ファミ通とは? わかりやすく解説

ファミ通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 12:34 UTC 版)

ファミ通』(ファミつう)は、KADOKAWA Game Linkage発行する日本家庭用ゲーム雑誌。発売はKADOKAWA。かつてはアスキー(創刊から2000年3月まで)、エンターブレイン(2000年4月から2013年9月まで)、KADOKAWA(2013年10月から2015年3月まで)、カドカワ(2015年4月から2017年6月まで)が発行していた。かつての誌名は『ファミコン通信』。『週刊ファミ通』は毎週木曜日に発行、派生雑誌は月刊、隔月、季刊、不定期刊で発行。2019年時点での公称発行部数は20万部(2007年は50万部)。


  1. ^ iOS版での正式サービス開始は11月1日より。10月31日まではライトノベル・コミック館での配信だった。
  2. ^ 配信直前に夏川の関係スタッフの新型コロナウイルスへの感染判明および医療機関との相談により、夏川が濃厚接触者に該当し、自宅待機が必要となったことによる出演見合わせのため[16]、急遽代役として出演[17]
  3. ^ スケジュールの都合により欠席となった夏川の代役として出演[18]



ファミ通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 01:53 UTC 版)

MOTHER3」の記事における「ファミ通」の解説

ファミ通クロスレビューでは10、8、8、935点でプラチナ殿堂入りレビュアー序盤から引き込まれ中盤までの一気進み後半になってダレない展開や細部までこだわりが感じ暖かみのある独特の文章物語ウィットに富んで細やかな演出から生み出される独特の世界素朴な絵柄よくあるシステム気にならなければ楽しめるとした他、BGM賞賛戦闘コンボについてはつかみにくさがあるとした者と作業プレイならない工夫いいとした者で分かれた

※この「ファミ通」の解説は、「MOTHER3」の解説の一部です。
「ファミ通」を含む「MOTHER3」の記事については、「MOTHER3」の概要を参照ください。


ファミ通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 03:01 UTC 版)

スタパ齋藤」の記事における「ファミ通」の解説

ファミコン通信』の投稿コーナーゲーム帝国』の編集協力していた。 アーケードゲーム紹介コーナービーム通信の中の1ページで『ヘボナイス新聞』というコーナー作り、「ニセ毛利」というペンネーム病的にハイテンションコラム連載していたこともある。さらにはコーナーで、『ゲームセンターあらし』のパロディ4コマギャグ漫画ゲームセンターいがらし』も連載雑誌EYE-COM』および後続の『週刊アスキー』の唐沢なをき連載漫画電脳なをさん』にて不定期に掲載されていた同名漫画とは別)。作者は「作:打無、画:原田哲夫となっているが、齋藤偽名。『ゲームセンターいがらし』は現在、著書よりぬきスタパさん』で一部読むこと出来る。なお連載時元ネタである『ゲームセンターあらし』の作者すがやみつる担当編集者許可取ろうとしたがすがやに「パロディなら許可な求めないください」と叱咤されている。なお、実質著者齋藤はこのことを連載終了後まで知らなかったアーケードレトロゲーム紹介するコーナーの『アーケードマニアックス』では、齋藤伸本名の方名義で協力参加していた。 『PCエンジン通信』の初期担当。 『RPGツクール』の愛好家でもあり、ガイドブック著者担当していた。

※この「ファミ通」の解説は、「スタパ齋藤」の解説の一部です。
「ファミ通」を含む「スタパ齋藤」の記事については、「スタパ齋藤」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ファミ通」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ファミ通のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ファミ通のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファミ通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMOTHER3 (改訂履歴)、スタパ齋藤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS