余波とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > > 余波の意味・解説 

よ‐は【余波】

波の立つ原因が去ったあとも残っている波。「台風の余波」

ある事柄周囲のものに影響を及ぼすこと。また、その影響。とばっちり。「列車事故の余波で観光客激減する」


なごろ【余波】

《「なごり」の音変化》「なごり(余波)2」に同じ。

「手もたゆく浦つたひしてこぐ舟は沖の—を怖づなるべし」〈堀河百首


なごり【余波】

《「なみのこり」の音変化

波が打ち寄せたあと、渚のあちこちに残っている海水海藻など。

難波潟(なにはがた)潮干の—よく見てむ家なる妹が待ち問はむため」〈・九七六

強風の吹きやんだあとでもまだその影響が残っている波。なごろ。

「風しも吹けば、—しも立てれば」〈催馬楽紀の国


余波

読み方:ナゴリ(nagori)

舟や台風通り過ぎたあとなどに、その影響で立っている波


余波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 17:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「余波」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「余波」を含むページの一覧/「余波」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「余波」が役に立つかも知れません。

関連項目



余波

出典:『Wiktionary』 (2019/04/07 15:48 UTC 版)

発音

よ↘はな↗ごりな↗ごろ

名詞

(よは / なごり / なごろ)

  1. (なごり / なごろ)打ち寄せた波が引いたのちも浜や磯に残っている、海水海藻
  2. (よは / なごり)風が止んでもまだ立っている波。
  3. (よは)ある出来事周囲に後まで及ぼす影響



余波と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「余波」の関連用語

余波のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



余波のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの余波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの余波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS