バスツアーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > バスツアーの意味・解説 

バスツアー


バス‐ツアー【bus tour】

読み方:ばすつあー

バス移動する旅。「日帰り—」


バスツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:15 UTC 版)

マチ★アソビ」の記事における「バスツアー」の解説

つきねこエイチ・アイ・エスタイアップしたバスツアーが行われる予定だった。往路では、つきねこ出演している声優同乗。「東京国際アニメフェア2010」のufotableブース受付開始された。

※この「バスツアー」の解説は、「マチ★アソビ」の解説の一部です。
「バスツアー」を含む「マチ★アソビ」の記事については、「マチ★アソビ」の概要を参照ください。


バスツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 06:02 UTC 版)

三石琴乃のエーベルナイツ」の記事における「バスツアー」の解説

放送150回を記念し1999年8月19日実施された。ゲスト平松晶子

※この「バスツアー」の解説は、「三石琴乃のエーベルナイツ」の解説の一部です。
「バスツアー」を含む「三石琴乃のエーベルナイツ」の記事については、「三石琴乃のエーベルナイツ」の概要を参照ください。


バスツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 16:23 UTC 版)

遠藤理のボン・ディマンシュ」の記事における「バスツアー」の解説

これとは別に番組ではバスツアーというのがあった。 最初2000年4月1日土曜日シャトーカミヤお花見バスツアーを行ったのが最初である。この模様は、翌2日のボン・ディマンシュ内の15時から1時間程度ダイジェスト版放送された。その後、ポケベルダービーの曲待ちメッセージの最中にも、「抽選で落ちた人や、当日仕事行けなかった人たち為にもう一度やってほしい」などのメールFAX多数あったため、翌年4月にも第2弾行った後に2001年12月22日から翌23日にかけて裏磐梯グランデコでのスキーツアー始まり毎年恒例となった当初は1日目夜にはスペシャルパーティー、ツアー参加者全員ラジオドラマ出演する劇団ボンディマンシュというのがあった。2日目には現地からボンディマンシュの生放送があった。 しかし、年末抽選漏れた人が続出したため、急遽2002年3月2度目スキーツアー実施した。(このときはラジオドラマ現地からの生放送はなし) なお、12月スキーツアーでの劇団ボンディマンシュ、現地からの生放送2002年最後に廃止され2003年以降遠藤中嶋2日目朝まで現地にいて、そこからスタッフ車で水戸午前中のうちに戻ってきて通常通り番組放送という形になった2005年3月のときは、当初芦川愛子当時茨城放送アナウンサー)も参加予定であったが、風邪の為参加できず、翌月急遽芦川主催スキーツアー実施した。 なお、スキーツアー応募倍率12月3月開催とも定員2倍以上の応募がある。厳選抽選結果当選者および抽選漏れた応募者にも通知郵送された。 番組終了した2006年以降はスキーツアー募集行っていない。

※この「バスツアー」の解説は、「遠藤理のボン・ディマンシュ」の解説の一部です。
「バスツアー」を含む「遠藤理のボン・ディマンシュ」の記事については、「遠藤理のボン・ディマンシュ」の概要を参照ください。


バスツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:49 UTC 版)

長崎自動車」の記事における「バスツアー」の解説

長崎市内や雲仙温泉へのツアー中心に九州各地へのバスツアーを運営している。また、長崎バスさいかい交通一般路線バス便乗して移動し長崎市周辺の観光地への日帰り旅行を行うツアー企画されている。

※この「バスツアー」の解説は、「長崎自動車」の解説の一部です。
「バスツアー」を含む「長崎自動車」の記事については、「長崎自動車」の概要を参照ください。


バスツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 19:10 UTC 版)

京都京阪バス」の記事における「バスツアー」の解説

旧・京阪宇治交通時代末期1990年代中期よりバスツアーを積極的に開催し、旧・京阪宇治交サービス時代より旅うららと言うツアー名で、主に宇治市より概ね200km以内の場所を中心に催行している。時折東京ディズニーリゾート鉄道博物館への遠距離中には宿泊を伴うものもある)ツアー開催される。 なお過去には、宇治より山形県月山)や群馬県尾瀬)までのハイキングツアーや、長崎県ハウステンボスへのツアー開催されていた(尾瀬複数回実施している)。2008年にはスルッとKANSAIバスまつりへのツアー実施した。 ハイキングツアーは一部ツアー除き、「遊々ハイキング」と称し、このツアーは旧・京阪宇治交サービスおよび旧・京阪宇治交通山岳部共同で企画していた(分社化前は旧・京阪宇治交通山岳部単独企画)。旧・京阪宇治交通時代1998年より、旧・京阪宇治交サービス時代2002年まで頻繁に行っていたが、翌2003年実施する分社化準備の関係や貸切車両減少当時親会社であった京阪宇治交通同社との事情もあり中止された。ただし「遊々ハイキング」と称さないハイキングツアーは、現在でもごく稀に開催されていることもある。 「遊々ハイキング」は旧・京阪宇治交サービス時代終了したが、本項では京阪宇治バス記事内に包括して記述する。また一部公式配布物に於いて遊遊ハイキング」との誤字もある。 その他の定番コースには「西国三十三箇所巡り」などがある。

※この「バスツアー」の解説は、「京都京阪バス」の解説の一部です。
「バスツアー」を含む「京都京阪バス」の記事については、「京都京阪バス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「バスツアー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「バスツアー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

バスツアーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バスツアーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマチ★アソビ (改訂履歴)、三石琴乃のエーベルナイツ (改訂履歴)、遠藤理のボン・ディマンシュ (改訂履歴)、長崎自動車 (改訂履歴)、京都京阪バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS