バーン・ガニアとは?

バーン・ガニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 04:58 UTC 版)

バーン・ガニアVerne Gagne、本名:LaVerne Clarence Gagne1926年2月26日 - 2015年4月27日[1])は、アメリカ合衆国プロレスラーAWAのオーナー兼プロモーターとしても活躍し、AWAの帝王と呼ばれた。息子のグレッグ・ガニアもプロレスラーである。




  1. ^ a b c “Breaking News: wrestling legend, Observer first year Hall of Famer Verne Gagne passes away at 89”. Wrestling Observer Newsletter. (2015年4月28日). http://www.f4wonline.com/more/more-top-stories/123-other-wrestling/42279-breaking-news-wrestling-legend-observer-first-year-hall-of-famer-verne-gagne-passes-away-at-89 2015年4月28日閲覧。 
  2. ^ 1947 NFL Player Draft”. databasefootball.com. 2011年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月27日閲覧。
  3. ^ Wrestling Tragedy: Verne Gagne Linked to Death of Fellow Nursing Home Resident”. bleacherreport.com. 2011年1月27日閲覧。
  4. ^ a b AWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月30日閲覧。
  5. ^ American Wrestling Association”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月7日閲覧。
  6. ^ In re: Verne C. Gagne, Debtor.”. Wrestling Perspective. 2010年5月7日閲覧。
  7. ^ a b Royce, Graydon (2012年1月25日). “Verne Gagne returns to screen in 'The Wrestler'”. Star Tribune. http://www.startribune.com/entertainment/movies/138064638.html 


「バーン・ガニア」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

アメリカ合衆国のプロレスラー ダニー・ハボック  ジョン・レチャート  バーン・ガニア  アーン・アンダーソン  ロン・キリングス
全日本プロレスに参戦した外国人プロレスラー デイビーボーイ・スミス  イワン・コロフ  バーン・ガニア  ジム・ガービン  ポール・ダイヤモンド
プロレス・トレーナー ブラックマン  イワン・コロフ  バーン・ガニア  アーン・アンダーソン  栗栖正伸
アマチュアレスリング出身のプロレスラー 本橋裕子  杉浦貴  バーン・ガニア  佐藤綾子  井上貴子
WWE殿堂 アーノルド・スコーラン  ドリュー・キャリー  バーン・ガニア  ジミー・ハート  グレッグ・バレンタイン
国際プロレスに参戦した外国人プロレスラー バディ・ロバーツ  イワン・コロフ  バーン・ガニア  ジョニー・パワーズ  ジョー・ルダック
アメリカ合衆国のレスリング選手 マーク・ケアー  マーク・コールマン  バーン・ガニア  サラ・マクマン  ランディ・ミラー
シカゴ・ベアーズの選手 ブライアン・アーラッカー  ディック・バトカス  バーン・ガニア  ウェンデル・デービス  ウィリー・スローワー

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バーン・ガニア」の関連用語

バーン・ガニアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バーン・ガニアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバーン・ガニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS