疑義とは? わかりやすく解説

疑義

読み方:ぎぎ

物事内容について疑わしい点、意味するところ明瞭でなく疑問思われる点、内容はっきりしない部分、といった意味で用いられる表現。「疑義が生じる」「疑義がある」あるいは「疑義の念」「疑義の念を抱く」といった言い回し用いられることが多い。

情報中に疑義が見出され場合当該の情報発信元確認を取ることは「疑義照会」と呼ばれることがある

疑義の語は「疑義申し立て」「疑義を申し立てる」あるいは「疑義あり」といった言い回し用いられる場合もある。「疑義申し立て」は「異議申し立て」と混同されやすいが、決し誤用というわけではなく、「不明点がある旨を(行政機関などに)意思表示するという意味用いられることがある

ぎ‐ぎ【疑義】

読み方:ぎぎ

意味・内容はっきりしないこと疑問思われる点。「―をただす」「―を抱く」


疑義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 17:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「疑義」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「疑義」を含むページの一覧/「疑義」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「ぎぎ」が役に立つかも知れません。


疑義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 09:54 UTC 版)

泉重千代」の記事における「疑義」の解説

ギネスブック公認があったため、日本国内では泉が120歳まで生存したことは事実である、という受け止め方が一般的であった。これは、1871年戸籍調査に記載されている生年月日正しく、かつ、この戸籍調査に記載され人物1986年死去した人物とが同一であることを前提とする。だが、明治時代徳之島戸籍信頼性には疑問があり、泉が1865年生まれであったことについては生前から複数異論があった。 1966年昭和41年)、泉重千代が満101歳とされた時、地元鹿児島大学医学部助教授当時)の福田正臣1919年 - 2012年)は高齢者診察行い、泉に対して100歳過ぎて胃腸すこぶる順調。歯がなくなったものの普通にご飯やおかずを食べる、目も耳も達者である」という診察結果発表。しかし福田老齢学の観点から泉の年齢について疑念持ち1979年昭和54年)の日本老年医学会で泉の世界高年齢生存記録について否定見解述べたギネスブックによって泉が世界最高齢認定され以降、「実際には泉が生まれたのはもっと遅いのではないか」といった意見週刊誌などにも取り上げられた。 『週刊読売』の1980年12月7日号は、「泉重千代さんの115歳説に疑問がある!」と題して泉重千代戸籍の記録について信憑性が薄い根拠として以下を指摘した泉重千代戸籍実父母記載がない。 戸籍の記録では、14歳下の養父から7歳泉重千代家督相続したことになっているそのため、徳之島には、過去帳寺請制度前提となる寺が存在しなかったために生年記録された証拠文書がなく、初め戸籍作成されたときに記録された戸籍自己申告であり信頼性薄かったではないか」「1865年いうのは早世した兄の生年であり、実際の泉は1880年前後生まれであるが、兄の生年月日使われていたのではないか」「泉家の実子であった泉重千代死去した後、入籍した養子泉重千代名乗っていたのではないか」といった説が指摘された1872年壬申戸籍泉重千代記録あることから、泉が1880年前後生まれたとするのは矛盾になるが、この点について『週刊読売』は、「徳之島離島あるため戸籍作成遅れたではないか」と述べている。 『週刊読売』はその後も、1984年12月2日号では「スクープ 泉重千代さんは104歳だった!ギネス世界一』(119歳)返上へ」といったタイトル記事掲載したり、1986年3月9日号では「世界一長寿 故・泉重千代さんの『120歳』に疑義あり 泉重千代2人いたのか?」と泉の死亡時に報じるなどした。 このように事情を知る専門家の間では泉の120歳説は疑問視されており、現在は専門家の間では105歳が通説となっている 。厚生労働省2020年時点で、泉の120歳説を公認していない。

※この「疑義」の解説は、「泉重千代」の解説の一部です。
「疑義」を含む「泉重千代」の記事については、「泉重千代」の概要を参照ください。


疑義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 07:05 UTC 版)

ルーシー・ハンナ」の記事における「疑義」の解説

2015年結婚記録などの新資料判明して以降、以下の疑問点挙がった前述の1880年国勢調査マレンゴ郡であり、しかも「ルーシー」の祖父母記録有るが、両親記録は無い 一方ルーシー・ハンナ出身地であるエルモア郡における同年の国勢調査には、ソルおよびサリー・テレル(「Terrill」と誤記夫妻並びに3人の子供の記録存在するが、「ルーシー」の名前は無い故にマレンゴ郡の「ルーシー・テレル」は同姓同名の別と考えられる 1930年国勢調査では、ルーシー・ブラウン最初の夫の姓)は36歳記録されている 1943年オハイオ州結婚記録では、ルーシー・ブラウン1895年8月12日生まれ記載されている 2020年12月GRG理事ロバート・ヤングおよび同管理者のヴァツワフ・ヤン・クロチェクによって、ルーシー・ハンナ117歳没の認定取り下げられた。これにより同年時点でアメリカ史2番目の長寿者はスザンナ・マシャット・ジョーンズ黒人歴代最長寿者はヴァイオレット・ブラウン世界最高齢になれなかった人物の史上最高齢は猪飼たねとなった

※この「疑義」の解説は、「ルーシー・ハンナ」の解説の一部です。
「疑義」を含む「ルーシー・ハンナ」の記事については、「ルーシー・ハンナ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「疑義」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「疑義」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「疑義」の関連用語

疑義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



疑義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疑義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの泉重千代 (改訂履歴)、ルーシー・ハンナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS