観客数とは? わかりやすく解説

観客数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 17:55 UTC 版)

吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」の記事における「観客数」の解説

警察発表6万人主催者発表5万人、報道では65千人、7万人とも、75千人とも、チケット印刷74千チケット発売枚数推定5万6千人などと、正確な観客数が不明で食い違いがあるのは、現在のようなチケットの販売システム確立していない時代で、正確な人数把握できなかったためであるチケット一律2500円で全国イベンター販売してもらいバスツアー組んだものと、スタッフ東海道本線沿線駅前のレコード店喫茶店手分けしてまわって置いてもらったものがあったが、当日券存在うやむやであったり裏山から侵入した人が多数いた、最後はもうチケットがなくても"来る者は拒まず"で入れたといわれるなど、発券数をはるかに超える人が入場したといわれるため、正確な観客数は不明である

※この「観客数」の解説は、「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」の解説の一部です。
「観客数」を含む「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」の記事については、「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」の概要を参照ください。


観客数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 20:10 UTC 版)

マージーサイド・ダービー」の記事における「観客数」の解説

1984年ミルク・カップ同年のチャリティ・シールドでは100,000人以上の観客集めた1948年9月18日グディソン・パーク行われた試合では、ダービーにおけるリーグ戦での最多観客数となる78,599人を集めた1901年1月19日アンフィールド行われた試合では、ダービーにおけるリーグ戦での最少観客数となる18,000人を集めた1試合の観客数(リーグ戦に限る) #日付スタジアムスコア観客数1 1948年9月18日 グディソン・パーク エヴァートン 1–1 リヴァプール 78,599 2 1962年9月22日 エヴァートン 2-2 リヴァプール 73,000 3 1950年9月16日 エヴァートン 3–1 リヴァプール 71,150 4 1949年8月27日 エヴァートン 0-0 リヴァプール 70,812 5 1947年9月27日 エヴァートン 0-3 リヴァプール 66,776 6 1964年2月8日 エヴァートン 3–1 リヴァプール 66,515 7 1927年10月15日 エヴァートン 1-1 リヴァプール 65,729 8 1938年10月1日 エヴァートン 2–1 リヴァプール 64,977 9 1968年2月3日 エヴァートン 1–0 リヴァプール 64,482 10年間平均観客数 期間エヴァートンホームゲーム平均リヴァプールホームゲーム平均201039,592 44,677 200009 40,020 44,360 199099 39,107 41,823 198089 49,529 45,240 197079 55,502 54,168 196269 64,606 53,805 194651 63,529 50,697 193139 49,444 45,423 191930 51,590 50,694 1905–15 41,600 37,600 1894–1904 39,888 28,444

※この「観客数」の解説は、「マージーサイド・ダービー」の解説の一部です。
「観客数」を含む「マージーサイド・ダービー」の記事については、「マージーサイド・ダービー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「観客数」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「観客数」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

観客数のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



観客数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋 (改訂履歴)、マージーサイド・ダービー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS