けん引とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > けん引の意味・解説 

牽引自動車

(けん引 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 03:21 UTC 版)

牽引自動車(けんいんじどうしゃ)とは、自動車(主に貨物自動車)の形態の一つ。運転席と荷台や客車が分離できる構造のもので、前者をトラクター(またはトレーラーヘッド[1]またはけん引車)、後者をトレーラー(またはリヤカー[1]または被けん引車)と呼ぶ。




  1. ^ a b トラクターとトレーラー及びトレーラーヘッドとリヤカーはそれぞれが対で使われる事が多い。トレーラーヘッドを単にヘッドと言う場合もある。運送業界やトラックディーラーでは、トラクターを頭、トレーラーを尻、ケツ、台車、等の日本語の通称で言っても概ね通じる。
  2. ^ 亀の子トラクター対応の車載トレーラーは自動車重量税が課税される。
  3. ^ a b 「サそれぞれイエンスがプレミアム」極限のクルマ技術 巨大輸送『BS11デジタル』2010年8月15日
  4. ^ 消防法により危険物車輌ではフルトレーラーは認められていない。
  5. ^ 2004年3月1日の道路交通法改正による。それまでは3.8m。
  6. ^ トレーラーの長さは法律で12m以下と定められているが、連結部のキングピンから車輌最後端までを規制対象としているので法令違反には当たらない。
  7. ^ 1950年4月14日神奈川県横須賀市国道134号を走行中の京浜急行電鉄(現・京浜急行バス)が運行するトレーラーバスの客車で、乗客が煙草に火をつけた際に投げ捨てたマッチが、別の乗客の持ち込んだガソリンに引火。客車はたちまち炎上したものの、牽引自動車ならではの構造から運転席と客席が分離されていたため運転士が騒ぎに気付くのが遅れ、結果的に50名近い死傷者を出すこととなった。なお、この事故を機に道路運送法が改正され、車両への危険物の持込が禁止された。
  8. ^ なおトレーラーが旅客自動車運送事業の用に供されるものであり旅客運送目的で運転する場合には牽引第二種免許が必要となる
  9. ^ ドイツにおけるバスドライバーの不足と事業者による 人材確保・育成の取り組み”. 交通経済研究所. 2018年10月15日閲覧。
  10. ^ a b c ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件”. JAF. 2018年10月15日閲覧。


「牽引自動車」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「けん引」に関係したコラム

  • 株式銘柄の分類一覧

    株式市場に上場している銘柄は、さまざまなタイプや条件に分類されます。上場している銘柄を分類することにより、そのグループの値動きの特徴をつかんだりすることができます。例えば、条件で分類する場合、時価総額...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「けん引」の関連用語

けん引のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



けん引のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牽引自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS