キャレットとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > キャレットの意味・解説 

キャレット【caret】

印刷物校正で、文字などの挿入位置を表す∧の記号

コンピューター操作画面において、文字入力位置表示される印。


キャレット

【英】caret

キャレットとは、ASCIIコードUnicodeなどの文字セットに登録されている(^)の記号のことである。あるいは、グラフィカルユーザーインターフェースGUI)において、テキスト間の入力位置を示すために用いられるカーソルのことである。

カーソルとしてのキャレットは、文字間で識別しやすい縦棒形状をしており、たいていの場合点滅表示されている。キャレットはいわゆるカーソルと同じ意味であるが、特にマウスカーソルなどと区別したい場合に用いられることがある


キャレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 14:17 UTC 版)

キャレットカレット (caret) は、校正で、脱字の挿入を指示する記号。挿入位置の下(縦書きでは横)に山形を書き、その下に挿入したい文字を書く。なお、単なる脱字でなく長い語句を挿入したいときは、キャレットの代わりにブレースを使う。






「キャレット」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャレット」の関連用語

キャレットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャレットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリキャレットの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャレット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS