グリーンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > グリーン > グリーンの意味・解説 

グリーン【Graham Greene】

読み方:ぐりーん

19041991英国小説家カトリック立場から、現代人の不安と虚無とを描く。作「権力と栄光」「情事終わり」など。


グリーン【green】

読み方:ぐりーん

緑色

草地緑地芝生。(観葉植物

ゴルフ場で、ホール(穴)の周囲の短く刈って整備した区域

ゴルフコース。「—に出る」

他の語の上に付いて複合語をつくる。

環境保全の。自然保護の。また、自然保護運動の、の意を表す。「—エネルギー」「—家電

若々しい、の意を表す。「—エージ

グリーンの画像
#00a960/R:0 G:169 B:96/C:82 M:0 Y:80 K:0

グリーン【Julien Green】


グリーン【Thomas Hill Green】

読み方:ぐりーん

[1836〜1882]英国哲学者新ヘーゲル主義立場から自我実現説を説いた主著倫理学序説」。


クロルスルフロン

分子式C12H12ClN5O4S
その他の名称グリーン、グレアン、クロルスルフロン、Glean、DPX-4189、Chlorsulfuron、W-4189、クロルスルホン、DPX-W-4189、Chlorsulfon、2-Chloro-N-[[(4-methoxy-6-methyl-1,3,5-triazin-2-yl)amino]carbonyl]benzenesulfonamide、1-[(o-Chlorophenyl)sulfonyl]-3-(4-methoxy-6-methyl-1,3,5-triazin-2-yl)urea、1-(2-Chlorophenyl)sulfonyl-3-(4-methyl-6-methoxy-1,3,5-triazine-2-yl)urea、1-(2-Chlorophenylsulfonyl)-3-(4-methyl-6-methoxy-1,3,5-triazine-2-yl)urea、1-(2-Chlorophenylsulfonyl)-3-(4-methoxy-6-methyl-1,3,5-triazine-2-yl)urea
体系名:1-[(o-クロロフェニル)スルホニル]-3-(4-メトキシ-6-メチル-1,3,5-トリアジン-2-イル)尿素、2-クロロ-N-[[(4-メトキシ-6-メチル-1,3,5-トリアジン-2-イル)アミノ]カルボニル]ベンゼンスルホンアミド、1-(2-クロロフェニル)スルホニル-3-(4-メチル-6-メトキシ-1,3,5-トリアジン-2-イル)尿素、1-(2-クロロフェニルスルホニル)-3-(4-メチル-6-メトキシ-1,3,5-トリアジン-2-イル)尿素、1-(2-クロロフェニルスルホニル)-3-(4-メトキシ-6-メチル-1,3,5-トリアジン-2-イル)尿素


グリーン

名前 GrienGreenGreeneGrinGlynGreenbergGrèeneGrene

グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 16:13 UTC 版)

グリーン(green)は、英語で「」を意味する。




「グリーン」の続きの解説一覧

フルン (政党)

(グリーン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 04:27 UTC 版)

フルンオランダ語: Groen)は、ベルギー政党。オランダ語(フラマン語)圏であるフランデレン地域を基盤とする環境政党緑の党)である。党名は「」の意味。




「フルン (政党)」の続きの解説一覧

グリーン(Green/緑色)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 16:46 UTC 版)

ヒトの虹彩の色」の記事における「グリーン(Green/緑色)」の解説

グリーンの目は適度なメラニン色素によって形成される南ヨーロッパ東欧中東中央アジアにも多少見られる大半は北ヨーロッパ集中している。アイスランドにおいては人口88%がグリーンかブルー目を持っている。その他、ハンガリースウェーデンデンマークノルウェーアイルランドスコットランド北イタリアオランダドイツなどにもグリーンの目を持つ者非常に多いアフガニスタンパシュトゥーン人国内で「Hurry Ankehian Wallay(緑の目を持つ人々)」と呼ばれている。世界のおよそ2%当てはまとされている

※この「グリーン(Green/緑色)」の解説は、「ヒトの虹彩の色」の解説の一部です。
「グリーン(Green/緑色)」を含む「ヒトの虹彩の色」の記事については、「ヒトの虹彩の色」の概要を参照ください。


グリーン(Green OA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 02:41 UTC 版)

オープンアクセス」の記事における「グリーン(Green OA)」の解説

オープンアクセス誌への掲載依らず、セルフアーカイブを行うことでオープンアクセス達成する方法を、グリーンオープンアクセスと呼ぶ具体的には、出版社による出版ではなく研究者自身の手によって研究成果機関リポジトリ著者研究者)が管理するWebページ研究資金提供した仲介し研究機関Webページ、または誰でも無料で論文ダウンロードできる独立リポジトリなどを利用してオンライン上で研究成果無料公開することを意味している。すなわちグリーンOAは、読者のみならず論文著者にとっても無償となる。一部出版社(5%未満2014年現在)では、出版社が持つ著作権部分的な無料ライセンスといった形式提供されるアーカイブ先としてはarXivアメリカ国立衛生研究所 (NIH) の PMC有名であるしかしながら掲載された論文出版社著作権保持していることも多く他の雑誌への転載などは当然認められないため、自由な利用という点で大きな問題となっている。

※この「グリーン(Green OA)」の解説は、「オープンアクセス」の解説の一部です。
「グリーン(Green OA)」を含む「オープンアクセス」の記事については、「オープンアクセス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グリーン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

グリーン

出典:『Wiktionary』 (2021/09/07 16:29 UTC 版)

語源

英語 green転写

発音

  • (東京) ーン [gùríꜜìǹ] (中高型 – [2])
  • IPA(?): [ɡɯ̟ᵝɾʲĩːɴ]

名詞

グリーン

  1. (色名) 緑色
  2. 草地植物芝生
  3. (ゴルフ) ホール周囲短く刈ってあるパットをする部分

関連語


「グリーン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



グリーンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「グリーン」に関係したコラム

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

グリーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グリーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2022 Net Markers.Inc all rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2022 colordic.org All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグリーン (改訂履歴)、フルン (政党) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒトの虹彩の色 (改訂履歴)、オープンアクセス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのグリーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS