電気めっきとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 電気めっきの意味・解説 

電気めっき

英語 electroplatingplating

被覆ようとする金属の塩を含む溶液中に対象金属浸漬し、被覆金属アノードにしてカソード電流を流す。この手法では電解組成温度電流密度通電時間などにより、めっき厚さ光沢硬度加工性など制御できる。しかし、金属表面清浄さが密着性を大きく左右し、また無孔性で均一厚さのめっき層を得るには、それなりの技術的工夫が必要である。

電気めっき

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

電解めっき(電気めっき)

湿式めっきのうち、電流によって金属イオンを処理物に固着させ、金属被膜生成する方法電解電気)めっきという。
  電解めっきでは、金属が溶けてイオン化している水溶液(めっき浴)中に陰極(-)として処理物を、陽極(+)としてめっきと同一金属それぞれ浸し、両極間に電流を流す。これによりめっき浴中の金属イオン陰極へと移動し、処理物表面電子交換して元の金属還元析出しめっき層を生成する。電気めっきでは電流流れ時間によって還元される金属原子の量が変わるため、処理時間長くすることによって厚い被膜生成できる特徴がある。
  電解めっきは、多く純金属のめっき方法として使われるが、めっき層に高度な性能あるいは特殊な機能与えるために、合金めっきや金属中に非金属物質分散させた複合めっきも行われることがある
  電解めっきは装飾防錆のほか耐摩耗性電気特性の向上を目的に、ニッケルめっきクロムめっき銅めっき亜鉛めっき貴金属めっきなど広く行われている。また最近では、電子回路はんだ付け工程として、はんだ(Sn-Pb合金)めっきも一般化している。

電解めっき

適している分野・使用事例

ニッケルめっきクロムめっき銅めっき亜鉛めっき、はんだめっき。

用語解説

金属イオン
原子において、原子核の全正電荷数と電子の全負電荷数とが同じでないものをイオンという。金属の結合力は金属イオン電子共有することにより発生する。(金属結合
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

電気めっき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/21 04:48 UTC 版)

電気めっき(electroplating)は電流を使うめっき法で、めっきしたい物質を含む溶液溶融塩、または、固体電解質からその物質を還元させ、電導性のある物体にその物質(金属など)の薄い層を形成させる。電気めっきは、めっき対象の物体に欠けている特性(耐摩耗性、耐腐食性、潤滑性、見栄えなど)を補うことができる。また、小さすぎる物体の厚さを増加させる目的で行うこともある。


  1. ^ Dufour, IX-1.
  2. ^ a b Dufour, IX-2.
  3. ^ a b Dufour, IX-3.
  4. ^ Degarmo, E. Paul; Black, J. T.; Kohser, Ronald A. (2003), Materials and Processes in Manufacturing (9th ed.), Wiley, p. 794, ISBN 0-471-65653-4 .
  5. ^ Todd, pp. 454–458.
  6. ^ Stelter, M. (2004年). “Process Optimization in Copper Electrorefining”. Advanced Engineering Materials 6: 558. doi:10.1002/adem.200400403. 
  7. ^ Richard Feynman, Surely You're Joking, Mr. Feynman! (1985), in chap. 6: "The Chief Research Chemist of the Metaplast Corporation"


「電気めっき」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電気めっき」の関連用語

電気めっきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電気めっきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2018 TECH PLAZA
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気めっき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS