余とは?

まり 【余

接尾
〔「あまり」の「あ」の脱落した形〕
数量を表す語に付いて、それよりいくらか多い意を表す。 「ななつぎの御代にまわへる百(ももち)-十の翁の舞ひ奉る/続後紀 承和一二

[1][0] 【余】

それ以上であること。(「…の余」の形で多く用いる) 「二年の-闘病生活続ける」 「百人の-の参加者
それ以外であること。それ以外のもの。 「 -の件については知らない」 → 余の儀
あまったもの。あまり。余分
数量を表す語に付いて、その数より少し多い意を表す。おおよその数をあげて端数漠然という場合に用いる。あまり。有余。 「十-年歳月」 「三〇人-の人」

[1] 【余・予】

( 代 )
一人称。われ。わたくし。やや尊大な、または、改まった言い方として男子が用いる。 「 -の説くところをよく理解せよ」

【よ】[漢字]

【与(與)】 [音]
あたえる。 「与奪給与授与賞与譲与贈与貸与天与付与
くみする味方になる。 「与国与党
あずかる。関係する。 「関与参与
【予(豫)】 [音]
まえもって。あらかじめ。 「予感予期予見予言予告予算予審予選予測予知予定予備予報予約
あたえる。「与」に同じ。 「予奪
ためらう。 「猶予
われ。自分。余。 「予一人
伊予いよ)国」の略。 「予州芸予諸島」 〔本来、「予」はあたえる意で、あらかじめの意の「豫()」とは別字
【余(餘)】 [音]
われ。自分。予。 「余輩
あまり。のこり。あとに残るもの。なごり。 「余韻余暇余寒余香余剰余情余生余勢余地余熱余波余白余分余命余裕余力刑余残余剰余
ほか。その他。 「余技余罪余談余得余念余病余録
それ以上。 「月余有余十余年」 〔本来、「余」はわれの意で、あまりの意の「餘()」とは別字
【誉(譽)】 [音]
ほめる。 「称誉毀誉褒貶きよほうへん)」
ほまれ。 「誉望栄誉声誉・名誉」
【預】 [音]
あずける。あずかる。 「預金預託
まえもって。あらかじめ。 「預言
【 輿 】 [音]
車。人がかつぐ乗り物。こし。 「輿丁駕輿がよ)・乗輿神輿
大地。 「輿地坤輿こんよ)」
多い。 「輿望輿論


読み方:ヨ(yo

所在 滋賀県伊香郡西浅井町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/12 04:35 UTC 版)

(よ)は、漢姓の一つ。






「余」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/11/14 14:01 UTC 版)

発音

名詞

  1. () それ以上であること。
  2. () それ以外であること。それ以外のもの。
  3. () あまったもの。あまり。余分
  4. () 数量表すに付いて、その数より少し多い意味表すおおよその数をあげて端数漠然という場合用いる。あまり。有余

代名詞

  1. () 一人称。われ。わたくし。やや尊大な、または、改まった言い方として男子用いる

注意

われ」の意味の時に」を使う誤り新字体統一したもので、代名詞は元々であった。

× 満足だ。

接尾辞

  1. (まり) 数量表すに付いて、それよりいくらか多い意味表す

熟語


出典:『Wiktionary』 (2010/10/03 00:49 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「余」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

余のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



余のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの余 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS