獣神サンダー・ライガーとは?

獣神サンダーライガー

以下の映画獣神サンダーライガー関連しています。


獣神サンダー・ライガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/24 03:03 UTC 版)

獣神サンダー・ライガー(じゅうしんサンダー・ライガー、Jushin Thunder Liger1964年11月10日 - )は、日本の元プロレスラー。覆面レスラーであり、引退後もプロレス解説者、タレントとして覆面をかぶり続けている。最終所属は新日本プロレス。その正体は山田 恵一(やまだ けいいち、1964年11月10日 - 11月30日生まれは間違い)であるが[2][3]週刊プロレスの選手名鑑では非公開となっている。出身地は永井豪宅もしくは広島県広島市[1]。通称は「世界の獣神」。血液型AB型。




  1. ^ a b よみうりテレビカミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』2009年10月29日放送分にて広島県広島市出身として出演している。
  2. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P144(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ Jushin Thunder Liger”. Wrestlingdata.com. 2017年1月25日閲覧。
  4. ^ a b 「獣神サンダーライガー あすなろ戦士の尖りまくり青春記」(『G SPIRITS vol.30』辰巳出版、2013年、ISBN 9784777812660)P32
  5. ^ 永井豪 『永井豪のヴィンテージ漫画館』 河出文庫 2015年、148-149頁、154頁。なお初単行本化は1998年12月で、連載期間は1995年-1998年。
  6. ^ The WCW matches fought by Jushin Thunder Liger in 1992”. Wrestlingdata.com. 2017年1月25日閲覧。
  7. ^ WCW at Greenville: Sunday, 1992/12/27”. Wrestlingdata.com. 2017年1月25日閲覧。
  8. ^ ライガー選手が第7代オープン・ザ・ドリームゲート王者に輝く!/3月25日DRAGON GATE津大会試合結果”. 新日本プロレス公式サイト. 2007年3月26日閲覧。
  9. ^ ライガーがドリームゲート初防衛に成功! 次期挑戦者にCIMAが名乗り出る/4月17日DRAGON GATE後楽園大会試合結果”. 新日本プロレス公式サイト. 2007年4月17日閲覧。
  10. ^ ライガーとCIMAが約7年ぶりにシングルで激突!/7月1日「DRAGON GATE」試合結果(4)”. 新日本プロレス公式サイト. 2007年7月2日閲覧。
  11. ^ C.T.Uが衝撃の“解散”発表!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2007年6月26日閲覧。
  12. ^ 第4試合|02/17(日) 17:00 東京・両国国技館|Circuit2008 NEW JAPAN ISM in 両国”. 新日本プロレス公式サイト. 2008年2月17日閲覧。
  13. ^ 第4試合|04/13(日) 18:30 東京・後楽園ホール|Circuit2008 NEW JAPAN BRAVE”. 新日本プロレス公式サイト. 2008年4月13日閲覧。
  14. ^ 第6試合|07/21(月) 16:00 北海道・月寒アルファコートドーム|Circuit2008 NEW JAPAN SOUL ~NOVELLO SPARKS~”. 新日本プロレス公式サイト. 2008年7月21日閲覧。
  15. ^ 第2試合|01/04(日) 16:00 東京・東京ドーム|フィールズPresents レッスルキングダムIII in 東京ドーム”. 新日本プロレス公式サイト. 2009年1月4日閲覧。
  16. ^ 第4試合|02/15(日) 17:00 東京・両国国技館|Circuit2009 NEW JAPAN ISM”. 新日本プロレス公式サイト. 2009年2月15日閲覧。
  17. ^ 第3試合|05/03(月) 15:00 福岡・福岡国際センター|レスリングどんたく2010”. 新日本プロレス公式サイト. 2010年5月3日閲覧。
  18. ^ 快挙!! ライガーがソンブラを破り、CMLL版『G1』“第2代カンペオン・ウニベルサル”王者に!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2010年8月16日閲覧。
  19. ^ アメリカ遠征中のライガー、6WAYマッチでオメガと共闘!? JAPWライトヘビー級王座を電撃奪取!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2010年12月11日閲覧。
  20. ^ 第5試合|08/27(土) 16:00 東京・日本武道館|東日本大震災復興支援チャリティープロレス 「ALL TOGETHER」”. 新日本プロレス公式サイト. 2011年8月27日閲覧。
  21. ^ ライガーがCMLL世界ミドル級王座から陥落! 新王者はドラゴン・ロホ・ジュニア!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2011年11月21日閲覧。
  22. ^ 第6試合|06/10(日) 18:30 東京・後楽園ホール 優勝決定戦~|NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX ~The door to the glory~”. 新日本プロレス公式サイト. 2012年6月10日閲覧。
  23. ^ 第3試合|06/16(土) 18:00 大阪・大阪府立体育会館~BODY MAKER コロシアム~|DOMINION 6.16”. 新日本プロレス公式サイト. 2012年6月16日閲覧。
  24. ^ 第3試合|07/22(日) 16:00 山形・山形市総合スポーツセンター|NJPW 40th anniversary Tour KIZUNA ROAD”. 新日本プロレス公式サイト. 2012年7月22日閲覧。
  25. ^ 第6試合|07/05(金) 18:30 東京・後楽園ホール|吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013”. 新日本プロレス公式サイト. 2013年7月5日閲覧。
  26. ^ ライガー&タイガーがノアのJr.タッグリーグに“無敗”で優勝!! GHCJr.タッグ王座も獲得し、宣戦布告!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2013年7月29日閲覧。
  27. ^ 第6試合|09/14(土) 18:30 東京・後楽園ホール|Road to DESTRUCTION”. 新日本プロレス公式サイト. 2013年9月14日閲覧。
  28. ^ 永田、KENTAとGHC戦で壮絶打撃戦も奪取ならず!! ライガー&タイガーはまさかの逆転負けで王座陥落!!(ノア有明大会結果)”. 新日本プロレス公式サイト. 2013年12月7日閲覧。
  29. ^ 第2試合|10/13(月) 16:00 東京・両国国技館|KING OF PRO-WRESTLING”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年10月13日閲覧。
  30. ^ 第3試合|11/08(土) 17:00 大阪・大阪府立体育会館~BODY MAKER コロシアム~|POWER STRUGGLE”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年11月8日閲覧。
  31. ^ 第2試合|12/19(金) 18:30 東京・後楽園ホール|Road to TOKYO DOME”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年12月19日閲覧。
  32. ^ 第4試合|01/05(月) 18:30 東京・後楽園ホール|NEW YEAR DASH !!”. 新日本プロレス公式サイト. 2015年1月5日閲覧。
  33. ^ 第4試合|02/14(土) 18:00 宮城・仙台サンプラザホール|THE NEW BEGINNING in SENDAI”. 新日本プロレス公式サイト. 2015年2月14日閲覧。
  34. ^ 第5試合|03/22(日) 16:00 兵庫・ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園総合体育館)|Road to INVASION ATTACK 2015”. 新日本プロレス公式サイト. 2015年3月22日閲覧。
  35. ^ 4.13ラスベガスにて、ライガーがNWA世界ジュニア王座から陥落…! “新王者”スティーブ・アンソニーと4.29『レスリング火の国』で再激突!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2015年4月14日閲覧。
  36. ^ 第4試合|04/29(水) 17:00 熊本・グランメッセ熊本|レスリング火の国”. 新日本プロレス公式サイト. 2015年4月29日閲覧。
  37. ^ NXT TakeOver: Brooklyn”. Wrestlinginc.com. 2015年7月16日閲覧。
  38. ^ NXT TakeOver: Brooklyn Results, August 22, 2015”. WWE.com. 2015年8月22日閲覧。
  39. ^ ライガー見届けた永井豪さんポロリ「山田選手が…」 日刊スポーツ 2020年1月5日21時38分(2020年1月6日閲覧)
  40. ^ Jushin “Thunder” Liger to be inducted into WWE Hall of Fame Class of 2020”. WWE.com. 2020年3月17日閲覧。
  41. ^ a b 闘魂燃え尽きそうな寮 - 大改造!!劇的ビフォーアフター
  42. ^ 福岡在住の獣神サンダー・ライガーに独占インタビュー! - Walker+・2015年10月23日
  43. ^ ライガー☆一家迫り来る!自宅公開!中西驚愕&田中悶絶ビックリ福岡大作戦ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ☆中西ランド#119-1
  44. ^ 探検バクモン「プロレス 愛してます!」2015年9月30日放送
  45. ^ 例として『クイズ☆タレント名鑑』『テベ・コンヒーロ』『クイズ☆アナタの記憶』『クイズ☆正解は一年後』『オールスター後夜祭』など。
  46. ^ 『極上空間(第442回、BS朝日、2019年11月2日放送)
  47. ^ 燃えろ!新日本プロレスvol.54「新日事件簿番外編II こんな驚愕ありえねぇ!遺恨サプライズ!!」
  48. ^ 「ナイフ」のやりとりは、後述する2019年の鈴木みのる戦前後でも用いられた。
  49. ^ 闘魂V3 vol.5の解説にて。
  50. ^ 対戦相手は本来は佐々木健介の予定であったが、健介の負傷と新日本フロント陣との対立により不可能(その後、健介は新日本プロレスを退団。)となった所に、ライガーが強烈に対戦をアピールして実現に至った。
  51. ^ 闘魂烈伝Vスペシャルの「長州力vs獣神サンダー・ライガー」戦より
  52. ^ 獣神サンダー・ライガーが断言、女性警官への「ロメロ・スペシャル」は「完全にセクハラ」 報知新聞(2017年1月28日)
  53. ^ 「ライガー、oz VS ノートン、ヒロ斎藤」戦の試合序盤でライガーがヒロとの試合中にバク転をした後、解説でのやりとりで言っている。
  54. ^ ただし作中でフェニックススプラッシュを使うキャラがいるがそれとは入り方が逆方向である。
  55. ^ ライガー思い出の一戦は「同期の佐野直喜さんです」”. 日刊スポーツ. 2019年12月10日閲覧。
  56. ^ ライガー引退試合の相手発表 新日本1・5東京D”. 日刊スポーツ. 2019年12月10日閲覧。
  57. ^ この当時のリングネームは佐野巧真と名乗っていたが、この2連戦のみ本名且つ新日本時代のリングネーム佐野直喜として東京ドームのリングに上がった。
  58. ^ 佐野巧真が引退 同期ライガー引退試合参戦から2日”. 日刊スポーツ. 2020年1月12日閲覧。
  59. ^ “「プロレス」×「仮面ライダー」の夢のコラボが実現!意外な共通点も?” (日本語). AbemaTIMES. https://abematimes.com/posts/4743529 2018年8月16日閲覧。 
  60. ^ 『レンタル救世主』“まいんちゃん”福原遥の「お下品シーン」に、ファン衝撃!?”. 日刊大衆 (2016年11月20日). 2016年12月15日閲覧。
  61. ^ 「JUSHIN」をダブルクオーテーションで囲むかどうかが大きな違いである。


「獣神サンダー・ライガー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「獣神サンダー・ライガー」の関連用語

獣神サンダー・ライガーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



獣神サンダー・ライガーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの獣神サンダー・ライガー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS