スーパーバイク世界選手権とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > スーパーバイク世界選手権の意味・解説 

スーパーバイク世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/29 05:19 UTC 版)

スーパーバイク世界選手権(スーパーバイクせかいせんしゅけん、SBK[1]、もしくはWorld Superbike Championship(略称:WSBまたはWSBK))とは、4ストロークの2・3・4気筒エンジン搭載[2]の市販自動二輪車を用い、舗装されたクローズドサーキットで行われるオートバイレースの世界選手権である。


  1. ^ 『Road Racing FIM Superbike & Supersport World Championships and FIM Superstock Cup Regulations 2009[1]』(Covering 1、1/176)より。
  2. ^ 『Road Racing FIM Superbike & Supersport World Championships and FIM Superstock Cup Regulations 2009[2]』「1.9.1 Classes will be for the following categories:」(p14、18/176)より。
  3. ^ 「ヤマハ・ワールド・スーパーバイク・チーム」2011年シーズン末で活動を休止ヤマハ発動機 2011年8月1日付・2016 スーパーバイク世界選手権への復帰を正式に決定ヤマハ発動機レースリリース・2015年9月23日 - ヤマハは2011年シーズンをもって一時撤退したが、2016年シリーズより復帰。
  4. ^ ピレリの2022年WSBKタイヤと開発の根底に流れる信念: 二輪レースタイヤ部門ディレクター ジョルジョ・バルビエール氏インタビュー”. ピレリ. 2022年10月25日閲覧。
  5. ^ 2024 WorldSBK, WorldSS & WordSS300 World Championships Regulations”. Fédération Internationale de Motocyclisme. 20240128閲覧。
  6. ^ World Superbike Weight Advantage For Fours, Triples In 2002” (英語). Roadracing World Magazine | Motorcycle Riding, Racing & Tech News (2001年10月16日). 2020年10月22日閲覧。
  7. ^ It's Official: Restrictors For World Superbikes” (英語). Roadracing World Magazine | Motorcycle Riding, Racing & Tech News (2002年12月20日). 2021年11月23日閲覧。
  8. ^ 2019年Honda二輪モータースポーツ活動計画 Honda ニュースリリース 2018年11月7日


「スーパーバイク世界選手権」の続きの解説一覧

スーパーバイク世界選手権 (2011-2014)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 07:13 UTC 版)

マルコ・メランドリ」の記事における「スーパーバイク世界選手権 (2011-2014)」の解説

2011年はスーパーバイク世界選手権にヤマハワークスチームから参戦し初参戦ながらランキング2位獲得した2012年前年限り選手権から撤退したヤマハからBMWワークスへと移籍しスーパーバイク2年目シーズン戦った。第5戦ドニントン・パークラウンドのレース1優勝し参戦4年目BMW念願初優勝もたらすなど、6度優勝飾り総合3位だった。BMWこの年限りワークスチーム撤退させ、BMWモトラッド・イタリアにワークス活動引き継ぐことを発表した2013年ワークス活動引き継ぐBMWモトラッド・イタリアが運営するチームからの参戦となった。メランドリは3度優勝獲得し総合4位でシーズン終えたBMW前年自社ワークスチーム撤退続きBMWモトラッド・イタリアの撤退決めたため、BMWスーパーバイクでのワークス活動この年終了した2014年アプリリア移籍して年間ランキング総合4位。。

※この「スーパーバイク世界選手権 (2011-2014)」の解説は、「マルコ・メランドリ」の解説の一部です。
「スーパーバイク世界選手権 (2011-2014)」を含む「マルコ・メランドリ」の記事については、「マルコ・メランドリ」の概要を参照ください。


スーパーバイク世界選手権 ( 2004 )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 17:30 UTC 版)

レオン・ハスラム」の記事における「スーパーバイク世界選手権 ( 2004 )」の解説

2004年シーズンハスラムはレネゲード・ドゥカティチームから芳賀紀行チームメイトとしてスーパーバイク世界選手権にフル参戦デビュー果たした開幕から安定してトップ10圏内でのフィニッシュ続け、第5戦オッシャーズレーベンレース2初表彰台(3位)を獲得シリーズランキングでは8位を記録しルーキー・オブ・ザ・イヤー輝いた。 またブリティッシュスーパーバイク選手権にも同チームからスポットで3戦に出場豪雨の中のレースとなったブランズハッチ初優勝遂げた。これはこの年選手権で、ドゥカティ勢にとって唯一の勝利となった

※この「スーパーバイク世界選手権 ( 2004 )」の解説は、「レオン・ハスラム」の解説の一部です。
「スーパーバイク世界選手権 ( 2004 )」を含む「レオン・ハスラム」の記事については、「レオン・ハスラム」の概要を参照ください。


スーパーバイク世界選手権(2008)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 19:09 UTC 版)

ケナン・ソフォーグル」の記事における「スーパーバイク世界選手権(2008)」の解説

2008年はスーパーバイク世界選手権(SBK)にステップアップし、テン・ケイトチームでカルロス・チェカ清成龍一チームメイトホンダ・CBR1000RR駆ることとなった。しかしソフォーグルは新しマシンへの順応苦しみ最高位第13戦マニクールレース1での9位に留まりシリーズランキング18位に終わった最終戦ポルティマオではWSSレース復帰し勝利を収めた

※この「スーパーバイク世界選手権(2008)」の解説は、「ケナン・ソフォーグル」の解説の一部です。
「スーパーバイク世界選手権(2008)」を含む「ケナン・ソフォーグル」の記事については、「ケナン・ソフォーグル」の概要を参照ください。


スーパーバイク世界選手権 ( 2006 - 2009 )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 08:03 UTC 版)

ロベルト・ロルフォ」の記事における「スーパーバイク世界選手権 ( 2006 - 2009 )」の解説

2006年MotoGPシートを見つけることができず、スーパーバイク世界選手権 (SBK)に戦いの場を移すことになった。カラッチ・チームでプライベーター仕様ドゥカティ駆ったロルフォは、カタールでのデビューレースでは7位、第2戦フィリップアイランドレース1では5位と良好な滑り出し見せたが、その後好調維持することができず、シリーズランキング16位に終わった。 翌2007年ホンダ勢のトップチームであるテンケイト・チームに移籍したモンツァシルバーストンでのレースで4位に入ったのが最高位となり、シリーズランキングでは8位に成績伸ばしたが、自身2度目ワールドチャンピオン輝いたチームメイトジェームス・トスランドの前ではその活躍霞んでしまった。 2008年は同じホンダ系のアルテア・チームに移籍する5月にはマウンテンバイクでの事故鎖骨骨折し、第5戦モンツァ欠場した。シングルフィニッシュは第12戦バレルンガでの8位ただ一度留まりシリーズランキング17位に沈んだ2009年はスティッギー・ホンダ・チームに移籍し開幕から2戦を戦ったが、その後ジョン・ホプキンスシート奪われてしまった。

※この「スーパーバイク世界選手権 ( 2006 - 2009 )」の解説は、「ロベルト・ロルフォ」の解説の一部です。
「スーパーバイク世界選手権 ( 2006 - 2009 )」を含む「ロベルト・ロルフォ」の記事については、「ロベルト・ロルフォ」の概要を参照ください。


スーパーバイク世界選手権(2010)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 19:00 UTC 版)

カル・クラッチロー」の記事における「スーパーバイク世界選手権(2010)」の解説

2009年10月1日、クラッチローは翌シーズンスーパーバイク世界選手権(SBK)にステップアップし、ヤマハファクトリー・チームから参戦することが発表された。チームメイトは、MotoGPでのシート失ったSBKチャンピオンジェームス・トスランドとなった。 クラッチローは第2戦ポルティマオで初のポールポジション獲得したが、レース1レース2とも勝利を挙げることはできなかった。その後も度々ポール獲得する勝利には届かないレース続いていたが、第10戦シルバーストンシーズン5度目のポールからスタートしたクラッチローは、テンケイト・ホンダのジョナサン・レイとのバトル制しレース1レース2ダブル優勝遂げたその後最終戦マニクールレース1シーズン3勝目挙げシリーズランキングではチームメイトのトスランドを上回りヤマハ最上位となる5位でルーキーイヤーを終えた

※この「スーパーバイク世界選手権(2010)」の解説は、「カル・クラッチロー」の解説の一部です。
「スーパーバイク世界選手権(2010)」を含む「カル・クラッチロー」の記事については、「カル・クラッチロー」の概要を参照ください。


スーパーバイク世界選手権 (SBK)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 08:36 UTC 版)

ドゥカティ・コルセ」の記事における「スーパーバイク世界選手権 (SBK)」の解説

1988年にスーパーバイク世界選手権が始まって以来2010年まで23シーズンドゥカティは同選手権ワークス参戦続けた。1000ccのVツインドゥカティは、長い期間選手権支配し続けたカール・フォガティ1993年から1999年にかけて4度ものチャンピオン輝いた2003年には、ライバル日本メーカーたちは4ストローク化したMotoGPのほうに力を入れ始めスーパーバイク世界選手権へのワークスサポートは限定的なものとなっていった。一方ドゥカティ・コルセは2台だけドゥカティ・999投入してシーズン臨み年間24レース20レース勝利を獲得残りの4レースサテライトチーム勝利を収めドゥカティとしてはシーズン全勝達成した。ワークス・ドゥカティのニール・ホジソンチャンピオン輝いた2006年には3年MotoGP活動の場移していたオーストラリアトロイ・ベイリスチーム復帰した。ベイリスとドゥカティコンビネーションによる快進撃誰にも止められず、ベイリスはシーズン12勝を挙げてチャンピオン輝いた2007年シーズンもベイリスはドゥカティ・999乗り続けたが、シーズン4位に終わる。市販車999製造2006年をもって終了しており、後継機としてドゥカティ・1098製造されていたが、ドゥカティホモロゲーション規定満たすため150台の999リミテッド・エディションとして再生産した選手権主催するFIMは、2008年シーズンより2気筒車の排気量制限を1,200ccに緩和することを発表したドゥカティ新たにホモロゲーション取得した1098Rを投入し、ベイリスは3度目ワールドチャンピオン獲得した1999年以来ドゥカティ在籍し続けたベイリスは2008シーズンをもって引退することになった2009年シーズン後釜芳賀紀行加入しミッシェル・ファブリツィオチームメイトとなった芳賀ヤマハのルーキーベン・スピーズと熾烈なタイトル争い展開したが、惜しくも6ポイント差でシリーズ2位に終わった続いてファブリツィオシリーズ3位に入った2010年も、再び芳賀ファブリツィオペア組んだ前年までチーム代表務めたダビデ・タルドッツィはBMWチーム移籍し新たにエルネスト・マリネッリが代表となった芳賀シリーズ6位、ファブリツィオは同8位と、前年ほどの活躍果たせなかった。 2010年8月27日ドゥカティ2011年シーズンワークスチームとしては選手権参戦しないことを発表したプレスリリースの中で、この決断背景には近年世界的不況にもかかわらず市販車ベースであるはずの選手権実質上はプロトタイプクラスに近い状況となり、大きなコスト上昇招いていたことが挙げられた。なおプライベーターへのサポート継続される

※この「スーパーバイク世界選手権 (SBK)」の解説は、「ドゥカティ・コルセ」の解説の一部です。
「スーパーバイク世界選手権 (SBK)」を含む「ドゥカティ・コルセ」の記事については、「ドゥカティ・コルセ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スーパーバイク世界選手権」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スーパーバイク世界選手権」の関連用語

スーパーバイク世界選手権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スーパーバイク世界選手権のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスーパーバイク世界選手権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマルコ・メランドリ (改訂履歴)、レオン・ハスラム (改訂履歴)、ケナン・ソフォーグル (改訂履歴)、ロベルト・ロルフォ (改訂履歴)、カル・クラッチロー (改訂履歴)、ドゥカティ・コルセ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS