デビルマンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > デビルマンの意味・解説 

デビルマン

原題:
製作国:日本
製作年:2004
配給:東映
スタッフ
監督:那須博之 ナスヒロユキ
製作:泊懋 トマリツトム
プロデューサー:冨永理生子 

松井俊之 マツイトシユキ

北崎 
原作:永井豪 ナガイゴウ
脚色:那須真知子 ナスマチコ
企画:遠藤茂行 エンドウシゲユキ

森下孝三 モリシタコウゾウ

石井徹 イシイトオル

木村純一 キムラジュンイチ

竹内淳 タケウチアツシ
撮影:さのてつろう サノテツロウ
キャラクター・デザイン:衣谷遊 イタニユウ
特殊メイク:中田彰輝 
音楽:安川午朗 ヤスカワゴロウ
音楽プロデューサー:津島玄一 ツシマゲンイチ
美術:沖山真保 オキヤママホ

行信三 コウシンゾウ
編集:只野信也 タダノシンヤ
衣装(デザイン):森口誠治 モリグチセイジ
録音:湯脇房雄 
スクリプター:松隈理恵 
スチール:加藤義一 

奈良英雄 ナラヒデオ
音響効果:柴崎憲治 シバザキケンジ
その他:坂上順 サカガミスナオ

高橋浩 タカハシヒロシ

黒澤満 クロサワミツル

早河洋 ハヤカワヒロシ

東聡 アズマサトシ

馬場富雄 ババトミオ

馬場節子 ババセツコ

近藤誠二 コンドウセイジ

吉田順 ヨシダジュン

日達長夫 

杉山登 

渡辺伸吾 ワタナベシンゴ

佐藤大樹 サトウダイキ

生田篤 イクタアツシ

大田愛子 オオタアイコ

中村淳 ナカムラジュン

和田洋 ワダヒロシ

肥沼和男 コエヌマカズオ

深尾きよ美 フカオキヨミ

平野君 ヒラノキミ

高橋匡子 タカハシマサコ

芳賀真人 

高瀬尚一 タカセショウイチ

佛田洋 フツタヨウ

佛田洋 フツタヨウ

東映アニメーション トウエイアニメーション

根岸誠 ネギシマコト

宮原直樹 ミヤハラナオキ

宮原直樹 ミヤハラナオキ

野口光一 ノグチコウイチ

氷見武士 ヒミタケシ

高橋政千 タカハシマサカズ

高橋政千 タカハシマサカズ

寺田克也 

山末英嗣 ヤマスエエイジ

中田彰輝 

三木康次 ミキコウジ

小池達朗 コイケタツロウ

野口彰宏 ノグチアキヒロ

羽鳥博幸 ハトリヒロユキ

宇田川幸夫 ウダガワユキオ

高見沢利光 タカミザワトシミツ

hiro ヒロ

Chi Chang Cheng チー・チャン・チェン

小塚憲夫 コヅカノリオ

Ivan C イヴァン・シー

嶋義信 シマヨシノブ

松本光司 

道木伸隆 ミチキノブタカ

松岡勇二 マツオカユウジ

中根伸治 ナカネシンジ

三池敏夫 ミイケトシオ

松浦芳 マツウラヨシ

瀬下寛之 セシタヒロユキ

金子将久 カネコマサヒサ

井上正治 イノウエショウジ

中村創 ナカムラハジメ

行信三 コウシンゾウ

西川和宏 ニシカワカズヒロ

森田信廣 モリタノブヒロ

西川和宏 ニシカワカズヒロ

鈴木昶 

中山亨 ナカヤマリョウ
助監督:田村浩太朗 タムラコウタロウ
照明:杉田薫 スギタカオル

安藤和也 アンドウカズヤ
キャスト(役名
伊崎央登 イザキヒサト (不動明/デビルマン)
伊崎右典 イザキユウスケ (飛鳥了サタン
酒井彩名 サカイアヤナ (牧村美樹
渋谷飛鳥 シブヤアスカ (川本巳依子(ミーコ))
染谷将太 ソメヤショウタ (ススム)
宇崎竜童 ウザキリュウドウ (牧村啓介)
阿木燿子 アキヨウコ (牧村恵美
冨永愛 トミナガアイ (シレーヌ
仁科克基 ニシナカツキ (牛久雅夫)
ボブ・サップ ボブ・サップ (ニュースキャスターモリソン
金山一彦 カナヤマカズヒコ (青山
大沢樹生 オオサワミキオ (重森隆夫)
小倉一郎 オグライチロウ (ススムの父)
洞口依子 ドウグチヨリコ (ススムの母)
きたろう キタロウ (上田
本田博太郎 ホンダヒロタロウ (飛鳥教授
鳥肌実 トリハダミノル (佃)
モロ師岡 モロモロオカ (佃の同僚
有福正志 アリフクマサシ (佃の同僚
布川敏和 フカワトシカズ (中学校先生
今井雅之 イマイマサユキ (沼田
俊藤光利  (長田
船木誠勝 フナキマサカツ (ジンメン
KONISHIKI コニシキ (アジトデーモン
永井豪 ナガイゴウ (神父
小林幸子 コバヤシサチコ (隣家中年女
的場浩司 マトバコウジ
嶋田久作 シマダキュウサク
田中鈴之助 タナカスズノスケ (六平)
川久保拓司 カワクボタクジ (洋二)
中山貴将 ナカヤマ (ミノル
仲程仁美 ナカホドヒトミ (沙織
石川佳奈 イシカワカナ (由香)
森本ゆうこ モリモトユウコ (美穂
城春樹  (自警団
町田政則 マチダマサノリ (自警団
殺陣剛太 タテゴウタ (自警団
清水宏 シミズヒロシ (自警団
三和社長 ミワシャチョウ (自警団
越康広 コシヤスヒロ (特捜隊員
清水一哉 シミズカズヤ (デーモン特別捜査隊)
佐野元哉 サノモトヤ (デーモン特別捜査隊)
中原裕也 ナカハラユウヤ (デーモン特別捜査隊)
松本博之 マツモトヒロユキ (デーモン特別捜査隊)
入沢勝 イリサワマサル (デーモン特別捜査隊)
正岡邦夫 マサオカクニオ (デーモン特別捜査隊)
中川大輔 ナカガワダイスケ (デーモン特別捜査隊)
三和太 ミワフトシ (浮浪者襲撃人)
柴田将士 シバタマサシ (浮浪者襲撃人)
中村竜也 ナカムラタツヤ (浮浪者襲撃人)
ポイズン澤田JULIE ポイズンサワダジュリー (ゴス系の若男ゲームセンターデーモン))
サンダー サンダー (ゴス系の若男ゲームセンターデーモン))
大山リエ オオヤマリエ (P.C.教室先生
石橋敦 イシバシアツシ (若いカップル
飯田まさと イイダマサト (浮浪者
石川眞吾 イシカワシンゴ (亀と遊ぶ子供
並樹史朗 ナミキシロウ
解説
永井豪原作人気漫画実写映画化、デビルマンとデーモン族の戦いを、CG技術駆使して描いたモンスター・バトル・アクション。監督は「ピンチランナー」の那須博之脚色は「実録外伝 武闘派黒社会」の那須真知子撮影を「マナに抱かれて」のさのてつろう担当している。主演は、映画初出演となる人気ユニットFLAME”の伊崎登。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
4年前に両親事故亡くし、クラスメイト美樹の家に引き取られた高校生不動明ある日無二の親友である了の父・飛鳥博士研究中に誤って覚醒させてしまった邪悪生命体デーモン”に体を乗っ取られながらも、完全に支配された了とは違い人間の心を残した“デビルマン”となった彼は、それを運命として受け入れ人類殲滅画策するデーモン族と戦うことを決意する。だが、人間社会入り込み増殖続けデーモン恐れ人間たちは、デーモン狩り決行疑わしい者を次々処刑し、やがてそれは国家間の戦争にまで発展することとなり、図らずも滅びの道を自ら歩み出すのであった。そんな中、明と同じくデーモンに体を侵されながらも人間の心を失わない美樹友人ミーコと、彼女がデーモン化した両親から救い出し少年・ススムを、美樹一家が匿ったことから、彼らもまたデーモンではないかと疑われ殺されてしまう。最愛の人たちを失い、怒り悲しみ苛まれる明=デビルマンは、デーモン族を潰滅すべく、実はデーモン族の中心的存在であった了=サタン壮絶戦いの末――、共に倒れるのであった。戦い一夜明けた。崩壊した世界一角生き延びミーコとススムは新たな世界の創造を心に誓う。

デビルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 02:57 UTC 版)

デビルマン』は、永井豪により1972年から1973年にかけて製作された日本漫画作品、およびこれと同時期に制作・放送されたTVアニメ




  1. ^ このあたりの事情については永井の自伝漫画である『激マン!』にて詳しく描かれている。
  2. ^ ただし「愛が成就した明と了を、天使が祝福にきたのですね」という、永井の全く意図しない内容のファンレターが送られてきたこともあったという。
  3. ^ 学園で蜘蛛のデーモンとして明に挑戦するシーンがあったが悪魔ラズパに変更、サタンの意志を部下に伝えるシーンで登場していたが、その後の加筆にともなうページ削除によって姿を消されている。
  4. ^ 2016年10月29日現在、東映アニメーションのHPでは「美樹」ではなく「ミキ」。
  5. ^ CDでは「デビルマンのうた」。
  6. ^ CDでは「今日もどこかでデビルマン」。
  7. ^ 第9話の脚本はDVDの解説では高久進が執筆
  8. ^ セリフでは「ウッドドゥ」
  9. ^ 26分版で放送。
  10. ^ サウンドトラックのアナログ盤のみ未収録。
  1. ^ 『激マン! デビルマンの章』第1話(単行本第1巻収録)
  2. ^ 『スキゾ・エヴァンゲリオン』(ISBN 4-87233-315-2
  3. ^ “来年は永井豪祭?今度は「デビルマン」が映画化!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2003年11月4日). http://eiga.com/news/20031104/11/ 2019年9月23日閲覧。 
  4. ^ 『デビルマン』2点(100点満点中)”. 超映画批評. 2019年9月23日閲覧。
  5. ^ 『改訂版デビルマン 1』(2012年4月6日第1刷発行、講談社)P326-327
  6. ^ “デビルマン-THE FIRST- 1”. 小学館コミックス (小学館). (2017年11月). https://www.shogakukan.co.jp/books/77803315 2017年11月24日閲覧。 
  7. ^ “永井豪の画業50周年、BCに“ダイナミック”なイラストやお祝いコメント掲載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年10月10日). http://natalie.mu/comic/news/252120 2017年11月22日閲覧。 
  8. ^ 赤星政尚・たるかす・早川優・山本元樹・原口正宏「第1章 あの名作は実はこうして始まった 5|『デビルマン』に漂う三つの毒気とは?」『懐かしのTVアニメベストエピソード99〈東映動画編〉』二見書房、1995年10月25日、ISBN 4-576-95158-0、27-29頁。
  9. ^ 放映当時の「テレビマガジン」より。
  10. ^ キー局では再放送が初放送となった。
  11. ^ 『河北新報』1972年7月8日 - 1973年3月31日付朝刊、テレビ欄。
  12. ^ 『河北新報』1972年10月5日 - 1973年6月21日付朝刊、テレビ欄。
  13. ^ 『河北新報』1973年2月15日 - 8月29日付朝刊、テレビ欄。
  14. ^ 『河北新報』1972年8月15日 - 1973年5月1日付朝刊、テレビ欄。
  15. ^ 『河北新報』1972年8月5日 - 1973年4月7日付朝刊、テレビ欄。
  16. ^ 『福島民報』1974年7月1日 - 1974年8月25日付朝刊、テレビ欄。最終回は8月26日放送であるが、26日は新聞休刊日。
  17. ^ 『富山新聞』1973年6月6日付、テレビ欄。
  18. ^ 『北國新聞』1973年5月14日 - 5月17日付朝刊、テレビ欄。
  19. ^ 『北國新聞』1976年9月7日付朝刊、テレビ欄。
  20. ^ 朝日新聞名古屋本社夕刊 テレビ欄
  21. ^ 1973年3月31日 読売新聞大阪本社 岡山版朝刊 テレビ欄
  22. ^ 1976年11月16日、読売新聞大阪本社朝刊 テレビ欄。この時点では平日8:00 - 8:30に放送
  23. ^ a b c 1972年7月8日 朝日新聞西部本社夕刊 テレビ欄
  24. ^ 「永井豪インタビュー」『B-CLUB』Vol.143、1997年、p.19
  25. ^ “湯浅政明監督の手で『デビルマン』がアニメ化! 今まで一度も実現していなかった原作漫画の結末までをアニメーションで描く!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年3月16日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1489572609 2017年3月16日閲覧。 
  26. ^ 『スーパーロボット大戦DD』がスマートフォン向けに2019年に配信決定! オリジナルのロボットやパイロットも登場”. ファミ通.com (2018年11月19日). 2018年11月19日閲覧。





固有名詞の分類

映画作品 乱気流 タービュランス  禁断の青い肉体  デビルマン  ノーパンツ・ガールズ  カービン銃第1号
日本の漫画作品一覧 NAGI  ストレートガール  デビルマン  ハッピィ★ボーイズ  陰陽師
プレイステーション用ソフト タイムクライシス プロジェクトタイタン  A列車で行こうシリーズ  デビルマン  アルナムの翼 焼塵の空の彼方へ  サイレントボマー
OVA 機動戦士ガンダム MS IGLOO  いちご100%  デビルマン  手天童子  幽幻怪社
ファミリーコンピュータ用ソフト A列車で行こうシリーズ  中華大仙  デビルマン  ロックマン2 Dr.ワイリーの謎  ゴリラーマン
パチスロ機種 爆裂王7  リオパラダイス  デビルマン  スーパーバニーガール  ニューパルサー3
漫画作品 て Dear  掌にダイヤモンド  デビルマン  天正やおよろず  てんぎゃん -南方熊楠伝-
テレビ朝日系アニメ 空手バカ一代  新メイプルタウン物語 パームタウン編  デビルマン  神風怪盗ジャンヌ  Mr.ペンペン
アニメ作品 て デジガールPOP!  天国から来たわんちゃん  デビルマン  DTエイトロン  低燃費少女ハイジ
1972年のテレビアニメ マジンガーZ  ど根性ガエル  デビルマン  樫の木モック  ドラドラ子猫とチャカチャカ娘

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デビルマン」の関連用語

デビルマンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



デビルマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデビルマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS