に優れたカーボンブレーキであるが、有効作動範囲が約400度 - 1000度となっており、低温など初期状態では効きが悪く短時間では温度が上がらない上、SUPER GTのルールではタイヤウォーマーを使って加温することが禁止されているため、特にスタート直後となる1コーナーへの進入時などの安全性を高める目的で、事前にブレーキ性能を発揮させておく必要がある[19]
  76. ^ 当初は第4戦の富士からの予定だったが、悪天候によりセーフティカースタートになったため中止となった。
  77. ^ これについては山路慎一が心境を語っている[57]
  78. ^ 特に『激走!GT』等のテレビ番組の制作
  79. ^ 井出有治中嶋一貴などはF1へとステップアップしたが、SUPER GTと同時にフォーミュラ・ニッポン全日本F3選手権にもエントリーしていた。
  80. ^ 日曜日決勝の場合。
  81. ^ 中学生以下の子供とその保護者のみ参加可能な、無料のピットウォーク。子供への抽選プレゼントとして、GTカーのラジコンダイキャストモデルなどが準備されている。
  82. ^ 特にGT300クラスのプライベーターが参加しやすくなる。
  83. ^ 特に海外メーカーのリアエンジン車はほぼ締め出された格好となっている。
  84. ^ J SPORTSの中継でのレース前の特集やVTR等では一部日本語表記も見られる。
  85. ^ 2時間の放送枠に収まるよう編集された映像
  86. ^ a b 2009年に配信終了
  87. ^ 2012年末に配信終了
  88. ^ マレーシア戦のみレース開催後にVOD配信
  89. ^ 2012年を以て配信終了

出典

  1. ^ 【ブリヂストン モータースポーツ活動 主要カテゴリー紹介”. ブリヂストンモータースポーツ. 2015年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c d “SUPER GTとは?”. LEXUS Racing. (2014年). http://ms.toyota.co.jp/jp/gt/whats.html 
  3. ^ a b c d “SUPER GT INTRODUCTION Vol.2 ウエイトハンデとリストリクター”. nismo. (2006年). http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/RACE/SUPERGT2006/ABOUT/INTRODUCTION/vol2.html 
  4. ^ 【SUPER GT基礎講座・第9回】SUPER GTの基本的な競技ルール 〜スポーティングレギュレーション〜 | SUPER GT OFFICIAL WEBSITE
  5. ^ a b 東京中日スポーツ 22面. (2008年3月17日) 
  6. ^ スーパーGT、2020年の開催予定スケジュールを発表。夏はタイとマレーシアのアジア戦で東京オリンピックを考慮”. autosport web (2019年7月26日). 2019年8月14日閲覧。
  7. ^ http://www.fourtitude.com/news/publish/Motorsport_News/article_7604.shtml
  8. ^ a b “世界最速のGTマシン、最後の競演は見逃せない!”. All About. (2013年5月10日). http://allabout.co.jp/gm/gc/417138/ 
  9. ^ 2014 SUPER GT 第2戦 富士 決勝 . J SPORTS
  10. ^ “日産モータースポーツ2012イベント(2/4)SuperGT監督トークショー”. Nissan Motorsports USTREAM. (2012年2月26日). http://www.ustream.tv/recorded/20713179 
  11. ^ 土屋圭市のTwitter ”. 土屋圭市のTwitter. 2016年7月14日閲覧。
  12. ^ 土屋圭市のTwitter ”. 土屋圭市のTwitter. 2016年7月14日閲覧。
  13. ^ [AUTO SPORT 2013年1月18日号 三栄書房刊]
  14. ^ “開幕直前特集:新型GT500マシンをクローズアップ!”. SUPER GT. (2014年4月3日). http://supergt.net/pages/pg:news_detail/device:pc/ln:ja/id:13710 
  15. ^ “WHAT'S SUPER GT”. RAYBRIG MOTORSPORT. http://raybrig-ms.jp/about/index.html 
  16. ^ a b c “スーパーGT500クラス 2014年新車両規則概要”. AUTO SPORT web. (2012年10月16日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=44254 
  17. ^ a b c d “DTMと車両規則を統合したSUPER GTの2014年型車両を3メーカーで共同発表”. Car Watch. (2013年8月16日). http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130816_611464.html 
  18. ^ a b “「パワーより空力優先で…」裏話が続出!MSシンポジウムでGT500車両開発者3人が対談”. SUPER GT. (2014年3月5日). http://www.supergt.net/pages/pg:news_detail/device:pc/ln:ja/id:13671 
  19. ^ a b c d e f g h 2014 SUPER GT 第1戦 岡山 決勝 . J SPORTS
  20. ^ 2014 SUPER GT 第1戦 岡山 予選 . J SPORTS
  21. ^ “2014年SUPER GT GT500クラスの見どころ”. MICHELIN MOTORSPORTS REPORT SUPER GT. (2014年4月1日). http://www.michelin.co.jp/Motorsports_report/super_gt/2014/04/2014-sgt-basics-gt500-overview.html 
  22. ^ a b “初演に向けた「ドレス・リハーサル(舞台稽古)」の日々 SF14とNREが目指すもの”. SUPER FORMULA. (2014年). http://superformula.net/sf/enjoy/2014/special/technology-laboratory-001.shtml 
  23. ^ a b “スーパーGT、DTMとの車両規則統一に向け契約締結”. AUTO SPORT web. (2012年10月16日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=6&no=44245 
  24. ^ “2014年スーパーフォーミュラ新型エンジン 開発チーム インタビュー”. TOYOTA Racing. (2013年7月18日). http://ms.toyota.co.jp/jp/sf/special/2014-sf-new-engine-development-team-interview-0101.html 
  25. ^ a b “日本のエンジン技術の未来を担う、NREエンジン”. AUTO SPORT web. (2014年3月31日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=55524 
  26. ^ “about SUPER GT”. DENSO. http://www.densomotorsports.jp/supergt/about.html 
  27. ^ “SUPER GT 2014年 第3戦 オートポリス エンジニアレポート”. LEXUS Racing. (2014年). http://ms.toyota.co.jp/jp/gt/racereport/1403-autopolis-05.html 
  28. ^ “来季のJAF-GT車両はGT3レベルまで性能引き上げへ”. AUTO SPORT web. (2011年11月13日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=37648 
  29. ^ a b “MUGEN CR-Z GT マシン解説”. HONDA. (2012年). http://www.honda.co.jp/SuperGT/spcontents2012/cr_zgt/ 
  30. ^ a b “2013年SUPER GTマシンを振り返る Part 5 GT300 “JAF-GT300””. SUPER GT. (2014年1月30日). http://supergt.net/pages/pg:news_detail/device:pc/ln:ja/id:13631 
  31. ^ GT300マザーシャシーの概要・技術規則が発表に,オートスポーツ,2013年10月11日
  32. ^ GT300マザーシャシー誕生! 86のプロトを公開,オートスポーツ,2014年8月29日
  33. ^ “2012年からGT300クラスの主流はJAF-GTとFIA-GT3に?”. AUTO SPORT web. (2012年8月23日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=28747 
  34. ^ “2013年SUPER GTマシンを振り返る Part 4 GT300 “FIA GT3 -1-””. SUPER GT. (2014年1月23日). http://supergt.net/pages/pg:news_detail/device:pc/ln:ja/id:13627 
  35. ^ 第2戦: 1,150kg、第3戦 - : 1,180kg、第6戦からは20kg (1,160kg)
  36. ^ “GTA、NSXコンセプト-GTの参加条件を発表”. AUTO SPORT web. (2014年3月28日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=55361 
  37. ^ a b “SUPER GTにタイヤを供給するミシュラン”. Car Watch. (2010年8月30日). http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20100830_389586.html 
  38. ^ a b “タイヤメーカーの戦いに注目の集まるSUPER GT【ブリヂストン編】”. Car Watch. (2011年6月6日). http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110606_449572.html 
  39. ^ a b “タイヤメーカーの戦いに注目の集まるSUPER GT【横浜ゴム編】”. Car Watch. (2011年6月7日) 
  40. ^ a b “タイヤメーカーの戦いに注目の集まるSUPER GT【ミシュラン編】”. Car Watch. (2011年6月8日). http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110608_449749.html 
  41. ^ “タイヤメーカーの戦いに注目の集まるSUPER GT【ダンロップ編】”. Car Watch. (2011年6月9日). http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110609_449860.html 
  42. ^ “2013 SUPER GT Round.6 FUJI”. J SPORTS. (2013年9月8日) 
  43. ^ 【スーパーGT】2020年のレギュレーション変更点が明らかに、GT300のウエイトハンデが1点あたり“3kg”,motorsport.com,2020年2月5日
  44. ^ a b c “2014年SUPER GT タイヤ&主要レギュレーション”. MICHELIN MOTORSPORTS REPORT SUPER GT. (2014年4月5日). http://www.michelin.co.jp/Motorsports_report/super_gt/2014/04/2014-sgt-basics-regulations.html 
  45. ^ 2014 SUPER GT 第2戦 富士. J SPORTS
  46. ^ 2014 SUPER GT 第2戦 富士 予選. J SPORTS
  47. ^ GT500のハンデウエイトは50kg以上は燃料リストリクターの調整を併用に,オートスポーツ,2017年2月22日
  48. ^ SUPER GT ノックアウト予選って何だ? : モータースポーツ | J SPORTS
  49. ^ スーパーGT:GT300クラスのノックアウト予選はQ2進出が14台から16台へ,オートスポーツ,2019年2月12日
  50. ^ Regulation SUPER GT 2006 - nismo
  51. ^ a b c 2017年からスーパーGTの“シード権”の仕組みが変更。最大参加総台数は48台に - オートスポーツ・2017年2月23日
  52. ^ 2013 SUPER GT 第4戦 SUGO 決勝 . J SPORTS. (2013年7月28日)
  53. ^ 2017年のSUPER GTルール改定のポイント第2回【車両とエンジン/プラクティスセッション】,SUPER GT OFFICIAL WEBSITE,2017年2月23日
  54. ^ a b SUPER GT 2017年レギュレーションブック(SUPER GTサポーターズクラブ会員特典版)P.52
  55. ^ “2011年SUPER GTシリーズ ルーキーテストの結果について”. GTアソシエイション. (2011年4月29日). http://supergt.net:8080/upload/files/1328140772_1266391698.pdf 
  56. ^ “スーパーGTルーキーテストは10名全員が合格に”. AUTO SPORT web. (2012年3月26日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=39958 
  57. ^ “GT参戦危うし!”. 山路慎一の説教部屋. (2011年2月1日). http://ameblo.jp/yamajis1/day-20110201.html 
  58. ^ a b c 株式会社GTアソシエイション 第11期決算公告
  59. ^ Racing On 2007年5月号 pp.92 - 93
  60. ^ AUTO SPORT 2007年11月15日号 p.30
  61. ^ “スーパーGT、韓国へ。13年開催に向け仮調印締結”. AUTO SPORT web. (2011年12月16日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=38246 
  62. ^ a b “GTズーハイ戦は延期に。来季の韓国開催は正式決定”. AUTO SPORT web. (2012年6月9日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=41456 
  63. ^ “SUPER GTの韓国大会開催が正式決定”. SUPER GT. (2012年6月11日). http://supergt.net/pages/pg:news_detail/device:pc/ln:ja/id:12224 
  64. ^ “SGT開催目指す。台湾のペンベイ・サーキットとは”. AUTO SPORT web. (2013年5月8日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=48195 
  65. ^ “スーパーGT、13年に韓国F1サーキットで開催へ”. AUTO SPORT web. (2011年11月13日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=37650 
  66. ^ “来季のSGTは全9戦+1戦。タイ、韓国でシリーズ戦”. AUTO SPORT web. (2013年7月28日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=50035 
  67. ^ “2015年から『スーパーGTタイシリーズ』開催へ”. AUTO SPORT web. (2013年2月14日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=46469 
  68. ^ スーパーGTのマレーシア戦が2020年に復活! SGT史上初のナイトレース開催へ,オートスポーツ,2018年11月9日
  69. ^ “SGT、DTM、北米DTM、17年に規則完全統合へ”. AUTO SPORT web. (2013年7月13日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=49727 
  70. ^ “GTA、GT300車両の出場についてAsLMSと合意”. AUTO SPORT web. (2012年8月19日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=42863 
  71. ^ “夏の鈴鹿”が2018年からGT3の10時間耐久レースに! SGTの鈴鹿戦は別日程に変更,オートスポーツ,2017年3月4日
  72. ^ “GT300マザーシャシーの概要・技術規則が発表に”. AUTO SPORT web. (2013年10月11日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=51817 
  73. ^ “SGT第4戦のGT300最新BoPを発表。JAF勢に調整”. AUTO SPORT web. (2013年7月11日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=49682 
  74. ^ SUPER GT 新オフィシャル・リポーターに竹内紫麻さんが決定!,SUPER GT OFFICIAL WEBSITE,2019年3月11日
  75. ^ 3/14(土)、15(日)に行われる2015SUPER GT公式テスト岡山国際サーキットを国内初の生中継,SUPER GT OFFICIAL WEBSITE,2015年3月5日
  76. ^ “今季のGT地上波放送は“進化版”の「SUPER GT+」に”. AUTO SPORT web. (2011年3月7日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=32311 
  77. ^ “ニコニコ生放送で今季全9戦の予選を無料ライブ配信!”. SUPER GT. (2012年3月23日). http://supergt.net/pages/pg:news_detail/device:pc/ln:ja/id:919 
  78. ^ ニコニコ生放送でスーパーGTの決勝放送が実現!2014年08月20日
  79. ^ スーパーGTの注目度、海外で益々高まる。motorsport.tvで世界に向けたライブ配信が決定 - motorsport.com 2019年5月2日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SUPER_GT」の関連用語

SUPER_GTのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SUPER_GTのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSUPER GT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS