悪 中国の倫理哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 04:29 UTC 版)

中国の倫理哲学

後述する仏教と同様に、儒教道教には西洋思想にみられるような善悪の対立構造がないが、中国の民間信仰では何か悪い物の影響についてよく言及される。儒教の主要な関心事は知識人や貴人にふさわしい正しい社会的関係・行動にあった。それゆえ「悪」という概念は悪い行動ということになる。道教では、二元論がその中心に据えられているにもかかわらず、道教の中心的な徳に対立する思いやり、節度、謙虚は道教において悪の相似物だと推測できる[20][21]

西洋哲学

ニーチェ

フリードリヒ・ニーチェはユダヤ-キリスト教的道徳を否定し、『善悪の彼岸』・『道徳の系譜』の中で、非-善の本来の機能は弱者の奴隷道徳によって宗教的な悪の概念へと社会的に変容され、主人(強者)に反感を抱く大衆を抑圧した、といったことを主張した。

アイン・ランド

アイン・ランドは『利己主義という気概---エゴイズムを積極的に肯定する』で、「理性は人間の基本的な生存手段だから、理性的存在が生きるのに適したものが善い物である。逆に理性的存在が生きるのを否定・妨害・破壊するものが悪いものである」と書いている。この考えは『肩をすくめるアトラス』の中でさらに練り上げられており、「考えることは人間の唯一の基本的な美徳である。他の全ての徳は考えることから生まれてくる。そして、人間の持つ基本的な悪徳、つまり全ての悪の根源は人が皆実際にはやっているのにやっているとけっして認めようとしない名もなき行為、つまり自分の意識を故意に停止すること、考えるまでもなく盲目であることは否定するが実際には見ようとしないことだ。つまり、単純に無知なのではなく知ることを拒んでいるのだ。これは自分の心に焦点を当てるのを避け、自分があるものを認識するのを拒んでいる限りそれは存在しないとか、自分が『それは悪い』という評決を下さない限りAはAでないといった暗黙の前提に基づいた判断を避ける心の中の霧を引き起こす行為だ。」とある。

スピノザ

バールーフ・デ・スピノザはこう言った:

1. 善によって、人々にとって有用であると人々が当然知っているものを私が理解できるようになる。
2. 反対に悪によって、人々が善いものを持とうとするのを妨げると人々が当然知っているものを私は理解する[22]

スピノザは半ば数学的な文体を使い、『エチカ』第4部で述べた定義から証明・説明できると自分が主張しているさらなる命題について述べている[22]:

  • 命題8 「善や悪の知識は私たちが意識する限りでの喜びあるいは悲しみの気持ちでしかない。」
  • 命題30 「私たちの本性において共有されているものを持つことを通じて悪であるものはあり得ないが、あるものが私たちにとって悪である限りではそのあるものは私たちと相いれない。」
  • 命題64 「悪の知識は不適切な知識である。」
    • 推論「それゆえに人の心の中に適切な知識しかなければ、悪い考えが形成されることはないであろう。」
  • 命題65 「理性の導きに従えば、二つの善い物のうちより善い物を選ぶことになるし、二つの悪いもののうちより悪くない方を選ぶ。」
  • 命題68 「人間が自由に生まれたら、自由である限りその人間はよい考えも悪い考えも持たない。」

以上のニーチェ、ランド、スピノザのような哲学的考察は後述する神学的考察と比較でき、対照をなすが、ニーチェとランドは無神論者でありスピノザはそうではないことが指摘される。

心理学

カール・ユング

カール・グスタフ・ユングは『ヨブへの答え』やその他の著作で、悪を「悪魔の暗黒面」だと言っている。人は他者へ寄り添う影を思い描くので、悪は自分の外部にあるものだと信じがちである。ユングはイエスの物語を自らの影に直面する神の話として解釈した[23]

ジンバルドー

2007年にフィリップ・ジンバルドーは、人々は集合的アイデンティティーの結果として邪悪な行動をとり得ると主張した。この仮説は、彼が以前にスタンフォード監獄実験を経験したことに基づいていて、著書『The Lucifer Effect: Understanding How Good People Turn Evil』で発表された[24]


  1. ^ Griffin, David Ray (2004) [1976]. God, Power, and Evil: a Process Theodicy. Westminster. p. 31. ISBN 978-0-664-22906-1 
  2. ^ a b Evil”. Oxford University Press (2012年). 2019年12月8日閲覧。
  3. ^ Ervin Staub. Overcoming evil: genocide, violent conflict, and terrorism. New York: Oxford University Press, p. 32.
  4. ^ Matthews, Caitlin; Matthews, John (2004). Walkers Between the Worlds: The Western Mysteries from Shaman to Magus. New York City: Simon & Schuster. p. 173. ASIN B00770DJ3G 
  5. ^ de Hulster, Izaak J. (2009). Iconographic Exegesis and Third Isaiah. Heidelberg, Germany: Mohr Siebeck Verlag. pp. 136-37. ISBN 978-3-16-150029-9. https://books.google.com/?id=kf9err5bmr4C&pg=PA131&lpg=PA131&dq=history+yehud+2008#v=onepage&q=history%20yehud%202008&f=false 
  6. ^ a b Ingram, Paul O.; Streng, Frederick John (1986). Buddhist-Christian Dialogue: Mutual Renewal and Transformation. Honolulu: University of Hawaii Press. pp. 148-49. ISBN 978-1-55635-381-9 
  7. ^ Internet Encyclopedia of Philosophy "Ethics"
  8. ^ a b c Roy F. Baumeister "Human Evil: The Mythical and the True Causes of Violence" Florida State University. archive
  9. ^ Stern, Fritz; Lifton, Robert Jay (1986). “The Nazi Doctors: Medical Killing and the Psychology of Genocide”. Foreign Affairs 65 (2): 404. doi:10.2307/20043033. ISSN 0015-7120. https://doi.org/10.2307/20043033. 
  10. ^ Dower, John W. (2017), War without mercy : race and power in the pacific war, Tantor Media, ISBN 978-1-5414-2124-0, OCLC 982707419, http://worldcat.org/oclc/982707419 2019年12月8日閲覧。 
  11. ^ Hesse, Petra; Mack, John E. (1991). Rieber, Robert W.. ed (英語). The Psychology of War and Peace: The Image of the Enemy. Boston, MA: Springer US. pp. 131-153. doi:10.1007/978-1-4899-0747-9_6. ISBN 978-1-4899-0747-9. https://doi.org/10.1007/978-1-4899-0747-9_6 
  12. ^ Baumeister, Roy F. (2005). The cultural animal : human nature, meaning, and social life. Oxford University Press. ISBN 0-19-516703-1. OCLC 770765517. http://worldcat.org/oclc/770765517 
  13. ^ Baumeister, Roy F.; Smart, Laura; Boden, Joseph M. (1996). “Relation of threatened egotism to violence and aggression: The dark side of high self-esteem.”. Psychological Review 103 (1): 5-33. doi:10.1037//0033-295x.103.1.5. ISSN 0033-295X. https://doi.org/10.1037//0033-295x.103.1.5. 
  14. ^ Bushman, Brad (1998年). “Threatened egotism, narcissism, self-esteem, and directed and displaced aggression: Does self-love or self-hate lead to violence?”. PsycEXTRA Dataset. 2019年12月8日閲覧。
  15. ^ Solomon, Richard L.; Corbit, John D. (1974). “An opponent-process theory of motivation: I. Temporal dynamics of affect.”. Psychological Review 81 (2): 119-145. doi:10.1037/h0036128. ISSN 1939-1471. https://doi.org/10.1037/h0036128. 
  16. ^ O'Neal, Edgar C. (1994). “Human aggression, second edition, edited by Robert A. Baron and Deborah R. Richardson. New York, Plenum, 1994, xx + 419 pp” (英語). Aggressive Behavior 20 (6): 461-463. doi:10.1002/1098-2337(1994)20:63.0.CO;2-O. ISSN 1098-2337. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/1098-2337%281994%2920%3A6%3C461%3A%3AAID-AB2480200606%3E3.0.CO%3B2-O. 
  17. ^ Bushman, Brad J.; Geen, Russell G. (1990). “Role of cognitive-emotional mediators and individual differences in the effects of media violence on aggression.”. Journal of Personality and Social Psychology 58 (1): 156-163. doi:10.1037/0022-3514.58.1.156. ISSN 1939-1315. https://doi.org/10.1037/0022-3514.58.1.156. 
  18. ^ Baumeister, Roy F. (2006). Losing control : how and why people fail at self-regulation. Academic Press. ISBN 0-12-083140-6. OCLC 553911110. http://worldcat.org/oclc/553911110 
  19. ^ Bushman, B. J.; Cooper, H. M. (1990-05). “Effects of alcohol on human aggression: an integrative research review”. Psychological Bulletin 107 (3): 341-354. doi:10.1037/0033-2909.107.3.341. ISSN 0033-2909. PMID 2140902. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2140902. 
  20. ^ Good and Evil in Chinese Philosophy Archived 2006年5月29日, at the Wayback Machine. C.W. Chan
  21. ^ History of Chinese Philosophy Feng Youlan, Volume II The Period of Classical Learning (from the Second Century B.C. to the Twentieth Century A.D). Trans. Derk Bodde. Ch. XIV Liu Chiu-Yuan, Wang Shou-jen, and Ming Idealism. part 6 § 6 Origin of Evil. Uses strikingly similar language to that in the etymology section of this article, in the context of Chinese Idealism.
  22. ^ a b Benedict de Spinoza, Ethics, Part IV Of Human Bondage or of the Strength of the Affects Definitions translated by W. H. White, Revised by A. H. Stirling, Great Books vol 31, Encyclopædia Britannica 1952 p. 424
  23. ^ Stephen Palmquist, Dreams of Wholeness: A course of introductory lectures on religion, psychology and personal growth (Hong Kong: Philopsychy Press, 1997/2008), see especially Chapter XI.
  24. ^ Book website
  25. ^ Philosophy of Religion Charles Taliaferro, Paul J. Griffiths, eds. Ch. 35, Buddhism and Evil Martin Southwold p 424
  26. ^ Lay Outreach and the Meaning of “Evil Person Taitetsu Unno Archived 2012年10月18日, at the Wayback Machine.
  27. ^ The Jewel Ornament of Liberation. Gampopa. ISBN 978-1559390927[要ページ番号]
  28. ^ Hans Schwarz, Evil: A Historical and Theological Perspective (Lima, Ohio: Academic Renewal Press, 2001): 42-43.
  29. ^ Schwarz, Evil, 75.
  30. ^ Thomas Aquinas, SUMMA THEOLOGICA, translated by the Fathers of the English Dominician Province (New York: Benziger Brothers, 1947) Volume 3, q. 72, a. 1, p. 902.
  31. ^ Henri Blocher, Evil and the Cross (Downers Grove: InterVarsity Press, 1994): 10.
  32. ^ Gaymon Bennett, Ted Peters, Martinez J. Hewlett, Robert John Russell (2008). "The evolution of evil". Vandenhoeck & Ruprecht. p.318. ISBN 3525569793
  33. ^ Gourevitch, Phillip (1999). We Wish to Inform You That Tomorrow We Will be Killed With our Families. Picador. ISBN 0-31224-335-9 
  34. ^ Frontline: the triumph of evil.”. 2007年4月9日閲覧。
  35. ^ url=http://www.vatican.va/archive/catechism/p3s1c1a6.htm
  36. ^ Harris, Sam (2004). The End of Faith: Religion, Terror and the Future of Reason. W. W. Norton & Company. ISBN 0-393-03515-8 
  37. ^ a b Peck, M. Scott. (1983;1988). People of the Lie: The hope for healing human evil. Century Hutchinson.
  38. ^ Peck, M. Scott. (1978;1992), The Road Less Travelled. Arrow.
  39. ^ Peck, 1983/1988,p105
  40. ^ Peck,1978/1992,p298
  41. ^ Martin Luther, Werke, XX, p58
  42. ^ a b Niccolo Machiavelli, The Prince, Dante University of America Press, 2003, ISBN 0-937832-38-3 ISBN 978-0-937832-38-7





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「悪」の関連用語

悪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



悪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS