カッコとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > カッコの意味・解説 

かっ‐こ〔カク‐〕【各個】

いくつかあるものの一つ一つそれぞれめいめい。おのおの。「各個別々に処理する」


かっ‐こ

《「からころ」という音から》下駄をいう幼児語

紅緒(べにお)の—も緒が切れた」〈白秋


かっ‐こ〔クワツ‐〕【括弧】

[名](スル)特定の文字語句・文などを囲って他の部分区別する記号( )〔 〕「 」[ ]〈 〉など。また、その記号をつけること。「括弧でくくる」「氏名のあとに括弧して年齢を示す」

[補説] 主な括弧とその名称
( ) 丸括弧小括弧パーレン
{ } 波括弧中括弧ブレース
[ ] 角括弧大括弧ブラケット
〔 〕 亀甲(きっこう)括弧
【 】 隅(すみ)付き括弧
「 」 鉤(かぎ)括弧、鉤(かぎ)、ひっかけ
『 』 二重鉤括弧二重鉤二重ひっかけ
〈 〉 山括弧山パーレンギュメ
《 》 二重山括弧二重山パーレン、ダブルギュメ
‘ ’ クオーテーションマーク
“ ” ダブルクオーテーションマーク
″ ″ ちょんちょんダブルミニュート

括弧の画像

かっ‐こ【喝火】

《「こ(火)」は唐音禅寺で、就寝前に火の用心呼びかけること。また、その役目の僧。


かっ‐こ【×羯鼓】

雅楽に用いる打楽器の一。奈良時代に唐から渡来したもの左方(さほう)の楽で、演奏速度長短指揮する主要楽器として使う。長さ30センチ鼓胴両側直径23センチ馬革の鼓面を固定し、通常は2本の(ばち)で打つ。両杖鼓(りょうじょうこ)。

能の舞事の一。小型の羯鼓を胸につけて打ちながら軽快に舞うもの。また、そのとき囃子(はやし)。

歌舞伎舞踊で、小道具の羯鼓を首に掛けて打ちながら踊る所作また、その囃子。「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」などにみられる


かっ‐こ〔カク‐〕【確固/確×乎】

ト・タル[文]形動タリしっかりして動かないさま。確かなさま。「—たる信念」「—不動


かっ‐こ〔カク‐〕【各戸】

それぞれの家。家ごと。


喝火

読み方:カッコ(kakko

禅寺で、夜半就寝前に火の用心呼びまわること


確乎

読み方:カッコ(kakko

しっかりしていて、容易に動かされないさま


餲餬

読み方:カッコ(kakko

節会大饗に用いた唐菓子


羯鼓

読み方:カッコ(kakko

筒状の胴の太鼓一種

別名 鞨鼓、両杖鼓


鞨鼓

読み方:カッコ(kakko

筒状の胴の太鼓一種

別名 羯鼓、両杖鼓


カッコ

東京方言意味・用例
カッコ下駄

括弧

(カッコ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 04:46 UTC 版)

括弧(かっこ)は、約物の一種であるところの、区切り符号(句切り符号)の一つ[1][2]。特定の文字語句数列数式などを囲って他の部分との区別結合関係を明らかにするための記号であり[3][4][5]、また、その記号で囲むこと[5](その符号を付けること[4])をも指す。






「括弧」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「カッコ」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カッコ」の関連用語

カッコのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カッコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの括弧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS