BMW・5シリーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > BMWの車種 > BMW・5シリーズの意味・解説 

BMW 5 シリーズ・セダン

BMW 5 シリーズ・セダン
   525i   530i   540i   550i

車種
車種記号525i
4ドアAT 右/左ハンドル
型式ABA-NU25

エンジン
型式種類N52B25A・直列6気筒DOHC
総排気量2,496cc
最高出力160kW〔218ps〕/6,500rpm(EEC)
最大トルク250Nm〔25.5kgm〕/2,750-4,250rpm(EEC)
燃料タンク容量無鉛プレミアムガソリン
70リットル

重量定員
車両重量1,620kg ※1
車両総重量1,895kg ※1
定員5名

性能タイヤ・ホイール
最小回転半径(タイヤ)5.7m
燃料消費率10・15モード
(国土交通省審査値)
8.8km/l
タイヤ225/50R17
ホイール7.5J×17アロイ
スタースポーク・スタイリング243

動力伝達制御装置緩衝装置
トランスミッション電子油圧制御6速AT
ブレーキ形式(前)
ブレーキ形式(後)
ベンチレーテッド・ディスク
ベンチレーテッド・ディスク
ステアリング形式ラック&ピニオン式、
車速感応式パワー・ステアリング
緩衝装置(前輪)ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、
コイル・スプリングスタビライザー
緩衝装置(後輪)インテグラル・アーム式、
コイル・スプリングスタビライザー

記載の仕様諸元予告なく変更することがありますのでご了承ください。(この内容は2007年5月20日現在のものです)
記載の諸元データ国土交通省届出を基にしていますので、メーカー公表値と異な場合ありますまた、一部ヨーロッパ仕様車値を含みます
燃料消費率定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、この条件(気象道路車両、運転、整備などの状況)が異なりますのでそれに応じて燃料消費率異なります
記載の諸元データおよび写真は、日本販売されるモデルとは細部異な場合あります。また一部オプション含みます
記載の事項および写真版権は、BMW AG(ドイツ)およびビー・エム・ダブリュー株式会社帰属します無断転載禁じます
※1: 電動ガラス・サンルーフ装備車の場合車両重量および車両総重量それぞれ20kg重くなります

BMW 5 シリーズ・ツーリング

BMW 5 シリーズ・ツーリング
   525i   530i   530xi   550i

車種
車種記号525i Touring
5ドアAT 右ハンドル
型式ABA-PU25

エンジン
型式種類N52B25A・直列6気筒DOHC
総排気量2,496cc
最高出力160kW〔218ps〕/6,500rpm(EEC)
最大トルク250Nm〔25.5kgm〕/2,750-4,250rpm(EEC)
燃料タンク容量無鉛プレミアムガソリン
70リットル

重量定員
車両重量1,740kg ※1
車両総重量2,015kg ※1
定員5名

性能タイヤ・ホイール
最小回転半径(タイヤ)5.7m
燃料消費率10・15モード
(国土交通省審査値)
8.5km/l
タイヤ225/50R17
ホイール7.5J×17アロイ
スタースポーク・スタイリング243

動力伝達制御装置緩衝装置
トランスミッション電子油圧制御6速AT
ブレーキ形式(前)
ブレーキ形式(後)
ベンチレーテッド・ディスク
ベンチレーテッド・ディスク
ステアリング形式ラック&ピニオン式、
車速感応式パワー・ステアリング
緩衝装置(前輪)ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、
コイル・スプリングスタビライザー
緩衝装置(後輪)インテグラル・アーム式、
エア・スプリング、スタビライザー

記載の仕様諸元予告なく変更することがありますのでご了承ください。(この内容は2007年5月20日現在のものです)
記載の諸元データ国土交通省届出を基にしていますので、メーカー公表値と異な場合ありますまた、一部ヨーロッパ仕様車値を含みます
燃料消費率定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、この条件(気象道路車両、運転、整備などの状況)が異なりますのでそれに応じて燃料消費率異なります
記載の諸元データおよび写真は、日本販売されるモデルとは細部異な場合あります。また一部オプション含みます
記載の事項および写真版権は、BMW AG(ドイツ)およびビー・エム・ダブリュー株式会社帰属します無断転載禁じます
※1電動パノラマ・ガラス・サンルーフ装備車の場合車両重量および車両総重量それぞれ30kg重くなります

BMW・5シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 08:37 UTC 版)

BMW・5シリーズ(BMW 5 Series)は、ドイツ自動車メーカー・BMWが製造・販売している乗用車である。


  1. ^ BMW Japan (2009年4月16日). “BMW 5 シリーズ500万台記念キャンペーン開始。” (日本語). 2009年6月5日閲覧。
  2. ^ 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. (2013). pp. 44. ISBN 9784779617232 
  3. ^ 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. (2013). pp. 44. ISBN 9784779617232 
  4. ^ 前期型525iは先代525i(E34)と比べて出力が192馬力→170馬力とダウンしていたため、欧州では523iとして販売されていたが、日本では525iを名乗っていた。
  5. ^ a b c Design -The new BMW 5 Series Michael Frank, Forbes.com, 2003-6-2 平成23年10月16日閲覧
  6. ^ Car Watch BMW、SUVの使い勝手を備えたセダン「Concept 5 Series Gran Turismo」”. 2016年3月19日閲覧。
  7. ^ BMW JAPAN : ニューBMW グランツーリスモ誕生”. 2016年3月19日閲覧。
  8. ^ Car Watch BMW、新型「5シリーズ」とそのハイブリッド・コンセプト”. 2016年3月19日閲覧。
  9. ^ BMW 5シリーズ 新型にツーリング発表…スポーツワゴンの新基準”. 2016年3月19日閲覧。
  10. ^ BMW JAPAN : ニューBMW 5 シリーズ セダンを発表”. 2016年3月19日閲覧。
  11. ^ BMW JAPAN : 75%エコカー減税対象モデル、ニューBMW 523iセダンを発表”. 2016年3月19日閲覧。
  12. ^ Car Watch 【2010北京ショー】BMW、新型5シリーズ ロングをワールドプレミア”. 2016年3月19日閲覧。
  13. ^ BMW JAPAN : ニュー BMW 5 シリーズ ツーリングを発表”. 2016年3月19日閲覧。
  14. ^ BMW JAPAN : BMW 5 シリーズに圧倒的な環境性能を誇る新世代エンジンを採用”. 2016年3月19日閲覧。
  15. ^ BMW JAPAN : BMW JAPAN : BMW 5 シリーズ ツーリングのモデル・ラインナップがさらに拡充”. 2016年3月19日閲覧。
  16. ^ BMW JAPAN : BMW 5 シリーズ528i セダンおよびツーリングに新世代BMW ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載”. 2016年3月19日閲覧。
  17. ^ BMW JAPAN : ハイブリッド・システムを搭載したBMW ActiveHybrid 5 を導入”. 2016年3月19日閲覧。
  18. ^ BMW JAPAN : ニューBMW 523d BluePerformance登場”. 2016年3月19日閲覧。
  19. ^ BMW JAPAN : BMW グランツーリスモに優れた環境性能と動力性能を実現する最新テクノロジーを搭載”. 2016年3月19日閲覧。
  20. ^ BMW JAPAN : ニューBMW 5 シリーズを発表”. 2016年3月19日閲覧。
  21. ^ “BMW、5代目「M5」を発表”. webCG. (2011年6月21日). https://www.webcg.net/articles/-/4130 2021年12月13日閲覧。 
  22. ^ 新型5シリーズ・ツーリング発表&3月のジュネーブショーで初公開へ(carview!) - スクープ - carview! - 自動車”. 2017年8月28日閲覧。
  23. ^ New BMW 5 Series Long Wheelbase premieres in Shanghai”. 2017年8月28日閲覧。
  24. ^ 新型BMW 5シリーズを発表”. 2017年8月28日閲覧。
  25. ^ 新型 BMW 5 シリーズ ツーリングを発表”. 2017年8月28日閲覧。
  26. ^ 株式会社インプレス (2019年7月26日). “BMW、「5シリーズ」にクリーンディーゼル+4WDの「523d xDrive M Spirit」” (日本語). Car Watch. 2019年7月26日閲覧。
  27. ^ 独BMW、4WDシステム搭載の新型「M5」を9月発売。11万7900ユーロから - Car Watch”. 2017年8月28日閲覧。



BMW・5シリーズ(E34型)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 14:42 UTC 版)

刑事ナッシュ・ブリッジス」の記事における「BMW・5シリーズ(E34型)」の解説

ジョー愛車。色は紺色

※この「BMW・5シリーズ(E34型)」の解説は、「刑事ナッシュ・ブリッジス」の解説の一部です。
「BMW・5シリーズ(E34型)」を含む「刑事ナッシュ・ブリッジス」の記事については、「刑事ナッシュ・ブリッジス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「BMW・5シリーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「BMW 5 シリーズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

BMW・5シリーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
自動車メーカー一覧
BMWの車種一覧



BMW・5シリーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
BMWBMW
Copyright (C) 2022 BMW Japan All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBMW・5シリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの刑事ナッシュ・ブリッジス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS