スーパー耐久とは?

スーパー耐久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/19 05:30 UTC 版)

スーパー耐久(スーパーたいきゅう)は、日本国内で行われる自動車レースの1カテゴリ。市販の四輪車両に改造を施したマシンで勝敗が争われる。




  1. ^ 「偉大なる草レース」や「大いなる草レース」の表現は、ル・マン24時間レースダカールラリーなど、ワークスから自作までをも含む、多種雑多な車両が参加する大規模な耐久レースラリーレイドの別称(時に蔑称)として用いられてきた。
  2. ^ スーパー耐久シリーズ ・技術規則2010 年版
  3. ^ JAF国内モータースポーツカレンダー2010の競技車両欄に、NE(スーパー耐久)の記載がある
  4. ^ 富士スピードウェイで24時間耐久レース 50年ぶりに開催へ - 富士山経済新聞 2018年1月4日
  5. ^ http://www.so-net.ne.jp/s-taikyu/official/2010/info-41.pdf スーパー耐久公式HPでの「スペシャルステージ大会(Sepan Malaysia)開催断念のお知らせ」より。
  6. ^ 2018年、スーパー耐久はピレリのワンメイクに。シリーズ名称は『ピレリ・スーパー耐久シリーズ』へ オートスポーツweb・2018年1月13日・2018年3月11日閲覧
  7. ^ スーパー耐久が新たな一歩へ。2019年からアジアへ向けた展開『スーパー耐久アジア』を開始 - オートスポーツ・2018年11月21日
  8. ^ 当該車両と同一のモノコックボディに4座席以上のモデルが設定されている場合は特認なしで参戦可能。
  9. ^ 車両の年間生産台数が2,500台以上の場合、排気量2,000cc以下の車はST3クラス扱いとなる。年間生産台数が2,500台に満たない場合は、排気量に関係なく全てST1クラス扱い。
  10. ^ GT3日本公式HPでの発表より。
  11. ^ a b 2011 年シーズンより、「ST-A クラス」を新設致します。 - STO事務局・2010年11月30日
  12. ^ ST-X クラス規則書抜粋 - STO事務局・2010年8月31日
  13. ^ スーパー耐久シリーズがTCRとパートナーシップを締結 - スーパー耐久機構・2017年3月30日
  14. ^ Z33はエンジン排気量が3,500ccで、本来ST3クラスに該当する。
  15. ^ 見どころ - ツインリンクもてぎ
  16. ^ Z34に搭載される日産・VQ37VHRは排気量が3,700ccで、本来ST1クラスに該当する。
  17. ^ 特認事項、変更事項の公表 - STO・2010年5月8日
  18. ^ 同車とも1500cc以下の車種であるが過給気を装着していることから係数の関係でこのクラスでの参戦
  19. ^ 2010年、新設『ST-5クラス』の概要 - STO事務局・2009年10月15日
  20. ^ 2010年、新設ST-5クラス・特認車両の発表 - STO事務局・2010年1月28日
  21. ^ S耐にフィット登場へ。ST5クラスにBRPが参戦表明 as-web・2011年4月21日
  22. ^ スーパー耐久シリーズ2011 シリーズ日程表(2010年12月2日)
  23. ^ スーパー耐久シリーズ2011 開催日程変更に関するお知らせ(2011年3月24日)
  24. ^ 第2戦、中国大会(広東国際サーキット)延期に関するお知らせ(2011年4月28日)
  25. ^ 開催予定地だった十勝インターナショナルスピードウェイを運営する会社の事情により開催中止を発表。
  26. ^ 11月15日にロードコースにて第7戦、11月16日はオーバルコースにて特別戦(エキシビジョンレース)として開催された。
  27. ^ 【サーキット美人2014】スーパー耐久シリーズ編01「スーパーガールズ2014『S*CREW』」





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スーパー耐久」の関連用語

スーパー耐久のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スーパー耐久のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスーパー耐久 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS