隆盛とは? わかりやすく解説

りゅう‐せい【隆盛】

読み方:りゅうせい

[名・形動勢い盛んなこと。また、そのさま。隆昌。「—を極める」「—な社運


隆盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 05:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「隆盛」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「隆盛」を含むページの一覧/「隆盛」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「隆盛」が役に立つかも知れません。

関連項目



隆盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:50 UTC 版)

全日本F3000選手権」の記事における「隆盛」の解説

シリーズ始まった時期バブル景気F1ブーム重なった事や、星野一義高橋国光長谷見昌弘松本恵二関谷正徳などのベテランや、黒澤琢弥小河等岡田秀樹中谷明彦和田久金石勝智影山正彦桧井保孝などの若手日本人ロス・チーバーマウロ・マルティニトーマス・ダニエルソンジェフ・クロスノフアンドリュー・ギルバート=スコットトム・クリステンセンパウロ・カーカッシ等といった若手外国人ドライバー多数参戦したことにより驚異的な充実振りをみせた。 また、鈴木亜久里片山右京鈴木利男中野信治野田英樹高木虎之介服部尚貴エディ・アーバインジョニー・ハーバートハインツ=ハラルド・フレンツェンミカ・サロエマニュエル・ピロパオロ・バリッラマーク・ブランデルファブリツィオ・バルバッツァエンリコ・ベルタッジアマルコ・アピチェラローランド・ラッツェンバーガージャン・アレジミハエル・シューマッハブランデルアレジシューマッハスポット参戦)など後にF1ステップアップしたドライバーや、ジェフ・リースケネス・アチソンヤン・ラマースクリスチャン・ダナーフォルカー・ヴァイドラーエマニュエル・ナスペッティなどの元F1ドライバー参戦していた。また芸能界からは岩城滉一近藤真彦参戦していた。 さらにドライバーのみならず、各チームエンジンサプライヤー(エンジンチューナー)、タイヤサプライヤー技術レベル極めて高くエンリコ・ベルタッジアは「インターナショナルF3000パワフルなF3全日本F3000は3,000ccのF1」と評したまた、バブル景気を受けて大手企業をはじめとした多様なスポンサー参入したことで新たなチームドライバー出走相次いだ最盛期19901991年には出走台数30を超え予選を2グループ分け予選落ち発生また、観客数が1レース5万人を超えることも多かった

※この「隆盛」の解説は、「全日本F3000選手権」の解説の一部です。
「隆盛」を含む「全日本F3000選手権」の記事については、「全日本F3000選手権」の概要を参照ください。


隆盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 05:38 UTC 版)

少年用スポーツサイクル」の記事における「隆盛」の解説

こうして、自転車人気ジャンルとなった少年用スポーツサイクルは、その人気の高さが起因する設備効率良さ業界歓迎され1970年代後半には青年自然の家などのサイクリング車にもこのタイプ用意されるほどの隆盛を見た白熱し過ぎた人気PTA槍玉に挙げられた結果、この自転車セールスポイント一つであるセミドロップハンドル上下逆さまにして販売されるも、ほとぼりがさめると本来の仕様に戻す者が続出するという逸話もあった。

※この「隆盛」の解説は、「少年用スポーツサイクル」の解説の一部です。
「隆盛」を含む「少年用スポーツサイクル」の記事については、「少年用スポーツサイクル」の概要を参照ください。


隆盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 03:16 UTC 版)

黄檗宗」の記事における「隆盛」の解説

幕府外護背景として大名達の支援得て鉄眼道光(1630 - 1682年)らに代表される社会事業などを通じて民間教化にも努めた。また元文5年1740年)に第14代住持として和僧龍統元棟晋山するまでは伝統的に中国から住職招聘してきた。こうした活動から次第教勢拡大し萬福寺塔頭33ヵ院に及び、1745年の「末寺帳」には、1043もの末寺書き上げられている明治7年1874年)、明治政府教部省禅宗臨済曹洞二宗定めたため、強引に臨済宗黄檗派」(りんざいしゅうおうばくは)に改称させられたが、明治9年1876年)、黄檗宗として正式に禅宗一宗として独立することとなった。 現在も臨済宗とは共同で財団法人運営しており、公式ウェブサイト両者合同で設置されている。

※この「隆盛」の解説は、「黄檗宗」の解説の一部です。
「隆盛」を含む「黄檗宗」の記事については、「黄檗宗」の概要を参照ください。


隆盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 20:19 UTC 版)

シーターワカ王国」の記事における「隆盛」の解説

王国の分裂後、コーッテ王ブバナイカバフはシーターワカとの闘争視野に、ポルトガルとの協力関係結んだシーターワカ王国インドカリカット結んでこれと戦ったシーターワカ王国1537年1539年1543年コーッテ王国侵攻したが、いずれもポルトガルからの援軍阻まれた。この間1538年シーターワカ王国南のライガマに目を向け、これを征服したコーッテ王国に対するポルトガル影響力強まり1551年にわずか10歳王位に即いたダルマパラ(英語版)が1557年キリスト教改宗したことでそれは一層明らかになった。この結果シーターワカ王国仏教徒多数亡命し対立深まった。ことに最重要遺物である仏牙持ち出されシーターワカ王国ラトゥナプラ寺院納められたことは象徴的であったしかしながらこの年行われたシーターワカの侵攻も、ポルトガルによって阻まれた。 コーッテ反撃1562年行われコロンボから遠征軍派遣された。しかし遠征軍はマラリヤワの戦い英語版)において、マヤドゥンネ王の息子ティキリ・バンダラ( 英: Tikiri Bandara )率いるシーターワカ軍に敗れポルトガル人多数数千現地兵を失い壊滅したその結果、マヤドゥンネとティキリ・バンダラは二正面作戦可能になり、1564年からコーッテコロンボ両方包囲したコーッテ王国国土大部分はシーターワカ王国によって制圧されたが、コロンボを含む沿岸部ポルトガル要塞海路からの支援を受けて持ちこたえたこの結果ポルトガル王国に対して牽制攻撃消耗戦仕掛けることが可能だった1580年にダルマパラ王が、自分の死後コーッテ王国ポルトガル王遺贈される宣言したことでポルトガル影響力最大となった

※この「隆盛」の解説は、「シーターワカ王国」の解説の一部です。
「隆盛」を含む「シーターワカ王国」の記事については、「シーターワカ王国」の概要を参照ください。


隆盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 03:15 UTC 版)

八幡堀」の記事における「隆盛」の解説

文禄4年1595年)、秀次の自害を受けて八幡山城廃城となったが、城下町商家町として存続し近江商人により繁栄極めた近江商人八幡堀地の利活かし地場産物畳表蚊帳、米、酒など)を陸路水路利用して各地搬出し、各地産物持ち帰り、再び各地送り出すといった「諸国産物回し」と呼ばれる商法によって、各地産業振興貢献したまた、近江商人商売哲学三方よし買い手よし、売り手よし、世間よし)」は、他国での商売を通じて生まれた概念である。 建造当初から、堀には「背割り」と呼ばれる排水路による下水システムがあり、堀に溜まった汚泥は、船の運航さしさわる前に随時浚渫され、近隣田畑肥料として使われていた。また、その田の粘土使って八幡瓦が作られていた。

※この「隆盛」の解説は、「八幡堀」の解説の一部です。
「隆盛」を含む「八幡堀」の記事については、「八幡堀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「隆盛」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

隆盛

出典:『Wiktionary』 (2021/11/06 12:30 UTC 版)

名詞

りゅうせい

  1. 勢い盛んなさま。

対義語

形容動詞


「隆盛」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

隆盛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



隆盛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの隆盛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの全日本F3000選手権 (改訂履歴)、少年用スポーツサイクル (改訂履歴)、黄檗宗 (改訂履歴)、シーターワカ王国 (改訂履歴)、八幡堀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの隆盛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS