閾値とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > > 閾値の意味・解説 

閾値

読み方:しきいち・いきち

閾値とは、閾値の意味

閾値とは、数値的境目境界線となる値を意味する表現である。反応状態の変化)を対象もたらす最小の値、とも言い換えられる。値が所定の水準を超えると、特定の反応生じたり切り替わったり等の変化生じる、という場合に、その所定の水準が閾値と呼ばれる。閾値の読み方は、「しきいち」、あるいは「いきち」である。生物学などの分野では「いきち」と読む扱い標準的であるが、工学関連の分野では「しきいち」の読み方(および「しきい値表記)が一般的といえる。。閾値は英語では threshold といい(文脈によっては border line とも訳される)、日本語おいても英語をそのまま持ち込みスレッショルド」と表現する場合がある

閾値の「閾」の字は「域」(いき)および「敷居」(しきい)に通る言で、境目区切り境界といった意味合いを含む字である。「閾」の字常用外漢字非常用漢字)であるためしきい値」と表記される場合多々ある

生物学には「悉無律」(全か無かの法則)と呼ばれる法則がある。おおざっぱに言うと刺激加えられても所定の値に満たない場合は全く反応せず、所定のを超え場合完全に刺激反応する」という趣旨の法則である。この法則において反応する・しないの境目となる値が、生物学的「閾値」に該当する

しきい‐ち〔しきゐ‐〕【×閾値】

《「閾値(いきち)」の湯桶読み》⇒いきち(閾値)


いき‐ち〔ヰキ‐〕【×閾値】


閾値(いきち)

人間感覚器官感知できる最小限度刺激量のことで,閾濃度限界濃度ともいいます例えば,悪臭の閾値とは嗅覚感知できる悪臭物質最小濃度いいます
また,毒物などでその値以下では,人の健康上あるいは感覚上に悪い影響起こさない値をいいます

閾値 (いきち)

 「しきい値」とも読む。最小有効量(minimum effective dose)ともいう。元来生理学の用語で、刺激効果を発揮し、生体反応誘発するためには、ある値以上の強さ有する必要があり、その境界の値を閾値という。原則として刺激に対する生理反応には、全か無かの法則(恣無律ともいう。all-or-none law)があって、弱い刺激では全く反応がなく、ある強度を超える刺激強さ関係なく一定の大きさ反応現れる環境関係では、化学物質温度等の環境変化による生体の反応中毒障害発生しはじめる最小値をいう。臭気悪臭)では臭いを感知できる臭気成分最小濃度を閾値とする。しかし、電離放射線によるDNA障害の場合はいかに線量低くしていっても無影響量には達しないといわれており、安全のため閾値を想定しないことになっている遺伝子傷害性発ガン性物質についても同様の対応がとられている

閾値

同義/類義語:限界値
英訳・(英)同義/類義語:threshold, threshold value

ある現象Aが、別の現象Bがとる値によって起こるか起こらないかが規定されているときに、AがおこるためのBの極小(大)値。

閾値(いきち)

毒性評価では、ある物質一定量までは毒性示さないが、その量を超える毒性を示すとき、その値を閾値といいます

しきい値

(閾値 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 15:25 UTC 版)

しきい値(閾値、しきいち)あるいは閾値(いきち)は、境目となるのこと。




「しきい値」の続きの解説一覧

閾値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/17 06:58 UTC 版)

酸味の閾値 (threshold)とは、ぎりぎり酸味感じられる薄さ濃度)のことである。測定難しく報告の食い違い大きい。閾値pH、閾値モル濃度、閾値規定濃度いずれも酸物質によって異なり、酸の化学構造との規則性単純ではないまた、閾値の大小高濃度での酸味強弱は必ずしも対応しない。つまり、酸物質Aが酸物質Bより閾値が低いからといって、どの濃度でもAの酸味がBより強く感じるとは限らない

※この「閾値」の解説は、「酸味」の解説の一部です。» 「酸味」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

閾値

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:24 UTC 版)

この単語漢字
いき
表外漢字

第六学年
音読み
この単語漢字
しきい
表外漢字

第六学年
湯桶読み

発音(?)

名詞

(いきち または しきいち)

  1. ある現象起きるために最小限必要な。ある現象起き始める点。
  2. (生物学) 神経細胞など生体の興奮引き起こすために最小限必要な刺激強さ

翻訳


「閾値」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



閾値と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

閾値のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



閾値のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2022 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのしきい値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの酸味 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの閾値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS