RS-232Cとは?

RS232C

シリアル・インターフェース不平衡)のタイプの名称。データを送る場合下位ビットから上位ビットに順に送られる、シリアル伝送方式採用しているインターフェースなので、信号線は送信に1対受信に1対のみで良い。RS-232Cは不平タイプのため、伝送距離は20kbit/sec以下で15程度限度である。端子はDsub-25pを使用

RS-232C

フルスペル:Recommended Standard 232 version C
読み方アールエスニーサンニシー
別名:EIA-232

RS-232Cとは、米国電子工業会EIA)によって標準化された、最高通信速度115.2kbpsのシリアルインターフェース規格のことである。EIA-232呼ばれることもある。

RS-232Cはモデムなどのデータ回線終端装置DCE)とパソコンなどのデータ端末装置DTE)を接続するために用いられる。シリアルインターフェースとしては最も普及しており、ほとんどのパソコン標準搭載されている。一般にシリアルポート呼ばれる場合、このRS-232Cを指していることが多い。規格ではコネクターピン役割物理的特性などが定められているだけであり、コネクター形状としては25ピンD-Sub9ピンD-Subなどいくつかの種類がある。ちなみにRS-232Cのケーブル長最大で約15mである。

なおRS-232Cは正式には「RS-232-C」と(ハイフンをつけて)標記される。また、米国電子工業会はRS-232Cの改良版として「RS-232-D」や「RS-232-E」といった規格定めているが、それらもRS-232Cの規格中にまとめて扱われる場合が多い。

接続インターフェースのほかの用語一覧
IEEE:  Wireless MAN
USB:  ブータブルUSB  OTG  RS-232C  UART  USB  USB 2.0

RS-232

(RS-232C から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/17 23:54 UTC 版)

RS-232 (英語: Recommended Standard 232) は、シリアルポートインターフェース規格である。基本的にはホストコンピュータ端末といった「データ端末装置」と、モデムなどの「データ回線終端装置」を繋ぐものとして設計されたが、パソコン同士の直接接続や、あらゆる周辺機器の接続用に広く使われた。






「RS-232」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「RS-232C」の関連用語

RS-232Cのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



RS-232Cのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2018 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリRS-232Cの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのRS-232 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS