全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権の意味・解説 

全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 00:48 UTC 版)

全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(ぜんにっぽんスポーツプロトタイプカーたいきゅうせんしゅけん、または、ぜんにほんスポーツプロトタイプカーたいきゅうせんしゅけん)は、1983年から1992年まで日本自動車連盟の主催により実施されていたスポーツカー耐久レースの年間シリーズ戦である。JSPCの略称も公式に用いられる。1986年までは全日本耐久選手権の名称で行われていた。




  1. ^ 排気量無制限の代わりに、使用燃料総量を制限したスポーツカー。実質的に二座席レーシングカーの後継。
  2. ^ 他に富士スピードウェイで行われた3戦(500km500マイル1,000km)は、別に富士ロングディスタンスシリーズとして開催され、全日本戦には含まれなかった。
  3. ^ R30型スカイラインのシルエットフォーミュラーをベースにしたFRのグループCカー。
  4. ^ 筑波ラウンドにはC1マシンは参加しなかった。
  5. ^ FIAおよびJAFの査察を受け、開催基準を満たすためにコース改修作業を行ったが、最終確認時に開催基準を満たすことができず、開催1週間前に断念した。
  6. ^ SWCでは、旧グループC車両に重量ハンデとピットストップハンデが課せられた。


「全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権」の関連用語

全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS