柔術とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 柔術の意味・解説 

じゅう じゅつ じう- [1][0] 【柔術】

無手あるいは短い武器をもって投げる、抑える、挫(ひし)ぐ、絞める、打つ、突く、蹴る、捕縛するなどして相手格闘する、日本古来武術の一。やわら。
さまざまな格闘技要素盛り込み競技したものヨーロッパ統一ルールが作られた。一対一試合を行う格闘系と、二人一組みで攻撃防御の型を行う演武系がある。柔術競技

柔術

読み方:ジュウジュツ(juujutsu)

近世諸流をなした徒手格闘法の総称

別名 柔、和(やわら)


柔術

作者ラフカディオ・ハーン

収載図書対訳 小泉八雲作品
出版社恒文社
刊行年月1998.9


柔術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 02:23 UTC 版)

柔術(じゅうじゅつ)は、日本古武道を代表する徒手武術。徒手あるいは短い武器剣術抜刀術槍術捕手術捕縄術などを包括)による攻防の技法を中心とし、相手を殺傷せずに捕らえたり護身として身を護ることを重視する。これは、他国の武術と比較して大きな特徴である。このような技法は広く研究され、流派が多数存在した。近年ではブラジリアン柔術(Jiu-jitsu)がメディアに登場する機会が増えたため、単に「柔術」と言うと日本の柔術ではなく、柔道から派生したブラジリアン柔術を指す場合もある。また、このブラジリアン柔術の特徴によって、柔術=ブラジリアン柔術=寝技という適切でない認識になっていることもある。その他、国際的に柔術(Ju-jitsu)というとヨーロピアン柔術とも呼ばれるJJIF柔術[1]を指す場合も多い。


  1. ^ Ju-Jitsu International Federation (JJIF)(英語)
  2. ^ 『現代柔道論: 国際化時代の柔道を考える』 佐々木武人 大修館書店 1993年,P251
  3. ^ 乱捕活法柔術教科書』一頁(コマ番号9)
  4. ^ 日本古武道協会
  5. ^ ju-jitsu - 2018年アジア競技大会公式ページ
  6. ^ a b 松原隆一郎『武道を生きる』(NTT出版
  7. ^ a b c 増田俊也木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
  8. ^ 井上俊『武道の誕生』(吉川弘文館
  9. ^ 月刊武道』2006年7月号に経緯が掲載される。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柔術」の関連用語

柔術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



柔術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柔術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS