ランボルギーニ・ガヤルドとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > ランボルギーニの車種 > ランボルギーニ・ガヤルドの意味・解説 

ランボルギーニ・ガヤルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/31 04:20 UTC 版)

ガヤルドGallardo)は、イタリアの自動車メーカーのランボルギーニが製造していたスポーツカーである。




  1. ^ ただしディアブロのように、エンジンを前後逆に配置し、トランスミッションを室内センタートンネルに位置させる方法は取られていない
  2. ^ このフレーム構造はムルシエラゴでは採用されなかった
  3. ^ フェラーリ・458イタリアの全高は1,210mm。12気筒モデルのムルシエラゴの全高は1,130mm
  4. ^ Lamborghini Gallardo production ends on No. 14,022 autoblog 2013年11月26日
  5. ^ 「ランボルギーニ・ガヤルド」に250台のスペシャルエディション”. webCG (2005年7月21日). 2019年1月18日閲覧。
  6. ^ 黒いランボルギーニ ガヤルド 世界限定185 台”. Response (2006年9月22日). 2019年1月20日閲覧。
  7. ^ Response2004年5月16日 ランボルギーニ・ガヤルドのパトカー出動!!
  8. ^ “ランボ上陸45周年を祝う10台限りの特別なガヤルド”. ROSSO (ネコ・パブリッシング): 22-23. (2012-08). 
  9. ^ ENGINE 限定250台の後輪駆動ランボ、ガヤルドLP550試乗記
  10. ^ ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2(MR/6AT)【試乗記】快楽のランボルギーニ”. webCG (2010年12月6日). 2019年1月18日閲覧。
  11. ^ 小林隆 (2011年6月30日). “ランボルギーニ、イタリア統一150周年を記念した「ガヤルド LP550-2 トリコローレ」発売”. Car Watch. Impress. 2019年1月18日閲覧。
  12. ^ a b より軽やかにより鮮やかに、ガヤルドのニューモデル”. OPENERS (2012年9月27日). 2019年1月15日閲覧。
  13. ^ “サンタアガタ、第2の衝撃波”. ROSSO (ネコ・パブリッシング): 32-35. (2013-07). 
  14. ^ ランボルギーニ、50周年記念限定車を日本初披露”. webCG (2013年7月17日). 2019年2月5日閲覧。
  15. ^ Response2008年10月25日 史上最速のパトカー、イタリア警察に配備完了!!
  16. ^ 2009 AUTOBACS SUPER GT Round 6: Pokka GT Summer Special”. SUPERGT.net (2009年8月23日). 2018年12月15日閲覧。
  17. ^ 2009 AUTOBACS SUPER GT Round 7: Fuji GT 300km Race”. SUPERGT.net (2009年9月12日). 2018年12月15日閲覧。
  18. ^ GT3用の新型ランボルギーニ・ガヤルドLP560 GT3が登場”. auto blog (2009年7月23日). 2018年12月15日閲覧。
  19. ^ Stephen Dobie (2012年1月3日). “New Lamborghini Gallardo LP600 GT3 racing car”. evo. 2018年12月15日閲覧。


「ランボルギーニ・ガヤルド」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ランボルギーニ・ガヤルド」の関連用語

ランボルギーニ・ガヤルドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ランボルギーニ・ガヤルドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのランボルギーニ・ガヤルド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS