NBとは? わかりやすく解説

ナノバクテリア

英語:nanobacteriumnanobacteria、NB、nanobacteria-like particlesNLPscalcifying nanoparticlesCNPs

生体内存在する石灰質を含む微粒子のこと。ナノバクテリアが生物無生物かは長らく論争となってきたが、2013年現在生物ではなく炭酸アパタイト微結晶であるという説が有力である。

ナノバクテリアの名称は、1977年発見当初、この粒子極小バクテリア細菌)の一種だと考えられたことに由来する。のちに、ナノバクテリアが真のバクテリアであることは否定され2008年にはナノバクテリアは炭酸アパタイト結晶であるとして、微生物説を否定する論文発表されたが、その後もナノバクテリア微生物説を支持する研究者少なくなかった

ナノバクテリア微生物説の根拠の一つに、ナノバクテリアが自己増殖行っているように見えることが挙げられた。2013年9月岡山大学研究グループは、電子顕微鏡免疫学的手法など用いてナノバクテリアの生成メカニズム明らかにし、増殖に見える現象は、実際には結晶化進行であるとした。また、ナノバクテリアが悪性腫瘍動脈瘤腎臓結石などから発見されていることからそれらの疾患原因になるという説もあったが、岡山大学研究グループは、ナノバクテリアは疾患による炎症に伴って生じた副産物であるという説を提唱した

関連サイト
Ectopic calcification: importance of common nanoparticle scaffolds containing oxidized acidic lipids - Nanomedicine

エヌ‐ビー【NB】

読み方:えぬびー

national brand》⇒ナショナルブランド


エヌ‐ビー【NB】

読み方:えぬびー

《(ラテン)nota bene》よく注意せよ、の意。


物質名
ニオブ
英語名
Niobium
元素記号
Nb
原子番号
41
分子量
92.90638
発見
1801年
原子半径(Å)
1.43
密度(g/cm3
8.56
比熱(cal/g ℃)
0.065
イオン化エネルギー(eV)
6.88
電子親和力(eV)
1


NB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/21 00:42 UTC 版)

NB, Nb, nb




「NB」の続きの解説一覧

NB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/28 14:45 UTC 版)

マツダ・Nプラットフォーム」の記事における「NB」の解説

NBは、NA機構に非常に近いプラットフォームである。変更点は、ハーネス配線新世代マツダ・Bエンジンの搭載応に因るものが大半である。 1998-2005 マツダ・ロードスターロードスター) 1998-2005 Mazda MX-5ロードスター) 1998-2005 Mazda Miata(ロードスター

※この「NB」の解説は、「マツダ・Nプラットフォーム」の解説の一部です。
「NB」を含む「マツダ・Nプラットフォーム」の記事については、「マツダ・Nプラットフォーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「NB」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「NB」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



NBと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「NB」に関係したコラム

  • FXのボリンジャーバンドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のボリンジャーバンド(略称、ボリバン)とは、現在の為替レートが高値圏にあるか安値圏にあるかを判断するためのテクニカル指標です。また、ボリンジャーバンドはトレンドの転換点を見つ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

NBのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NBのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNB (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマツダ・Nプラットフォーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS