汚職とは? わかりやすく解説

お‐しょく〔ヲ‐〕【汚職】

読み方:おしょく

公職にある人が、地位職権利用して収賄などの不正な行為をすること。「涜職(とくしょく)」の言い換え語。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/26 04:06 UTC 版)

汚職(おしょく)とは、職権や地位を濫用して、不正な行為をすること。 私利私欲のために職に関して不正をなすこと。賄賂を取るなどの他に差別人事や公平性に欠けた行いも示す。


  1. ^ 愛知県に本店を置く自動車関連部品製造事業等を営む株式会社の元専務が、中国の現地工場の違法操業を見逃してもらうなどするため、地方政府の幹部に対して、約42万円相当の金銭(香港ドル)及び女性用バッグ(約14万円相当)を供与した(経済産業省2015年7月30日「外国公務員贈賄防止指針」、p34)
  2. ^ 千葉県選出議員東條良平、同大澤庄之助、同岡山県安井丈夫が有罪となり議員資格を喪失。安井は中国銀行前身会社の一つである岡山貯蓄銀行創立者(立身致富信用公録)。なお同3名は異議を申立てた[8]
  1. ^ 汚職 - コトバンク。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 大内穂「腐敗の要因分析と対策における国際協力」 国際協力機構(JICA図書館)(2021年7月16日閲覧)
  3. ^ 司法汚職、邦人前社長に禁錮3年 - 47NEWS、2012年12月4日。[リンク切れ]
  4. ^ 丸紅、海外贈賄事件でODA排除措置中に、安倍“経済”外遊に同行 巨額罰金支払いも - Business Journal、2014年9月1日。
  5. ^ 日本交通技術、ODA事業でリベート1.6億円 - Response、2014年4月26日。
  6. ^ 初の司法取引、法人不起訴 海外贈賄で3人在宅起訴 - 日本経済新聞、2018年7月20日。
  7. ^ “ベトナム公務員への贈賄で有罪 「天馬」元社長ら”. 日本経済新聞. (2022年11月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE048DR0U2A101C2000000/ 2022年11月5日閲覧。 
  8. ^ 帝国議会議事録
  9. ^ 「九州の大疑獄事件:九管、製鉄所、鉱務署の贈収賄」(法律新聞1918年3月10日) - 神戸大学付属図書館)。当時の長官は押川則吉。検事は小原直小林芳郎、他。
  10. ^ 政治資金虚偽記載:小渕氏元秘書、起訴内容認める - 毎日新聞、2015年09月14日。
  11. ^ またも不透明献金の「日歯連」、「政治とカネ」の真相 - 集中、2015年3月5日。[リンク切れ]
  12. ^ Paddock, Richard C. (2017年6月16日). “U.S. Moves to Seize Diamonds, a Picasso and Hollywood Films in Malaysian Case” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2017/06/16/world/asia/1mdb-malaysia-najib-razak.html 2017年6月16日閲覧。 
  13. ^ Wright, Yantoultra Ngui and Tom. “Malaysia Says Saudis Gave Prime Minister Najib Razak a $681 Million ‘Donation’” (英語). WSJ. 2016年1月26日閲覧。
  14. ^ AsiaNews.it. “Saudi Arabia’s US$ 681 million to Prime Minister Najib still a mystery” (英語). www.asianews.it. 2016年1月27日閲覧。
  15. ^ May 11, Adam Aziz / theedgemarkets com (2018年5月11日). “PM Mahathir: Malaysia to vet 1MDB, probe alleged GE14 corruption”. The Edge Markets. 2018年5月11日閲覧。
  16. ^ Beech, Hannah; Ramzy, Austin (2018年7月3日). “Malaysia’s Ex-Leader, Najib Razak, Is Charged in Corruption Inquiry” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/07/03/world/asia/najib-razak-arrested-malaysia.html 2018年7月3日閲覧。 
  17. ^ “Malaysia's ex-PM Najib charged with corruption over 1MDB” (英語). BBC News. (2018年7月4日). https://www.bbc.com/news/world-asia-44706842 2018年7月4日閲覧。 
  18. ^ “Najib Razak: Malaysian ex-PM gets 12-year jail term in 1MDB corruption trial” (英語). BBC News. (2020年7月28日). https://www.bbc.com/news/world-asia-53563065 2020年7月28日閲覧。 
  19. ^ Welle (www.dw.com), Deutsche. “Malaysia ex-PM Najib Razak gets 12 years jail for 1MDB graft trial” (英語). DW.COM. 2020年7月28日閲覧。
  20. ^ Paddock, Richard C. (2020年7月28日). “Najib Razak, Malaysia’s Former Prime Minister, Found Guilty in Graft Trial” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/07/28/world/asia/malaysia-1mdb-najib.html 2020年7月28日閲覧。 
  21. ^ Post, The Jakarta. “Malaysia's Najib convicted on all charges in first 1MDB graft case” (英語). The Jakarta Post. 2020年7月28日閲覧。
  22. ^ Former Malaysia PM Najib Razak sentenced to 12 years in jail following guilty verdict in 1MDB trial” (英語). CNA. 2020年7月28日閲覧。
  23. ^ Auto, Hermes (2020年7月28日). “Ex-Malaysian PM Najib gets 12 years' jail in 1MDB-linked graft trial” (英語). www.straitstimes.com. 2020年7月28日閲覧。
  24. ^ Wong, Feliz Solomon and Ying Xian. “Najib Razak, Malaysia’s Former Prime Minister, Loses 1MDB Appeal and Is Sent to Prison” (英語). WSJ. 2022年8月23日閲覧。
  25. ^ Najib arrives at Kajang Prison after court upholds jail term” (英語). The Star. 2022年8月23日閲覧。
  26. ^ FocusM (2022年8月23日). “Najib commences 12-year jail term in Kajang prison” (英語). Focus Malaysia. 2022年8月23日閲覧。



汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 10:13 UTC 版)

ルーマニアの犯罪」の記事における「汚職」の解説

EU加盟により、ルーマニア官業透明性説明責任履行改善求められている。しかし、市民企業にとっては、情報開示意思決定プロセス法整備貧弱なため、政府による改革小さく、遅いとの認識浸透している。一方EU委員会における最新協力検証制度報告書では、国家汚職防止局など様々な機関による汚職撲滅はたらきかけがあったと評価している。近年ルーマニアでは、元首相議員政治家実業家など、広い範囲わたって有罪判決下されたことで注目集めている。

※この「汚職」の解説は、「ルーマニアの犯罪」の解説の一部です。
「汚職」を含む「ルーマニアの犯罪」の記事については、「ルーマニアの犯罪」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 02:32 UTC 版)

トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー (バクー)」の記事における「汚職」の解説

ママドフ家は腐敗評判があると言われていた。 1ダース上のプロジェクト請負業者と話をしたDavidsonは、彼らのうちの何人かは「裸に腐敗しているように見え行動説明した」と報告したインテリア大規模な作業行ったフランクマクドナルドは、彼の会社はいつも現金でその支払い受けていると言いました、そして他の請負業者も同じ方法支払われました: "彼らは私たち巨額現金与えます。 私は自分のラップトップバッグに収まる1回8ドルもう1回25ドル手に入れた。」 マクドナルドはまた彼の同僚現金200ドル支払い受けた時を思い出したプロジェクト現場で賄賂発生したことも報告されています。 デビットソンが行った電話インタビューで、Baillargeonは、プロジェクト設計者としての間に多額現金支払い目撃したかどうか尋ねられたときに電話切りましたトランプ氏2015年6月米国大統領選出馬を発表した後、いくつかの報道機関彼のプロジェクトおよびママドフ家との関わりについて報告しました。 Gartenは、トランプ機構当初プロジェクトリスク評価依頼しており、 イランのダルビシ家族と金銭的なつながりがあるママドフ家系関連するいかなる赤い旗」も発見していないと述べた。 ダルビシ人はイラン革命警備隊IRGC)と関連していましたトランプ機構2015年に「開発者関連する特定のプリンシパル問題のあるエンティティ何らかの関連がある可能性がある」と学びました協会にもかかわらずトランプ機構プロジェクトとの提携終了せず、イラン革命防衛隊についても尋ねなかった。 カーター氏によると、同社Bakuプロジェクトへの関与2015年終了していないと述べてます。これは、プロジェクトがすでに進行中兆候もなく延期されているためです。 カーターまた、拘束力のある契約のために同社関与中止することはできない述べたカーターはさらに、同社はZiya Mammadovと直接仕事をしたことは一度もないと述べトランプ役割彼の名前をライセンスしてホテル運営することに限られていたと述べた2017年3月カーター氏は、トランプ機構は、MammadovsとDarvishisが互いに関連しているのかどうか、あるいはその関連が「メディアによって広められている」という主張であるのかどうか、まだ知らない述べた。 ガルテンは、ママドフによる汚職がこのプロジェクト関与していたことを否定しなかった。 トランプ氏関与した当時エルトン氏とジヤママドフ氏はアゼルバイジャン公務員だったが ガルテン氏はトランプ機構海外腐敗行為防止法破った可能性があると否定した。それに関わった人へのお金バクーホテル取引は、不正、賄賂、およびマネーロンダリング疑い失速していた、トランプ国際不動産取引一つです。 2017年3月米上院議員シェロッド・ブラウンは、トランプ氏プロジェクトへの関与についての連邦政府による調査正当化される述べた。 その月の後半に、ブラウン上院議員ダイアンファインスタインベンカルダンと共にトランプ政権何人かの役人共同書簡書きトランプ機構がマンマドフ家との取引中にいくつかの法律破ったかどうか評価するために調査要求したトランプ機構によるデューデリジェンス欠如は、トランプ大統領彼の組織アゼルバイジャン寡頭政婦を悪用することで悪用し、またトランプ機構IRGCにも暴露した可能性があると述べたトランプ機構がバクータワーの取り引きから撤退したように見えても、トランプ機構潜在的な刑事責任についての重大な質問未解決のままです。」

※この「汚職」の解説は、「トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー (バクー)」の解説の一部です。
「汚職」を含む「トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー (バクー)」の記事については、「トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー (バクー)」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 03:13 UTC 版)

ノースバーゲン (ニュージャージー州)」の記事における「汚職」の解説

地元政治指導者ジョセフ・モッコは1971年から1979年までタウンシップ事務官務めた後、1986年8月7日に、ノースバーゲンや他に近隣の場所で建設材料違法に投棄した廉で逮捕された。モッコ有罪となり、1995年7月刑期勤め始めたモッコ1999年釈放された。その釈放条件としてニュージャージー州釈放委員会地方選挙のために運動した参加したりすることを禁じこととした。 2004年2月元公園とレクリエーション委員会委員務めたピーター・ペレスが、タウンシップ幾つか事業契約持った業者からリベート賄賂受け取っていた容疑で、連邦刑務所で6か月間服役するという刑の宣告受けたペレス当局との協力という条件減刑受けた2008年3月27日、ノースバーゲンの運動ディレクターのジェリー・メイエッタとガイダンス・カウンセラーのラルフ・マリノが、バーゲン郡襲撃検挙され45人の中に入っていた。バーゲン郡検察官は、この2人薬物取扱者と配布者の広範なネットワークの中で低いレベル活動家だったと説明したその他の罪状女性財布人間臓器盗んだことが挙げられていた。 2012年9月11日、ノースバーゲンの公共事業部監督官ジェイムズ・ウィリーが、職権乱用2級謀議有罪申告したウィリー政治的な運動公的資源利用したことで有罪となった2013年、州の会計監査官事務所発行した報告書によって、ノースバーゲンのある弁護士年間18,800ドル利益出したが、タウンシップ役人は彼が何をしたのか分かっておらず、彼が働いていたのかすら知らなかったことを明らかにした。彼は1988年から1990年雇用されたことを報告していた。2006年まで活発に働きこの年タウンシップ役人仲違いし法律に関する仕事止められた。仕事を宛がわれなかったに拘わらず、その弁護士はニック・サッコの政治的同盟者に政治的貢献を行うよう定期的に求められたと調査者に告げた2012年のこの任務での貢献度は6,600ドル達していた。

※この「汚職」の解説は、「ノースバーゲン (ニュージャージー州)」の解説の一部です。
「汚職」を含む「ノースバーゲン (ニュージャージー州)」の記事については、「ノースバーゲン (ニュージャージー州)」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 06:24 UTC 版)

インド最高裁判所」の記事における「汚職」の解説

2008年最高裁判所は、裁判所高官の汚職に関する深刻な申立て納税者費用での贅沢な休暇裁判官資産詳細公開拒否任官秘密性情報への権利に関する法律に基づく情報公開拒否 といったことから、いくつかの論争巻き込まれた。最高裁判所長官K. G. Balakrishnanは、自身の職について、公務員ではなく憲法権威に基づくものである述べたことにより、多く批判引き起こした。 彼は後に、この見解撤回した裁判所は、自らの職務の処理での失敗について元大統領プラティバ・パティルアブドゥル・カラームから深刻な批判受けた元首相マンモハン・シンは、汚職は、裁判所直面する重大な課題のひとつであると述べ、この脅威根絶する緊急の必要性があると提案した官房長官は、最高裁判所長官を長とする国家司法委員会設置するために、the judges Inquiry (Amendment) Bill 2008議会提出した。この委員会は、高等裁判所及び最高裁判所裁判官による汚職及び職権濫用申立て調査する

※この「汚職」の解説は、「インド最高裁判所」の解説の一部です。
「汚職」を含む「インド最高裁判所」の記事については、「インド最高裁判所」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 15:09 UTC 版)

ハワイ基本法」の記事における「汚職」の解説

賄賂受け取ったり、その他あらゆる種類の汚職に手を染めた公職者は、恩赦を受け、公民権回復しない限り参政権廃止されいかなる政府機関にも立候補ができなくなった

※この「汚職」の解説は、「ハワイ基本法」の解説の一部です。
「汚職」を含む「ハワイ基本法」の記事については、「ハワイ基本法」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 02:05 UTC 版)

インドの経済」の記事における「汚職」の解説

詳細は「en:Corruption in India」を参照 汚職はインド影響与え重要な問題一つである。1991年経済改革により、民営企業圧迫して汚職や非効率の責を問う繁文縟礼Licence Raj減少したけれども、それでもやはり2005年トランスペアレンシー・インターナショナル調査では、公務員62%が汚職は風聞ではなく公務員仕事を得るために賄賂払ったり、接触持った経験があると考えている。情報公開法en2005年制定並び同様の州法配下のことを政府公務員要求している。 市民によって要求される情報供給すること 処罰行為取り組むこと、つまり、自警的な委員会vigilance commission)が汚職を減らし少なくとも苦情取り除くための道を開くことをサービス中央政府州政府の法律定めること Transparency International報告によると、2007年においてインドの汚職度合世界で72位であり、インドでは汚職が減少してきているとのことであった

※この「汚職」の解説は、「インドの経済」の解説の一部です。
「汚職」を含む「インドの経済」の記事については、「インドの経済」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 10:12 UTC 版)

張成沢」の記事における「汚職」の解説

汚職の有無については北朝鮮粛清発表した際に韓国洪翼杓国会議員が、張の「犯罪行為」の具体例として国外で食堂事業に関する不正などをあげた。

※この「汚職」の解説は、「張成沢」の解説の一部です。
「汚職」を含む「張成沢」の記事については、「張成沢」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/27 06:31 UTC 版)

ウィットリー郡 (ケンタッキー州)」の記事における「汚職」の解説

2009年から2011年コービン本拠にする「タイムズ・トリビューン」の若いジャーナリストのアダム・サルフリッジとその編集者サマンサ・スウィンドラーがウィットリー郡保安官部の汚職を暴いた保安官バジル・"ローレンス"・ホッジはまず2002年選出された。ホッジ犯罪闘うタフな者として評判取ったが、この保安官被告保釈認め代わりに金を受け取っていたことを住民大半知らなかった。「タイムズ・トリビューン」とアルコール・タバコ・武器爆発物管理局提出した宣誓供述書拠ればホッジ捕獲した武器薬物証拠盗んでいた。 ウィットリー郡別大陪審ホッジがまだ保安官であった2010年11月8日21件の告訴差し戻していた。ホッジ2010年末まで保安官の職を務めた2011年春ホッジケンタッキー州ロンドン市アメリカ合衆国地区裁判所出頭し、ある「情報に対して抗弁した。同年夏、ホッジは、薬物不正取引公金着服逮捕者対す自白強要の罪で連邦刑務所での15.5年の服役宣告された。これに連座してウィリアムズバーグ弁護士ロニー・W・レイノルズ連邦刑務所での3年服役宣告された。 ケンタッキー州監査官は、ホッジ保安官の公式会計から少なくとも20ドル盗まれる不明になったと判断した

※この「汚職」の解説は、「ウィットリー郡 (ケンタッキー州)」の解説の一部です。
「汚職」を含む「ウィットリー郡 (ケンタッキー州)」の記事については、「ウィットリー郡 (ケンタッキー州)」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:58 UTC 版)

ロシアの経済」の記事における「汚職」の解説

ロシア中央銀行は、2011年GDP2.5%、490ドルロシア政府による汚職によって失われた報告している。ロシア中銀総裁セルゲイ・イグナチエフ(ロシア語版)は「麻薬取引密輸、官・財界への賄賂裏金脱税」を挙げている。

※この「汚職」の解説は、「ロシアの経済」の解説の一部です。
「汚職」を含む「ロシアの経済」の記事については、「ロシアの経済」の概要を参照ください。


汚職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 00:37 UTC 版)

ドミートリー・メドヴェージェフ」の記事における「汚職」の解説

現職首相として汚職追放の旗降り役をしていたが、アレクセイ・ナワルニーによって、元同級生などが代表を務め団体悪用して、巨大な邸宅・ワイナリー・ヨットなど莫大な不正蓄財をしていることが明かされた。以降プーチン大統領へのロシア国民の支持率が依然として高いものの、メドヴェージェフに対して不支持率が支持率上回るようになっている

※この「汚職」の解説は、「ドミートリー・メドヴェージェフ」の解説の一部です。
「汚職」を含む「ドミートリー・メドヴェージェフ」の記事については、「ドミートリー・メドヴェージェフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「汚職」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「汚職」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「汚職」の関連用語

汚職のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



汚職のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの汚職 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルーマニアの犯罪 (改訂履歴)、トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー (バクー) (改訂履歴)、ノースバーゲン (ニュージャージー州) (改訂履歴)、インド最高裁判所 (改訂履歴)、ハワイ基本法 (改訂履歴)、インドの経済 (改訂履歴)、張成沢 (改訂履歴)、ウィットリー郡 (ケンタッキー州) (改訂履歴)、ロシアの経済 (改訂履歴)、ドミートリー・メドヴェージェフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS