退団とは? わかりやすく解説

たい‐だん【退団】

読み方:たいだん

[名](スル)ある団体からぬけること。「球団今季限りで―する」⇔入団


退団(50音順)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 10:05 UTC 版)

chakuchaku J.b」の記事における「退団(50音順)」の解説

L.A.Angel、HbG等も含む。 杉浦太陽(ammaliatore初代監督袴田吉彦(前監督、元TEAM SPAZIO監督相原真奈美 青山愛子( - 2006年10月17日青木秀加( - 2006年12月28日赤星太郎(メディカルトレーナー、 - 2008年12月7日AYAKA (KING) 石塚初美 石原朋香( - 2008年12月7日岩田ゆり( - 2005年11月23日初代キャプテン植田幸英(コーチ、 - 2008年9月30日宇津木有香コーチ、 - 2008年9月7日江東夏美 岡田ひかり2007年1月20日 - 2008年12月7日岡田ひとみ 小田瑞穂 小山田弘子2007年1月20日 - 2008年12月7日恩田影山のぞみ( - 2009年8月5日片岡もとみ 加藤美穂 金子絵里 川島令美( - 2008年9月7日河野美沙河原亜依 熊谷ひとみ 黒澤友子( - 2006年10月24日郡司あやの( - 2007年12月16日小杉まさみ2007年1月20日 - 2008年12月7日小由里XANADU loves NHC移籍西京舞2007年1月20日 - 2008年4月12日佐々木千尋 SAYAKING庄子知美ASAI RED ROSE移籍菅井玲 千鶴2008年5月 - 9月30日千尋(ammaliatore初代キャプテン手塚りえ( - 2007年12月16日) 外池真由美 永瀬はるか2007年12月 - 2009年7月5日西方敦子 二宮優 早坂さゆり 林絵梨子 土方みなみ 尾藤ゆう MARIYA (KING) 丸居沙矢香( - 2007年9月30日三宅梢子2代目キャプテン2003年10月 - 2007年8月28日宮下瞳 村上恵梨 もも美(現・吉野ももみcarezza移籍森裕城(キーパーコーチ、 - 2008年12月7日山下萌梨2007年1月 - 2008年8月21日山本早織( - 2006年12月28日TEAM SPAZIO移籍解散優木紗和( - 2007年12月16日吉田早希

※この「退団(50音順)」の解説は、「chakuchaku J.b」の解説の一部です。
「退団(50音順)」を含む「chakuchaku J.b」の記事については、「chakuchaku J.b」の概要を参照ください。


退団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 08:25 UTC 版)

宝塚歌劇団」の記事における「退団」の解説

定年迎えた場合結婚予定している場合生徒未婚でなければならない)、健康や経済など諸事情今後の活動が困難となった場合は、歌劇団を退団することになる。 大劇場公演または東京宝塚劇場公演出演千秋楽以って退団することが可能で、かつ退団手続き順調に行われた生徒「卒業」として、本公演宝塚大劇場東京宝塚劇場公演)の千秋楽正装である黒紋付に緑の袴をはき、舞台上で挨拶をする。このとき、所属の上生や音楽学校時代同期生から花束贈られる千秋楽退団者舞台衣装髪飾りなどに生花あしらって舞台出演する。 本公演以外の千秋楽をもって退団する場合は、特に決まった形式セレモニーはないが、カーテンコール際に生花などをあしらって舞台出演したり、簡単なスピーチをする場合がある公演千秋楽をもって退団する場合は、退団する公演集合日(稽古初日顔合わせの日)に退団発表宝塚歌劇団ホームページを通じて行われる諸事情により次回公演稽古集合日付け定年誕生日付け千秋楽翌日付けなどで退団する生徒もいる。その場合は本人から直接観客への挨拶をする機会はないが、機関誌の『歌劇』に退団の挨拶文掲載される

※この「退団」の解説は、「宝塚歌劇団」の解説の一部です。
「退団」を含む「宝塚歌劇団」の記事については、「宝塚歌劇団」の概要を参照ください。


退団(選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/11 20:28 UTC 版)

ZENT sweeties」の記事における「退団(選手)」の解説

工藤こずえ 丸山純(現・小野りかSaly現・川りか) 筑間はこべ 南香織 榎並沙知現・川えな) 福田淳子 高木響子(現・三木響子吉川はるな(現・吉川春菜南葛シューターズ移籍山咲れおな エリナ[要曖昧さ回避] 渋谷千賀 片瀬まひろ 丹野友美 平井沙知 中野小百合(現・中野吏深小林ゆう 3月30日生まれ東京都出身声優小林ゆう同姓同名だが、全くの別人。 身長165cm、体重44kg。B77W58H85血液型O型ブログによると2008年4月22日結婚したことを表明鈴木礼央奈 藍川美聖 上原やよい( - 2009年3月31日岡本果奈美 朝倉ゆり葵ゆりか( - 2010年2月7日

※この「退団(選手)」の解説は、「ZENT sweeties」の解説の一部です。
「退団(選手)」を含む「ZENT sweeties」の記事については、「ZENT sweeties」の概要を参照ください。


退団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 18:00 UTC 版)

XANADU loves NHC」の記事における「退団」の解説

胡喋蘭あべこ〈初代キャプテン胡喋蘭エリ 大森玲子(現・相原玲貞包みゆき 千草 中島美奈国府田雅美 足立麻美キャラメルクラッチ松田美帆子キャラメルクラッチ上地春奈キャラメルクラッチ氏家裕子元・金ばち) 稲熊泉 藤田安澄 有馬綾子 吉開生子 小林直美 飯野めぐみ くまきりあさ美 水崎綾女( - 2006年3月2日) ゆりん 大林素子 早房結香( - 2007年3月15日クルクルキューティクル ※現・パシンペロン滝島梓( - 2007年3月15日大村明日香2007年3月 - 4月在籍当時背番号は「4」。愛称は「あーちゃん」で、本人自分のことを「あーちゃん」と呼んでいる。2007年5月4日行われたスフィアリーグ2007 すかいらーくグループCUP 開幕戦」を前に在籍1ヶ月余りで退団。 平塚奈菜2004年 - 2008年5月6日仁藤優子( - 2008年5月8日福之上真友(現・麻由2005年 - 2008年9月25日MANAMI( - 2008年12月7日中村まゆみ( - 2008年12月7日大島麻衣2007年4月25日 - 2009年4月26日松本美佳里( - 2009年9月13日もりちえみ 西村優奈2008年12月7日 - 2010年10月17日

※この「退団」の解説は、「XANADU loves NHC」の解説の一部です。
「退団」を含む「XANADU loves NHC」の記事については、「XANADU loves NHC」の概要を参照ください。


退団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 01:48 UTC 版)

2017年のサンフレッチェ広島F.C」の記事における「退団」の解説

注:選手の国籍表記FIFA定めた代表資格ルール基づく。 No.Pos. 選手名13 GK 増田卓也 (長崎期限付き移籍) 7 MF 森崎浩司 (現役引退) 37 MF 宮原和也 (名古屋期限付き移籍) 11 FW 佐藤寿人 (名古屋へ完全移籍)

※この「退団」の解説は、「2017年のサンフレッチェ広島F.C」の解説の一部です。
「退団」を含む「2017年のサンフレッチェ広島F.C」の記事については、「2017年のサンフレッチェ広島F.C」の概要を参照ください。


退団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 01:48 UTC 版)

2017年のサンフレッチェ広島F.C」の記事における「退団」の解説

注:選手の国籍表記FIFA定めた代表資格ルール基づく。 No.Pos. 選手名33 DF 塩谷司 (アル・アインへ完全移籍)

※この「退団」の解説は、「2017年のサンフレッチェ広島F.C」の解説の一部です。
「退団」を含む「2017年のサンフレッチェ広島F.C」の記事については、「2017年のサンフレッチェ広島F.C」の概要を参照ください。


退団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 01:27 UTC 版)

2012年のアルビレックス新潟」の記事における「退団」の解説

注:選手の国籍表記FIFA定めた代表資格ルール基づく。 No.Pos. 選手名 GK 武田洋平 (清水エスパルス復帰ガンバ大阪期限付き移籍) DF 千葉和彦 (サンフレッチェ広島へ完全移籍) DF マイケル・ジェームズ (V・ファーレン長崎期限付き移籍) DF 大野和成 (湘南ベルマーレ期限付き移籍) DF 長谷部彩翔 (FCガンジュ岩手へ完全移籍) DF 酒井高徳 (VfBシュトゥットガルト期限付き移籍) DF 岩崎陽平 (FCガンジュ岩手へ完全移籍) DF 西村竜馬 (グレミオ・エスポルチーボ・マウアエンセへ期限付き移籍) MF 河原和寿 (栃木SCへ完全移籍) MF 加藤大 (愛媛FC期限付き移籍) MF ハファエル (期限付き移籍期間満了に伴いPSTC復帰) FW 川又堅碁 (ファジアーノ岡山期限付き移籍) FW 大島秀夫 (コンサドーレ札幌へ完全移籍) FW 曺永哲 (大宮アルディージャへ完全移籍) FW アンデルソン (ファジアーノ岡山期限付き移籍)

※この「退団」の解説は、「2012年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「退団」を含む「2012年のアルビレックス新潟」の記事については、「2012年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。


退団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 01:21 UTC 版)

2009年のアルビレックス新潟」の記事における「退団」の解説

注:選手の国籍表記FIFA定めた代表資格ルール基づく。 No.Pos. 選手名 GK 野澤洋輔 (湘南ベルマーレへ完全移籍) GK 諏訪雄大 (JAPANサッカーカレッジへ完全移籍) DF 海本慶治 (引退) DF マイケル・ジェームズ (JAPANサッカーカレッジ期限付き移籍) MF 寺川能人 (湘南ベルマーレへ完全移籍) MF 長谷部彩翔 (JAPANサッカーカレッジ期限付き移籍) FW 河原和寿 (栃木SC期限付き移籍) FW アレッサンドロ (契約満了)

※この「退団」の解説は、「2009年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「退団」を含む「2009年のアルビレックス新潟」の記事については、「2009年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。


退団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 01:21 UTC 版)

2009年のアルビレックス新潟」の記事における「退団」の解説

注:選手の国籍表記FIFA定めた代表資格ルール基づく。 No.Pos. 選手名 FW ブルーノ・カスタニェイラ (FC町田ゼルビア期限付き移籍) FW ペドロ・ジュニオール (大宮アルディージャから完全移籍ガンバ大阪へ完全移籍)

※この「退団」の解説は、「2009年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「退団」を含む「2009年のアルビレックス新潟」の記事については、「2009年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「退団」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

退団

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:12 UTC 版)

名詞

退 たいだん

  1. 所属している団体退くこと。

発音(?)

た↗いだん

対義語

動詞

活用

サ行変格活用
退団-する

「退団」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「退団」の関連用語

退団のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



退団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのchakuchaku J.b (改訂履歴)、宝塚歌劇団 (改訂履歴)、ZENT sweeties (改訂履歴)、XANADU loves NHC (改訂履歴)、2017年のサンフレッチェ広島F.C (改訂履歴)、2012年のアルビレックス新潟 (改訂履歴)、2009年のアルビレックス新潟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの退団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS