規定濃度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 濃度 > 規定濃度の意味・解説 

規定濃度(きていのうど)


規定度

(規定濃度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 09:09 UTC 版)

化学において、規定度(きていど)または規定計量法上の用語): normality) とは、溶液濃度を表す単位の一つで、溶液 1 L (1 dm3 = 1000 cm3) 当たりの試薬の当量数(グラム当量)を表す。当量濃度(とうりょうのうど、: equivalent concentration)、規定濃度(きていのうど)とも呼ばれ、容量分析などで用いられる。


  1. ^ 計量法附則第三条の計量単位等を定める政令 別表第二、項番8、濃度 規定


「規定度」の続きの解説一覧



規定濃度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

規定濃度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



規定濃度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの規定度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS