悪徳とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 精神 > 悪徳の意味・解説 

あく‐とく【悪徳】

読み方:あくとく

道義外れた言行。「―商人」⇔美徳


悪徳

原題:
製作国:日本
製作年:1958
配給:大映
スタッフ
監督:佐分利信 サブリシン
原作:船山馨 フナヤマカオル
脚色:猪俣勝人 イノマタカツヒト
撮影:木塚誠一 キヅカセイイチ
音楽:佐藤勝 サトウマサル
美術:伊藤寿一 イトウジュイチ伊藤壽一
録音:岡崎三千雄 オカザキミチオ
照明:吉沢欣三 ヨシザワキンゾウ
キャスト(役名
佐分利信 サブリシン (加治壮輔)
木村功 キムライサオ (岩瀬七郎
清水一郎 シミズイチロウ (深見耕平)
瑳峨善兵 サガゼンペイ (榊原元吉
織田政雄 オダマサオ (尾坂三郎
御橋公 ミハシコウ (綾小路忠光)
垂水悟郎 タルミゴロウ (須藤英一
十朱久雄 トアケヒサオ (柴田
木下良一  (海野
直木一朗 ナオキイチロウ (熊本
三津田健 ミツダケン (白坂社長
大塚道子 オオツカミチコ (加治阿津子)
水谷良重 ミズタニヨシエ (尾坂京子
南条秋子 ナンジョウアキコ (昌江
中里悦子 ナカザトエツコ (加治まさみ)
福田妙子 フクダタエコ (料亭ひさごの女将
解説
船山馨原作を、「黒い花粉」の猪俣勝人脚色、「夜の鴎」の佐分利信監督木塚誠一撮影した社会劇。「地上」の佐分利信が自ら出演するほか、「青い山脈 (前篇)(1957)」の水谷良重、「純愛物語」の木村功大塚道子福田妙子三津田健といった異色キャスト。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
サラリーマンの生活に飽き飽きしている岩瀬七郎は、一念発起して社長加治壮輔に、もっと生甲斐のある仕事をくれと頼んだ岩瀬見込んだ加治は、銀座のバー・クレイヴの貸金取立理由に、店の乗っとり命じた張りきる岩瀬荒療治功を奏し乗取り成功した。その上加治の裏面を嗅ぎつけた加治表面華族出の美し阿津子夫人や娘のまさみと、幸福な家庭を営む紳士だが、背後で配下深見榊原使い合法面すれすれにあくどい利益をむさぼる稀代の悪徳漢だった。岩瀬第二第三の悪徳事業足を踏み入れた大会社ミシン」の乗っ取り更には恋人京子の父尾坂依頼による一千万円の融通手形詐取野心燃え岩瀬には、京子未来の父尾坂何ものでもなかった。しかし、調子にのった岩瀬もついにつまずいた融通手形買戻しサルベージ失敗し金策がつかなくなった非情な加治は、岩瀬弁解もきかず、凄惨なりンチを加えた岩瀬憎悪復讐鉾先阿津子に向け、良人加治悪の姿をみせつけた。悲嘆にくれる女に岩瀬執拗に迫るのだったその頃融通手形行方を追う尾坂は、そのために加治一派の手殺されてしまった。事件の真相知った京子は、岩瀬に対する復讐思いたち、岩瀬阿津子のいきさつ加治告げた動揺憤怒に悩む加治は、唯一つの心の支え阿津子にすべをを告白し許しを乞うた。絶望ひしがれ彼女はもう二度と彼のもとには帰らなかった。全身殺意にみちた加治岩瀬五色沼おびきよせ殺した。しかし加治また、配下深見らに殺人理由に詰めよられ、偽装自殺強いられてしまった。氷の張った冷い湖水に、岩瀬加治屍体寒々浮んでいた。

(悪徳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 00:30 UTC 版)

(あく)は、一般的な意味では、の反対または欠如である。非常に広い概念であることもあるが、日常的な使い方では、より狭い範囲で深い邪悪さを表現することが多い。それは一般的に、複数の可能な形をとると考えられている。例えば、悪と一般的に関連している個人的な道徳的悪、または非個人的な自然的悪(自然災害または病気の場合のように)の形や、宗教的思想においては悪魔的または超自然的/永遠的な形などである[1]


  1. ^ Griffin, David Ray (2004) [1976]. God, Power, and Evil: a Process Theodicy. Westminster. p. 31. ISBN 978-0-664-22906-1 
  2. ^ a b Evil”. Oxford University Press (2012年). 2019年12月8日閲覧。
  3. ^ Ervin Staub. Overcoming evil: genocide, violent conflict, and terrorism. New York: Oxford University Press, p. 32.
  4. ^ Matthews, Caitlin; Matthews, John (2004). Walkers Between the Worlds: The Western Mysteries from Shaman to Magus. New York City: Simon & Schuster. p. 173. ASIN B00770DJ3G 
  5. ^ de Hulster, Izaak J. (2009). Iconographic Exegesis and Third Isaiah. Heidelberg, Germany: Mohr Siebeck Verlag. pp. 136-37. ISBN 978-3-16-150029-9. https://books.google.com/?id=kf9err5bmr4C&pg=PA131&lpg=PA131&dq=history+yehud+2008#v=onepage&q=history%20yehud%202008&f=false 
  6. ^ a b Ingram, Paul O.; Streng, Frederick John (1986). Buddhist-Christian Dialogue: Mutual Renewal and Transformation. Honolulu: University of Hawaii Press. pp. 148-49. ISBN 978-1-55635-381-9 
  7. ^ Internet Encyclopedia of Philosophy "Ethics"
  8. ^ a b c Roy F. Baumeister "Human Evil: The Mythical and the True Causes of Violence" Florida State University. archive
  9. ^ Stern, Fritz; Lifton, Robert Jay (1986). “The Nazi Doctors: Medical Killing and the Psychology of Genocide”. Foreign Affairs 65 (2): 404. doi:10.2307/20043033. ISSN 0015-7120. https://doi.org/10.2307/20043033. 
  10. ^ Dower, John W. (2017), War without mercy : race and power in the pacific war, Tantor Media, ISBN 978-1-5414-2124-0, OCLC 982707419, http://worldcat.org/oclc/982707419 2019年12月8日閲覧。 
  11. ^ Hesse, Petra; Mack, John E. (1991). Rieber, Robert W.. ed (英語). The Psychology of War and Peace: The Image of the Enemy. Boston, MA: Springer US. pp. 131-153. doi:10.1007/978-1-4899-0747-9_6. ISBN 978-1-4899-0747-9. https://doi.org/10.1007/978-1-4899-0747-9_6 
  12. ^ Baumeister, Roy F. (2005). The cultural animal : human nature, meaning, and social life. Oxford University Press. ISBN 0-19-516703-1. OCLC 770765517. http://worldcat.org/oclc/770765517 
  13. ^ Baumeister, Roy F.; Smart, Laura; Boden, Joseph M. (1996). “Relation of threatened egotism to violence and aggression: The dark side of high self-esteem.”. Psychological Review 103 (1): 5-33. doi:10.1037//0033-295x.103.1.5. ISSN 0033-295X. https://doi.org/10.1037//0033-295x.103.1.5. 
  14. ^ Bushman, Brad (1998年). “Threatened egotism, narcissism, self-esteem, and directed and displaced aggression: Does self-love or self-hate lead to violence?”. PsycEXTRA Dataset. 2019年12月8日閲覧。
  15. ^ Solomon, Richard L.; Corbit, John D. (1974). “An opponent-process theory of motivation: I. Temporal dynamics of affect.”. Psychological Review 81 (2): 119-145. doi:10.1037/h0036128. ISSN 1939-1471. https://doi.org/10.1037/h0036128. 
  16. ^ O'Neal, Edgar C. (1994). “Human aggression, second edition, edited by Robert A. Baron and Deborah R. Richardson. New York, Plenum, 1994, xx + 419 pp” (英語). Aggressive Behavior 20 (6): 461-463. doi:10.1002/1098-2337(1994)20:63.0.CO;2-O. ISSN 1098-2337. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/1098-2337%281994%2920%3A6%3C461%3A%3AAID-AB2480200606%3E3.0.CO%3B2-O. 
  17. ^ Bushman, Brad J.; Geen, Russell G. (1990). “Role of cognitive-emotional mediators and individual differences in the effects of media violence on aggression.”. Journal of Personality and Social Psychology 58 (1): 156-163. doi:10.1037/0022-3514.58.1.156. ISSN 1939-1315. https://doi.org/10.1037/0022-3514.58.1.156. 
  18. ^ Baumeister, Roy F. (2006). Losing control : how and why people fail at self-regulation. Academic Press. ISBN 0-12-083140-6. OCLC 553911110. http://worldcat.org/oclc/553911110 
  19. ^ Bushman, B. J.; Cooper, H. M. (1990-05). “Effects of alcohol on human aggression: an integrative research review”. Psychological Bulletin 107 (3): 341-354. doi:10.1037/0033-2909.107.3.341. ISSN 0033-2909. PMID 2140902. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2140902. 
  20. ^ Good and Evil in Chinese Philosophy Archived 2006年5月29日, at the Wayback Machine. C.W. Chan
  21. ^ History of Chinese Philosophy Feng Youlan, Volume II The Period of Classical Learning (from the Second Century B.C. to the Twentieth Century A.D). Trans. Derk Bodde. Ch. XIV Liu Chiu-Yuan, Wang Shou-jen, and Ming Idealism. part 6 § 6 Origin of Evil. Uses strikingly similar language to that in the etymology section of this article, in the context of Chinese Idealism.
  22. ^ a b Benedict de Spinoza, Ethics, Part IV Of Human Bondage or of the Strength of the Affects Definitions translated by W. H. White, Revised by A. H. Stirling, Great Books vol 31, Encyclopædia Britannica 1952 p. 424
  23. ^ Stephen Palmquist, Dreams of Wholeness: A course of introductory lectures on religion, psychology and personal growth (Hong Kong: Philopsychy Press, 1997/2008), see especially Chapter XI.
  24. ^ Book website
  25. ^ Philosophy of Religion Charles Taliaferro, Paul J. Griffiths, eds. Ch. 35, Buddhism and Evil Martin Southwold p 424
  26. ^ Lay Outreach and the Meaning of “Evil Person Taitetsu Unno Archived 2012年10月18日, at the Wayback Machine.
  27. ^ The Jewel Ornament of Liberation. Gampopa. ISBN 978-1559390927[要ページ番号]
  28. ^ Hans Schwarz, Evil: A Historical and Theological Perspective (Lima, Ohio: Academic Renewal Press, 2001): 42-43.
  29. ^ Schwarz, Evil, 75.
  30. ^ Thomas Aquinas, SUMMA THEOLOGICA, translated by the Fathers of the English Dominician Province (New York: Benziger Brothers, 1947) Volume 3, q. 72, a. 1, p. 902.
  31. ^ Henri Blocher, Evil and the Cross (Downers Grove: InterVarsity Press, 1994): 10.
  32. ^ Gaymon Bennett, Ted Peters, Martinez J. Hewlett, Robert John Russell (2008). "The evolution of evil". Vandenhoeck & Ruprecht. p.318. ISBN 3525569793
  33. ^ Gourevitch, Phillip (1999). We Wish to Inform You That Tomorrow We Will be Killed With our Families. Picador. ISBN 0-31224-335-9 
  34. ^ Frontline: the triumph of evil.”. 2007年4月9日閲覧。
  35. ^ url=http://www.vatican.va/archive/catechism/p3s1c1a6.htm
  36. ^ Harris, Sam (2004). The End of Faith: Religion, Terror and the Future of Reason. W. W. Norton & Company. ISBN 0-393-03515-8 
  37. ^ a b Peck, M. Scott. (1983;1988). People of the Lie: The hope for healing human evil. Century Hutchinson.
  38. ^ Peck, M. Scott. (1978;1992), The Road Less Travelled. Arrow.
  39. ^ Peck, 1983/1988,p105
  40. ^ Peck,1978/1992,p298
  41. ^ Martin Luther, Werke, XX, p58
  42. ^ a b Niccolo Machiavelli, The Prince, Dante University of America Press, 2003, ISBN 0-937832-38-3 ISBN 978-0-937832-38-7



悪徳

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 19:14 UTC 版)

名詞・形容動詞

(あ↗くとく)

  1. 良くないこと。積極的な評価できないこと
  2. 行い考えよこしまなこと。特に、他人を騙すなどして、不当利益得ようとすること。

活用

ダ型活用
あくとく-だ


対義語

翻訳


「悪徳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



悪徳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「悪徳」の関連用語

悪徳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



悪徳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの悪徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS