特攻とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 特攻の意味・解説 

とっ こう とく- [0] 【特攻】

特別攻撃」の略。 「 -機」 「 -作戦


特別攻撃隊

(特攻 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 23:36 UTC 版)

特別攻撃隊(とくべつこうげきたい)は、「特別に編成された攻撃部隊[1]。必死[2]あるいは決死の任務を行う部隊[3]。略称は「特攻隊」(とっこうたい)[4]。当記事では、攻撃自体を指す特別攻撃(とくべつこうげき)およびその略称の特攻(とっこう)についても述べる。




注釈

  1. ^ 「日本空軍」という語句は、Google Scholarでは約80件の学術資料で使われている[5]。一方で『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』では、「日本は第2次世界大戦まで独立した空軍はなく,陸海軍に航空隊として所属していた」と記載されている[6]
  2. ^ キスカ島に進出した甲標的隊は北方特有の厳しい天候により全く運用ができず、1943年7月29日のキスカ島撤退作戦の際に全艇が爆破された。
  3. ^ 大海機密第261917番電 1944年10月13日起案,26日発信「神風攻撃隊、発表ハ全軍ノ士気昂揚並ニ国民戦意ノ振作ニ重大ノ関係アル処。各隊攻撃実施ノ都度、純忠ノ至誠ニ報ヒ攻撃隊名ヲモ伴セ適当ノ時期ニ発表ノコトニ取計ヒタキ処、貴見至急承知致度」発信中沢佑、起案源田実。「一航艦同意シ来レル場合ノ発表時機其ノ他二関シテハ省部更二研究ノコトト致シ度」人事局主務者の意見[91][92]。「神風」の名前が既にあるため大西は出発前にすでに名前も打ち合せていたとも言われる。しかし、命名者の猪口力平は19日に提案したと証言している。最初の編成命令を起案した門司親徳によれば起案日は誤記で23日ではないかと話している[93][94]。電文の起案を担当した源田実はこの電文について日付は覚えていないが、神風特攻隊の名前はフィリピンに飛んだ際に大西から直接聞いたと証言している[95]。この電文を特攻や命名の指示と紹介する文献もあるが、現地で特攻の編成・命名が行われたのは20日であり、この電文が現地に発信されたのは26日であるため、この電文は特攻隊の編成や命名に影響を与えていない。また、連絡のためにこの電報を打ったのは軍令部であるが、案件である発表に関しては海軍省によるものである[96]
  4. ^ 航空隊司令の山本栄は搭乗していた零戦の不時着による骨折で入院中であった。
  5. ^ 大戦中にヨーロッパ戦線でアメリカ海軍がUボートにより喪失した駆逐艦はジェイコブ・ジョーンズ、バック、ブリストル、リアリィ、護衛駆逐艦レオポルド、フェクテラー、フィスク、フレデリック・C・デーヴィスの8隻。
  6. ^ 船が回頭する際の軸。前進中ならば船首から船の重心までの距離の約13にあたる
  7. ^ 工場生産における品質管理の思想が日本に入るのは戦後の朝鮮特需の時であり、この当時は量産品に関しては生産量優先で品質は全く考慮されていない。例としては層流翼を採用した紫電の完成機は、工作不良による左右の主翼揚力や主翼取付け角の不均衡により真っ直ぐ飛ばない機体の方が多かったと言われる。
  8. ^ うち1回は、1機のB-29の水平尾翼を自機のプロペラでかじり取った後、そのまま、そのB-29の背面に馬乗りになった状態で飛行し、そのB-29が失速して高度を下げ始めた直後に、体当たり時に損傷を受けた機体を巧みに操縦して東京郊外の農地に不時着した。終戦時は軍曹。
  9. ^ 一部の報道機関で九三式中間練習機が120機出撃したが、未帰還機不時着機が続出し、戦果も無かったとの報道がなされたが、九三式中間練習機で特攻出撃したのは「第3龍虎隊」のみであり、白菊を混同しているものと思われる。また練習機特攻は白菊も含めて戦果は挙がっており、事実誤認である[372]
  10. ^ 第3龍虎隊の隊員は台湾の龍虎飛行場で元々零戦搭乗員として訓練を受けていたが、零戦が枯渇したため、93式中間練習機で夜間爆撃訓練を受けていた精鋭であり、非常に操縦技術が高かった[373]角田和男少尉によれば、第3龍虎隊の内一部の搭乗員は、不時着による機体破損回数の多い搭乗員や、出撃時何らかの理由で途中引き返した回数の多い搭乗員が懲罰的に選ばれたという[374]
  11. ^ 特殊潜航艇と回天によるもの。
  12. ^ 震洋・マルレなどの特攻艇によるもの。
  13. ^ アメリカ本土に曳航されたが修理不能と判定され除籍されたか、戦後に行われた損傷艦艇の検査の際に、新造以上のコストがかかると判定され、海軍作戦部長命で廃艦指示された艦。
  14. ^ アメリカ海軍・イギリス軍・ソ連軍各1隻
  15. ^ 損失数は総数であり、特攻で撃墜された機数は不明
  16. ^ 護衛空母セント・ローは沈没時に113名戦死したが、その後に負傷が原因で30名が死亡。
  17. ^ 有効至近命中はアメリカ軍艦艇に損傷を与えたもののみ計上。
  18. ^ 合計が合わないが原資料のまま。
  19. ^ ブリタニカ百科事典の海戦項目の執筆やBBC制作『大戦』の総監修を務めるなど、イギリスにおける第二次世界大戦に関する軍事評論の第一人者だった。
  20. ^ アメリカ軍機の攻撃により着底したという説もあり。
  21. ^ 輸送・掃海等の用途特化型の駆逐艦を含む。
  22. ^ 夜間戦闘機型も含む。
  23. ^ 当時アメリカの一部では特攻隊員は機体に縛り付けられたり、薬やアルコールで判断力を失っていると信じられていた。
  24. ^ 兵→飛行兵曹長・下士官→少尉、士官→二階級
  25. ^ 関大尉の「国の為じゃなく新妻の為に特攻する」という本心は、小野田記者が聞いたもの
  26. ^ 『旧日本陸海軍の生態学』第十二章[683]。第十二章の初出は『軍事史学』第一六六巻第二号(二〇〇六年九月)[684]
  27. ^ 『旧日本陸海軍の生態学』第十章[685]。第十章の初出は『日本法学』第七十三巻第二号(二〇〇七年十二月)[684]
  28. ^ 死者が蘇ったゾンビではなく、間抜けとかのろまとかの蔑称。
  29. ^ 破損したスクリューを修理中に誤って水没させている。
  30. ^ 伊58潜は回天作戦中であったが、橋本艦長の判断により通常魚雷で攻撃し撃沈している。
  31. ^ タラーンとも、ロシア語で破城槌という意味。
  32. ^ この攻撃は玉音放送後の戦闘行動として、特攻扱いにはならず、また戦死扱いにもなっていない。

出典

  1. ^ a b 松村 2017, p. 「特別攻撃隊」.
  2. ^ 戦史叢書17 沖縄方面海軍作戦 702頁、戦史叢書36 沖縄・台湾・硫黄島方面陸軍航空作戦 305頁、世界大百科事典第二版 平凡社
  3. ^ 戦史叢書17 沖縄方面海軍作戦 702頁
  4. ^ a b c Britannica Japan Co., Ltd. 2017, p. 「特攻隊」.
  5. ^ Google 2019, p. 「日本空軍」.
  6. ^ Britannica Japan Co., Ltd. 2019, p. 「空軍」.
  7. ^ a b 国史大辞典編集委員会 2013, p. 570.
  8. ^ 戦史叢書17 沖縄方面海軍作戦 702頁、戦史叢書36 沖縄・台湾・硫黄島方面陸軍航空作戦 305頁、『世界大百科事典第二版』 平凡社
  9. ^ a b c 寺田近雄 2011, p. 117
  10. ^ 戦史叢書17 沖縄方面海軍作戦 702頁
  11. ^ 金子敏夫『神風特攻の記録』光人社 159-160頁
  12. ^ 戦史叢書94 陸軍航空の軍備と運用<3>大東亜戦争終戦まで 264頁
  13. ^ 戦史叢書17 沖縄方面海軍作戦 710頁
  14. ^ 戦史叢書17 沖縄方面海軍作戦 709頁
  15. ^ 戦史叢書93 大本営海軍部・聯合艦隊<7>戦争最終期 273頁
  16. ^ 小笠原淳隆、国立国会図書館デジタルコレクション 「三十七年前の特別攻撃隊」 『轟沈』 東水社、1942年12月http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460404/57 国立国会図書館デジタルコレクション 
  17. ^ 冨永 & 安延 1972, p. 29
  18. ^ 戦史叢書88 1975, p. 124
  19. ^ 米内光政、国立国会図書館デジタルコレクション 「周到なる準備」 『常在戦場』 大新社、1943年12月http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1058250/35 国立国会図書館デジタルコレクション コマ36-37(原本59-60頁)『一日元帥と會食した時、飛行機の體當り戰術なるものを私は初めて聞いた。"君は僕を亂暴らんぼうな男と思ふだらう。然し考へて見給へ、艦長は艦と運命を共にする、飛行機の操縦士が機と運命を共にするのは當然とうぜんぢやないか、飛行機は軍艦に比べて小さいが、操縦士と艦長とは全く同じだ、僕は今度日本に歸つたら、もう一度是非航空をやる。さうして僕が海軍にゐる以上は、飛行機の體當りたいあたり戰術は誰が何と云つても止めないよ、君見てゐ給へ"と云はれた。眞珠灣攻撃の第一報を見た時も、私は今更のやうに元帥の姿をはつきり目の前に見た』
  20. ^ 山田国男 国立国会図書館デジタルコレクション 『軍神特別攻撃隊九勇士』 一心堂、1942年4月http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457031 国立国会図書館デジタルコレクション 
  21. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 16
  22. ^ 豊田穣 1980, 電子版, 位置No.3410 No.2996
  23. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 21
  24. ^ 中村秀樹 2005, p. 59
  25. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 22
  26. ^ 戦史叢書45 1971, p. 322
  27. ^ 特攻の記録 2011, 電子版, 位置No.418-419
  28. ^ 海軍大尉 小灘利春 回天の創生” (2007年12月15日). 2017年2月8日閲覧。
  29. ^ ウォーナー 1982a, p. 100
  30. ^ 特攻の記録 2011, 電子版, 位置No.420
  31. ^ オネール 1988, p. 228
  32. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 325-327
  33. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 326-327
  34. ^ 木俣滋郎 2014, p. 35
  35. ^ 図説特攻 2003, p. 137
  36. ^ 木俣滋郎 2014, p. 38
  37. ^ 木俣滋郎 2014, p. 39
  38. ^ ウォーナー 1982a, p. 100
  39. ^ 海軍大尉 小灘利春 回天のハッチ” (2007年9月30日). 2017年2月8日閲覧。
  40. ^ オネール 1988, p. 228
  41. ^ 図説特攻 2003, p. 129
  42. ^ 戦史叢書45 1971, p. 334
  43. ^ ウォーナー 1982a, p. 129
  44. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 34-39
  45. ^ ウォーナー 1982a, p. 130
  46. ^ ウォーナー 1982a, p. 130
  47. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 34-39
  48. ^ 戦史叢書45 1971, p. 327
  49. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 327-328
  50. ^ 戦史叢書45 1971, p. 328
  51. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 212-216
  52. ^ 海軍大尉 小灘利春 人間魚雷・回天について” (2007年9月17日). 2017年2月6日閲覧。
  53. ^ 横田 寛 1995, p. 32
  54. ^ 海軍大尉 小灘利春 回天の大業成らず、何故に” (2007年9月9日). 2017年2月6日閲覧。
  55. ^ 木俣滋郎 2014, p. 41
  56. ^ 木俣滋郎 2014, p. 46
  57. ^ ウォーナー 1982a, p. 141
  58. ^ 木俣滋郎 2014, p. 127
  59. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 322-323
  60. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 322-324
  61. ^ a b c d 戦史叢書45 1971, pp. 331-333
  62. ^ 秦郁彦 1999a, pp. 512-513
  63. ^ 戦史叢書17 1968, p. 704
  64. ^ ウォーナー 1982a, p. 155
  65. ^ オネール 1988, p. 149
  66. ^ 秦郁彦 1999b, p. 505
  67. ^ 土井全二郎 2000, pp. 80-86
  68. ^ a b c d 戦史叢書48 1971, p. 344
  69. ^ a b 戦史叢書48 1971, p. 343
  70. ^ 木俣滋郎 2014, p. 75
  71. ^ 木俣滋郎 2014, p. 77
  72. ^ オネール 1988, p. 111
  73. ^ 図説特攻 2003, p. 137
  74. ^ 木俣滋郎 2014, p. 111
  75. ^ a b 戦史叢書66 1973, pp. 300-301B-29対応策
  76. ^ 戦史叢書87 1975, p. 434
  77. ^ 戦史叢書87 1975, p. 438
  78. ^ 戦史叢書87 1975, p. 455
  79. ^ 秦郁彦 1999b, p. 507
  80. ^ 戦史叢書36 1970, p. 306
  81. ^ 戦史叢書87 1975, pp. 459-460
  82. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 34-39
  83. ^ 特攻の記録 2011, pp. 140-143
  84. ^ 戦史叢書87 1975, pp. 455-456
  85. ^ a b 戦史叢書48 1971, p. 345
  86. ^ 大貫健一郎 & 渡辺考 2009, p. 55
  87. ^ a b 大貫健一郎 & 渡辺考 2009, p. 57
  88. ^ 金子敏夫 2001, p. 224
  89. ^ 特攻の記録 2011, pp. 13-16
  90. ^ 戦史叢書17 1968, p. 705
  91. ^ a b 戦史叢書56 1952, pp. 108-109
  92. ^ a b 戦史叢書45 1971, pp.503-504, 538
  93. ^ 御田重宝『特攻』講談社32頁
  94. ^ 神立尚紀 2011a, pp. 126-127
  95. ^ 御田重宝『特攻』講談社32頁
  96. ^ 富永謙吾『大本営発表の真相史』自由国民社、1971年、200-201頁。海軍省発表
  97. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 35
  98. ^ ウォーナー 1982a
  99. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 502-504
  100. ^ 中島正 & 猪口力平 1984, pp. 55-56
  101. ^ ウォーナー 1982a, pp. 161-162p
  102. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 36
  103. ^ 冨永 & 安延 1972, p. 51
  104. ^ 金子敏夫 2001, pp. 52-53
  105. ^ 押尾一彦著 モデルアート1995年11月号臨時増刊「神風特別攻撃隊」196頁
  106. ^ 豊田穣 1980, 電子版, 位置No.338
  107. ^ 豊田穣 1980, 電子版, 位置No.390
  108. ^ 関行男 海軍中佐” (2010年8月31日). 2017年2月22日閲覧。
  109. ^ ウォーナー 1982a, p. 217
  110. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 111
  111. ^ 中島正 & 猪口力平 1984, pp. 93-94
  112. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 112
  113. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 113
  114. ^ a b c d e U.S. Naval Chronology Of W.W.II, 1944” (英語). 2016年12月22日閲覧。
  115. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 114
  116. ^ 金子敏夫 2001, pp. 155-159
  117. ^ 金子敏夫 2001, pp. 161-163
  118. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 115
  119. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 136
  120. ^ a b 戦史叢書17 1968, p. 706
  121. ^ ウォーナー 1982a, p. 321
  122. ^ ウォーナー 1982a, p. 212
  123. ^ 原勝洋 2004, p. 133
  124. ^ ウォーナー 1982a, p. 215
  125. ^ a b 金子敏夫 2001, p. 225
  126. ^ ウォーナー 1982b, p. 285
  127. ^ オネール 1988, p. 158
  128. ^ 原勝洋 2004, pp. 61-85
  129. ^ ポッター 1991, p. 506
  130. ^ a b 冨永 & 安延 1972, p. 75
  131. ^ オネール 1988, p. 166
  132. ^ オネール 1988, p. 157
  133. ^ ウォーナー 1982a, p. 308
  134. ^ マッカーサー 2014, p. 315
  135. ^ マッカーサー 2014, p. 314
  136. ^ ペレット 2016, p. 852
  137. ^ 木俣滋郎 2014, p. 183
  138. ^ オネール 1988, pp. 119-120
  139. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 547-549
  140. ^ 海軍大尉 小灘利春 回天 作戦計画の経緯(菊水隊)” (2008年8月17日). 2017年2月9日閲覧。
  141. ^ 木俣滋郎 1993, p. 751
  142. ^ ウォーナー 1982a, p. 237
  143. ^ オネール 1988, p. 238
  144. ^ オネール 1988, pp. 240-241
  145. ^ 特攻の記録 2011, 電子版, 位置No.423
  146. ^ 木俣滋郎, 1993 & p758
  147. ^ オネール 1988, p. 257
  148. ^ オネール 1988, pp. 258-259
  149. ^ 柳田邦男 1993, p. 330
  150. ^ a b 戦史叢書48 1971, p. 347
  151. ^ a b c 戦史叢書48, 1971 & p346
  152. ^ 押尾一彦 2005, p. 9
  153. ^ 戦史叢書48 比島捷号陸軍航空作戦346頁
  154. ^ a b 大貫健一郎 & 渡辺考 2009, p. 69
  155. ^ 押尾一彦 2005, p. 8
  156. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.1017
  157. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.999
  158. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.1403
  159. ^ 特攻の記録 2011, p. 409
  160. ^ 重爆「飛龍」を操縦して大空へ出撃” (2011年2月6日). 2017年2月15日閲覧。
  161. ^ 押尾一彦 2005, p. 10
  162. ^ 押尾一彦 2005, p. 12
  163. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.458
  164. ^ 押尾一彦 2005, p. 8
  165. ^ 押尾一彦 2005, p. 13
  166. ^ 押尾一彦 2005, p. 13
  167. ^ ウォーナー 1982a, p. 258
  168. ^ オネール 1988, p. 112
  169. ^ オネール 1988, p. 115
  170. ^ オネール 1988, p. 119
  171. ^ 図説特攻 2003, p. 58
  172. ^ 戦史叢書36 1970, p. 307
  173. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 171
  174. ^ 押尾一彦 2005, p. 8
  175. ^ 図説特攻 2003, p. 60
  176. ^ 猪口 & 中島 1967, pp. 166-168
  177. ^ ウォーナー 1982a, p. 320
  178. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 170
  179. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.917
  180. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.777
  181. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.1058
  182. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, pp. 170-171
  183. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.1459
  184. ^ “八幡空襲で「屠龍」はB-29に体当たりし2機を撃墜した…“翼”を奪われた陸軍航空部隊の真実、エリート技術将校の証言”. 産経新聞. (2016年8月19日). http://www.sankei.com/west/news/160819/wst1608190004-n2.html 2017年11月2日閲覧。 
  185. ^ 渡辺洋二 2007, p. 182
  186. ^ 渡辺洋二 2007, p. 191
  187. ^ 渡辺洋二 2007, p. 190
  188. ^ 戦史叢書17 1968, pp. 708-709
  189. ^ 丸スペシャル 神風特別攻撃隊 1986, p. 44
  190. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 242-243
  191. ^ a b 戦史叢書88 1975, pp. 141-142
  192. ^ 丸スペシャル 神風特別攻撃隊 1986, p. 44
  193. ^ 戦史叢書93 1976, p. 264
  194. ^ 猪口 & 中島 1967, pp. 172-173
  195. ^ ウォーナー 1982a, p. 338
  196. ^ 丸スペシャル 神風特別攻撃隊 1986, p. 44
  197. ^ 太平洋戦争⑧ 2010, p. 13
  198. ^ ウォーナー 1982a, p. 348
  199. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 231-232
  200. ^ 戦史叢書88 1975, p. 186
  201. ^ 山岡荘八 2015, p. 286
  202. ^ 戦史叢書36 1970, p. 311
  203. ^ 戦史叢書17 1968, pp. 708-709
  204. ^ 戦史叢書36 1970, p. 307
  205. ^ 戦史叢書36 1970, p. 311
  206. ^ 安延多計夫 1995, p. 151
  207. ^ 丸スペシャル 神風特別攻撃隊 1986, p. 44
  208. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 176
  209. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 177
  210. ^ a b NHK「ETV特集」『許されなかった帰還 〜福岡〜振武寮 特攻隊生還者たちの戦争・』(2006年10月21日 22:00-22:45放送、NHK教育)
  211. ^ スパー 1987, p. 148
  212. ^ ハーシー 1994, pp. 226-236
  213. ^ ハーシー 1994, p. 228
  214. ^ スパー 1987, p. 150
  215. ^ a b c d e f 数字は証言する データで見る太平洋戦争 第2回 神風は吹いたのか?”. 戦後70年. 毎日新聞社. 2016年12月22日閲覧。
  216. ^ ドキュメント番組『Kamikaze in Color』メディア販売 Goldhill Home Media社
  217. ^ ファイファー 1995, p. 351
  218. ^ 安延多計夫 1995, p. 179
  219. ^ ウォーナー 1982b, p. 87
  220. ^ Walker 2009, p. 72
  221. ^ ウォーナー 1982b, p. 90
  222. ^ ブュエル(1990年)、546頁。
  223. ^ ブュエル(1990年)、543頁。
  224. ^ "United States Strategic Bombing Survey Summary Report (Pacific War)", Washington, 1 July 1946
  225. ^ 境田 & 高木 2004, p. 103
  226. ^ 境田 & 高木 2004, p. 102
  227. ^ ブュエル(1990年)、544頁。
  228. ^ 内藤初穂 1999, p. 180
  229. ^ トーランド, 電子版, 位置No.4439
  230. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 198
  231. ^ ボールドウィン 1967, p. 431
  232. ^ ボールドウィン 1967, p. 432
  233. ^ スパー 1987, p. 153
  234. ^ ファイファー 1995, p. 356
  235. ^ ブュエル 2000, p. 555
  236. ^ 小説版『永遠の0』など。
  237. ^ a b c d e Chuck Anesi. “United States Strategic Bombing Survey Summary Report (Pacific War)”. 2016年12月22日閲覧。
  238. ^ 吉本貞昭 2012, p. 218
  239. ^ モリソン 2003, p. 437
  240. ^ ファイファー 1995, p. 344
  241. ^ 八原博通 & 1972・2015, p. 219
  242. ^ モリソン 2003, p. 438
  243. ^ 木俣滋郎 2014, pp. 321-322
  244. ^ 木俣滋郎 1993, p. 789
  245. ^ オネール 1988, pp. 124-125
  246. ^ 八原博通 & 1972・2015, p. 162
  247. ^ オネール 1988, p. 122
  248. ^ オネール 1988, p. 125
  249. ^ 特攻の記録 2011, 電子版, 位置No.425-428
  250. ^ 木俣滋郎 1993, p. 841
  251. ^ オネール 1988, p. 266
  252. ^ オネール 1988, p. 267
  253. ^ 木俣滋郎 1993, p. 844
  254. ^ オネール 1988, pp. 266-268
  255. ^ 特攻の記録 2011, 電子版, 位置No.431
  256. ^ モリソン 2003, p. 441
  257. ^ 土門周平 2015, p. 23
  258. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.2664
  259. ^ 太平洋戦争⑧ 2010, p. 14
  260. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.2702-2755
  261. ^ NHKスペシャル『特攻・なぜ拡大したのか』2015年8月8日放送
  262. ^ 土門周平 2015, p. 24
  263. ^ 草鹿 1979, p. 367.
  264. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 191
  265. ^ a b 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 189
  266. ^ 木俣滋郎 2014, p. 354
  267. ^ オネール 1988, pp. 286-287
  268. ^ アレン & ボーマー 1995, pp. 319-320
  269. ^ 特攻の記録 2011, 電子版, 位置No.512
  270. ^ 特攻の記録 2011, 電子版, 位置No.503
  271. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 74
  272. ^ 梅本 2002, p. 446
  273. ^ A History of HMS AMEER”. 2018年7月16日閲覧。
  274. ^ HMS SUSSEX - County-type Heavy Cruiser including Convoy Escort Movements”. 2018年7月16日閲覧。
  275. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 157
  276. ^ ウォーナー 1982b, pp. 269-271
  277. ^ 戦史叢書93 1976, p. 475
  278. ^ 太佐順 2011, p. 302
  279. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 164
  280. ^ 新人物往来社 1995, p. 202
  281. ^ 土井全二郎 2000, pp. 212-220
  282. ^ Смертники и полусмертники против Красной Армии” (ロシア語). 2017年2月5日閲覧。
  283. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 9
  284. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p.129 表J
  285. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 132
  286. ^ 冨永 & 安延 1972, p. 47
  287. ^ 1994, pp. 280-281
  288. ^ 渡辺洋二 2007, p. 107
  289. ^ 特攻の記録 2011, p. 367
  290. ^ 太佐順 2011, p. 201
  291. ^ 中島正 & 猪口力平 1984, pp.106, 110
  292. ^ 中島正 & 猪口力平 1984, p. 106
  293. ^ 特攻の記録 2011, pp.360, 363 表3・表4
  294. ^ a b 中島正 & 猪口力平 1984, p. 108
  295. ^ 特攻の記録 2011, p. 372
  296. ^ 冨永 & 安延 1972, p. 48
  297. ^ 押尾一彦 2005, p. 93
  298. ^ 戦史叢書94 1976, pp. 399-400
  299. ^ 押尾一彦 2005, p. 99
  300. ^ 押尾一彦 2005, p. 95
  301. ^ 押尾一彦 2005, p. 96
  302. ^ 戦史叢書94 1976, p. 400
  303. ^ 不肖、宮崎 「隼」知覧に帰還”. 2017年3月6日閲覧。
  304. ^ 佐藤早苗 2007, p. 172
  305. ^ 栗原俊雄 2015, pp. 143-144
  306. ^ 冨永 & 安延 1972, p. 59
  307. ^ 押尾一彦 2005, p. 10
  308. ^ [証言記録 兵士たちの戦争]“特攻の目的は戦果にあらず” 〜第二〇一海軍航空隊〜 「特攻隊員指名の葛藤」 2011年放送
  309. ^ 門田隆将 2011, p. 102
  310. ^ 押尾一彦 2005, p. 96
  311. ^ 門田隆将 2011, p. 245
  312. ^ 神立尚紀 2015, p. 323
  313. ^ 神立尚紀 2015, p. 324
  314. ^ 押尾一彦 2005, p. 58
  315. ^ #重爆特攻155-156頁
  316. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 177
  317. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 185
  318. ^ United States Navy ACTION REPORT FILM CONFIDENTIAL 1945 MN5863 『Combating suicide plane attacks』1945年アメリカ海軍航空局作成
  319. ^ 宮本雅史 2005, p. 224
  320. ^ ウォーナー 1982a, pp. 135
  321. ^ 特攻の記録 2011, p.315
  322. ^ 特攻の記録 2011, p.319
  323. ^ 渡辺洋二 1999, 特攻隊、海軍にただ一つ119頁以下。
  324. ^ 零戦搭乗員会 2016, pp. 383-384
  325. ^ 渡辺洋二 2000, pp. 89-92
  326. ^ 渡辺洋二 2007, p. 191
  327. ^ ウォーナー 1982a, p. 136
  328. ^ マーシャル 2001, p. 267
  329. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 146
  330. ^ History of the 9th bombbardment COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS P.144 2017年11月1日閲覧
  331. ^ 1981年6月13日放送NHK歴史への招待「B29に体当たりを敢行せよ 昭和19年」
  332. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 145
  333. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 148
  334. ^ 一例として、1945年5月29日飛行第5戦隊静岡県榛原郡(現・牧之原市)上空にて横浜へ爆撃(横浜大空襲)に向かうB-29の大編隊に対して「屠龍」にて体当たり攻撃を行い、1機撃墜し戦死した河田清治少尉がいる(参考資料:B29 体当たり事件(1945/5/29)”. 過去と未来の間. BIGLOBE (2005年5月22日). 2016年12月22日閲覧。[天声人語 08月11日]”. 2006年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月22日閲覧。河田宏 2005, pp. [要ページ番号]
  335. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 159
  336. ^ 木俣滋郎 2014, p. 77
  337. ^ オネール 1988, p. 122
  338. ^ 木俣滋郎 2014, pp. 331-333
  339. ^ 木俣滋郎 2014, p. 79
  340. ^ オネール 1988, p. 122
  341. ^ 戦史叢書45 1975, p. 342
  342. ^ 木俣滋郎 2014, pp. 35-36
  343. ^ 木俣滋郎 2014, p. 39
  344. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 273-275
  345. ^ 奥宮正武『海軍特別攻撃隊』朝日ソノラマ78頁
  346. ^ 大井篤 2001, pp. [要ページ番号]
  347. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 & 1991.3, p. 17
  348. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 & 1991.3, p. 21
  349. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 & 1991.3, p. 17
  350. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 & 1991.3, p. 20
  351. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 & 1991.3, p. 18
  352. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 & 1991.3, p. 16
  353. ^ 一ノ瀬俊也 『日本軍と日本兵 米軍報告書は語る』, p. 186
  354. ^ Bull 2008, p. 211
  355. ^ ダックスフォード帝国戦争博物館. “Mine, anti-tank, magnetic, Japanese, Type 99” (英語). 2017年11月6日閲覧。
  356. ^ 八原博通 & 1972・2015, p. 34
  357. ^ 米国陸軍省 1997, p. 206
  358. ^ 米国陸軍省 1997, p. 207
  359. ^ ハラス 2010, p. 324
  360. ^ ハラス 2010, p. 207
  361. ^ 米国陸軍省 1997, p. 420
  362. ^ Alexander (1996) , p. 34.
  363. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 戦史叢書17 1968, 付表「沖縄方面特別攻撃隊一覧表」
  364. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ウォーナー 1982b, 付表「特別攻撃戦果一覧表」
  365. ^ 宇垣纏 1953, p. 244
  366. ^ 加藤浩 2009, p. 393
  367. ^ 山岡荘八 2015, p. 516
  368. ^ ウォーナー 1982b, p. 178
  369. ^ フェーイー 1994, p. 275
  370. ^ ウォーナー 1982b, p. 187
  371. ^ a b c d アメリカ合衆国海軍司令部. “Anti-Suicide Action Summary” (英語). アメリカ海軍公式ウェブサイト. 2016年12月22日閲覧。
  372. ^ NHKスペシャル『特攻・なぜ拡大したのか』2015年8月8日放送
  373. ^ 加藤浩 2009, p. 430
  374. ^ 角田和男 1990, p. 324
  375. ^ モリソン 2003, p. 429
  376. ^ 戦史叢書87 1975, p. 458
  377. ^ 特攻の記録 2011, p. 404
  378. ^ 特攻の記録 2011, p. 406
  379. ^ The Dawn of the Smart Bomb”. en:Air Power Australia. 2016年12月23日閲覧。
  380. ^ Christopher 2013, p. 134
  381. ^ 米国海軍省戦史部 1956, pp. 187-320
  382. ^ 戦史叢書17 1968, 付表第2 沖縄方面神風特別攻撃隊一覧表
  383. ^ ウォーナー 1982b, pp. 294-359
  384. ^ 図説特攻 2003, pp. 122-123
  385. ^ 原勝洋 2004, pp. 295-349
  386. ^ 安延多計夫 1960, p. 349 別表第2 被害艦要目一覧表
  387. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 157
  388. ^ 木俣滋郎 1993, pp. 885-901
  389. ^ 木俣滋郎 2014, pp. 410-415
  390. ^ オネール 1988, pp. 16-269
  391. ^ Rielly 2010, pp. 318-324
  392. ^ Smith 2015, pp. [要ページ番号]
  393. ^ Stern 2010, p. 338
  394. ^ Kalosky 2006, pp. [要ページ番号]
  395. ^ Silverstone 2007, pp. 1-350
  396. ^ a b c d U.S. Naval Chronology Of W.W.II, 1945” (英語). 2016年12月22日閲覧。
  397. ^ ロット 1983, p. 277
  398. ^ ウォーナー 1982b, p. 288
  399. ^ a b Rielly 2010, pp. 318-324
  400. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 199
  401. ^ Chuck Anesi. “United States Strategic Bombing Survey: Summary Report (Pacific War)” (英語). 2016年12月22日閲覧。
  402. ^ ウォーナー 1982b, pp.196, 288
  403. ^ 境田 & 高木 2004, p. 118
  404. ^ 境田 & 高木 2004, p. 118
  405. ^ 保阪正康 2005, p.202
  406. ^ 保阪正康 2005, p.212
  407. ^ Chuck Anesi. “United States Strategic Bombing Survey: Summary Report (Pacific War)” (英語). 2016年12月22日閲覧。
  408. ^ Zaloga 2011, p. 12
  409. ^ 北影雄幸 2005, p. 12 フランスの軍事評論家クロンステル著『空戦』からの引用。
  410. ^ "La Epopeya kamikaze"(2015年5月24日時点のアーカイブ
  411. ^ US Navy Personnel in World War II Service and Casualty Statistics” (英語). en:Naval History and Heritage Command (2015年4月28日). 2016年12月23日閲覧。
  412. ^ 戦史叢書17 1968, p. 677
  413. ^ World War II Casualties Sources of Information on US Navy Casualties in World War II” (英語). Naval History and Heritage Command (2016年5月18日). 2016年9月7日閲覧。
  414. ^ フェーイー 1994, p. 276
  415. ^ モリソン 2003, p. 429
  416. ^ ウォーナー 1982b, p. 135
  417. ^ United States Navy ACTION REPORT FILM CONFIDENTIAL 1945 MN5863 『Combating suicide plane attacks』1945年アメリカ海軍航空局作成
  418. ^ 津島 訳 2014, p. 316.
  419. ^ World War II Database. “Thomas Phillips” (英語). 2018年9月5日閲覧。
  420. ^ ケネディ 2010, p. 539
  421. ^ ポッター 1991, p. 534
  422. ^ アレン & ボーマー 1995, p. 361
  423. ^ 戦史叢書17 沖縄方面海軍作戦 710頁
  424. ^ 日本海軍航空史1 1969, p. 513
  425. ^ 戦史叢書17 1968, p. 690
  426. ^ a b c 青木秀男 2008, p. 75.
  427. ^ 服部省吾「第四章第六節 特攻作戦」奥村房夫監修『近代日本戦争史第四編大東亜戦争』1995年、590頁
  428. ^ 生田惇『陸軍航空特別攻撃隊史』1977年、223頁
  429. ^ (英語) USSBS Report 62, Japanese Air Power. 米国戦略爆撃調査団. (1946). p. 76. http://ja.scribd.com/doc/60048408/USSBS-Report-62-Japanese-Air-Power-OCR 2016年12月22日閲覧。. 
  430. ^ 原勝洋 2006, p. 288表Q
  431. ^ 小沢郁郎 2018, p. 103
  432. ^ 髙橋昌紀 2017, p. 22
  433. ^ 小沢郁郎 2018, p. 104
  434. ^ 戦史叢書29 1969, p. 648
  435. ^ 戦史叢書29 1969, p. 648
  436. ^ 戦史叢書29 1969, p. 648
  437. ^ 小沢郁郎 2018, p. 103
  438. ^ History of the name 'Dorsetshire'” (英語). 2019年3月19日閲覧。
  439. ^ World War II HMS Cornwall” (英語). 2019年3月20日閲覧。
  440. ^ HMS Dorsetshire(40)” (英語). 2019年3月20日閲覧。
  441. ^ 戦史叢書49 1971, p. 307
  442. ^ #MO機動部隊詳報(2)pp.23-28
  443. ^ 小沢郁郎 1978, p. 103
  444. ^ 戦史叢書49 1971, p. 309
  445. ^ 戦史叢書48 1971, p. 347
  446. ^ 戦史叢書48 1971, p. 353
  447. ^ プランゲ下 2005, p. 90
  448. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 108
  449. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 109
  450. ^ 歴史群像53 2006, p. 172
  451. ^ 世界の艦船 2016, p. 101
  452. ^ 世界の艦船 2016, p. 105
  453. ^ 歴史群像53 2006, p. 174
  454. ^ ニミッツ & ポッター 1962, p. 275
  455. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 199
  456. ^ 吉本貞昭 2012, p. 237
  457. ^ a b c ANTIAIRCRAFT ACTION SUMMARY SUICIDE ATTACKS 1945 april” (英語). 2016年6月1日閲覧。
  458. ^ United States Navy ACTION REPORT FILM CONFIDENTIAL 1945 MN5863 『Combating suicide plane attacks』1945年アメリカ海軍航空局作成
  459. ^ Chuck Anesi. “United States Strategic Bombing Survey: Summary Report (Pacific War)” (英語). 2016年12月22日閲覧。
  460. ^ United States Navy ACTION REPORT FILM CONFIDENTIAL 1945 MN5863 『Combating suicide plane attacks』1945年アメリカ海軍航空局作成
  461. ^ “[https://archive.li/v4SuI#selection-259.0-261.34 PRECISION WEAPONS, POWER PROJECTION, AND THE REVOLUTION IN MILITARY AFFAIRS]” (英語). The Air Force History Support Office. 2018年9月5日閲覧。
  462. ^ Amarillo Daily News Friday, July 20, 1945 Page 15
  463. ^ ウォーナー 1982a, p. 338
  464. ^ Barrie Pitt” (英語). デイリー・テレグラフ. 2017年10月26日閲覧。
  465. ^ フランク 1971, p. 8
  466. ^ 吉本貞昭 2012, p. 221
  467. ^ 戦史叢書17 1968, p. 709
  468. ^ 原 2006, pp. 239-241
  469. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 185
  470. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 185
  471. ^ フェーイー 1994, p. 276
  472. ^ a b 戦史叢書88 1975, pp. 145-146
  473. ^ 日本海軍航空史3 1969, p. 679
  474. ^ 福井静夫 1996, p. 278
  475. ^ 門田隆将 2011, p. 261
  476. ^ [証言記録 兵士たちの戦争]重爆撃機 攻撃ハ特攻トス 〜陸軍飛行第62戦隊〜 2008年放送
  477. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 185
  478. ^ 戦史叢書88 1975, p. 145
  479. ^ 日本海軍航空史1 1969, pp. 735-736
  480. ^ Cruiser Photo Index CL/CA-28 USS LOUISVILLE” (英語). NavSource Naval History. 2016年12月26日閲覧。
  481. ^ 神立尚紀 2004, p. 193
  482. ^ 日本海軍航空史1 1969, p. 489
  483. ^ 神立尚紀 2015, p. 321
  484. ^ 菅原 2015, p. 255
  485. ^ Dogfights - Episode 12: Kamikaze (History Documentary)セント・ローの乗組員(電気技師)オービル・ビサード証言
  486. ^ Battle off Samar - Action Report” (英語). 2018年9月6日閲覧。
  487. ^ 特攻の記録 2011, p.356 第二図
  488. ^ Fact File : HMS 'Prince of Wales' and HMS 'Repulse' Sunk” (英語). WW2 People's War. BBC. 2016年12月23日閲覧。
  489. ^ 森史朗 2009, p. 250
  490. ^ 千早正隆 1997, pp. 80-81
  491. ^ a b 日本海軍航空史1 1969, p. 748
  492. ^ 日本海軍航空史1 1969, p. 695
  493. ^ 日本海軍航空史1 1969, p. 693
  494. ^ 秋月達郎 2013, p. 45
  495. ^ 小沢郁郎 1978, p. 56
  496. ^ 歴史群像53 2006, p. 157
  497. ^ "NavSource Naval History United States Navy Losses World War II"
  498. ^ 米国海軍省戦史部 1956, pp. 187-320
  499. ^ "NavSource Naval History United States Navy Losses World War II"
  500. ^ U.S. Merchant Ships Sunk or Damaged in World War II”. American Merchant Marine at War. 2016年12月23日閲覧。
  501. ^ モリソン 2003, p. 409
  502. ^ 歴史群像53 2006, p. 156
  503. ^ 小沢郁郎 2018, p. 38
  504. ^ "The Official Website Of The USS Oklahoma"
  505. ^ USS Arizona During the Attack” (英語). Naval History and Heritage Command. 2016年12月23日閲覧。
  506. ^ a b 豊田穣 1988, p. 385
  507. ^ Diamond 2015, p. 105
  508. ^ "The Sinking of the Prince of Wales and Repulse "
  509. ^ The Sinking of the Prince of Wales and Repulse” (英語). 2016年12月23日閲覧。
  510. ^ History of the name 'Dorsetshire'” (英語). 2019年3月19日閲覧。
  511. ^ 戦史叢書49 1971, pp. 320-321
  512. ^ Battle of Rennell Island: Setback in the Solomons” (英語). HistoryNet (2006年6月12日). 2006年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  513. ^ Eyewitness to Tragedy: Death of USS Princeton” (英語). HistoryNet (1997年8月19日). 2016年12月24日閲覧。
  514. ^ 海軍反省会 2013, p. 300
  515. ^ 加藤浩 2009, p. 198
  516. ^ (Wasp 1999, p. 175)
  517. ^ Smith 2015, p. 89]
  518. ^ Atkins 2006, p. 283
  519. ^ FEBRUARY 21 February 21, 1945: USS Saratoga, Candidate for Toughest Ship of World War 2” (英語). Historyheadline (2017年2月21日). 2018年9月5日閲覧。
  520. ^ 菅原完 2015, p. 257
  521. ^ バーカー 1971, p. 165
  522. ^ Stafford 2002, p. 537
  523. ^ ウォーナー 1982b, p. 166
  524. ^ Aircraft Carrier Photo Index: USS BUNKER HILL (CV-17)” (英語). NavSource Naval History. 2016年12月26日閲覧。
  525. ^ オネール 1988, p. 165
  526. ^ ウォーナー 1982b, p. 294
  527. ^ Willis Augustus Lee, Jr. Vice Admiral, United States Navy” (英語). 2016年12月24日閲覧。
  528. ^ 吉田 2017, p. 「特攻隊」.
  529. ^ 歴史群像53 2006, p. 174
  530. ^ ボールドウィン 1967, p. 423
  531. ^ 吉本貞昭 2012, p. 194
  532. ^ United States Navy ACTION REPORT FILM CONFIDENTIAL 1945 MN5863 『Combating suicide plane attacks』1945年アメリカ海軍航空局作成
  533. ^ ニミッツ & ポッター 1962, p. 443
  534. ^ CITEREFアレンボーマー1995
  535. ^ ファイファー 1995, p. 356
  536. ^ 歴史群像53 2006, p. 177
  537. ^ 歴史群像53 2006, p. 178
  538. ^ 冨永 & 安延 1972, p. 77
  539. ^ U.S.NAVY AIR GROUPS CV-9 Essex” (英語). Researcher@Large. 2016年12月24日閲覧。
  540. ^ 木俣滋郎 2001, p. 180
  541. ^ Young & Styling 2012, p. 90
  542. ^ F2G Super Corsairs - Part 2: "Kamikaze Killer"” (英語). 2016年12月24日閲覧。
  543. ^ a b ニミッツ & ポッター 1962, p. 440
  544. ^ ウォーナー 1982b, p. 294
  545. ^ “Naval Weapons of World War Two” (Conway) より
  546. ^ NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 第3集 「エレクトロニクスが戦を制す」”. NHKアーカイブス. 日本放送協会. 2016年12月24日閲覧。
  547. ^ 多田智彦 2012, pp. 84-91
  548. ^ 歴史群像53 2006, p. 116
  549. ^ ボールドウィン 1967, p. 436
  550. ^ 白石光 2012, p. 163
  551. ^ United States Navy ACTION REPORT FILM CONFIDENTIAL 1945 MN5863 『Combating suicide plane attacks』1945年アメリカ海軍航空局作成
  552. ^ a b ファイファー 1995, p. 340
  553. ^ ウォーナー 1982a, p. 343
  554. ^ Cliff Lethbridge. “History of Rocketry World War II” (英語). Spaceline. 2016年12月24日閲覧。
  555. ^ "Fairey's First Guided Missile", Flight, 17 April 1947, P.344-345
  556. ^ Model, Wind Tunnel, Missile, Little Joe” (英語). 国立航空宇宙博物館. 2016年1月1日閲覧。
  557. ^ Missile, Surface-to-Air, Lark” (英語). 国立航空宇宙博物館. 2012年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  558. ^ a b c d 飯田耕司 2008, pp. [要ページ番号]
  559. ^ 永末千里. “老兵の繰り言”. 自衛隊こぼれ話. 2016年12月24日閲覧。
  560. ^ a b 予備学生・生徒史刊行会 1988, pp. [要ページ番号]
  561. ^ a b 戦史叢書95, 付表
  562. ^ 特攻70年:「特攻は日本の恥部、美化は怖い」 保阪正康さんインタビュー”. 毎日新聞社 (2014年10月24日). 2016年12月25日閲覧。
  563. ^ 海軍三校入試状況及び戦没情況調べ(自 昭和 9年 至 昭和20年)”. なにわ会. 2016年12月26日閲覧。
  564. ^ 島原落穂 1990, p. 76
  565. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 77
  566. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, pp. 131-312
  567. ^ 特攻の記録 2011, pp. 95-96
  568. ^ 永末千里 2002, pp. [要ページ番号]
  569. ^ 中島正 & 猪口力平 1984, p. 188
  570. ^ 証言記録3 2009, p. 194
  571. ^ 神立尚紀 2004, p. 236
  572. ^ 加藤浩 2009, p. 69
  573. ^ 最後の証言 2013, p. 22
  574. ^ 証言記録6 2011, pp. 23-25
  575. ^ 神立尚紀 2004, pp. 218-219
  576. ^ 戦史叢書56 1972, p. 112
  577. ^ 森史朗 2009, pp. 87-88
  578. ^ 渡辺大助 2005, p. 36
  579. ^ 森史朗 2009, pp. 105-107
  580. ^ 零戦搭乗員会 2016, pp. 307-308
  581. ^ 御田重宝『特攻』講談社15-16頁
  582. ^ 中島正 & 猪口力平 1984, p. 44
  583. ^ 文春完本_下 1991, p. 124
  584. ^ 御田重宝『特攻』講談社98-99頁
  585. ^ 零戦搭乗員会 2016, pp. 292-294
  586. ^ 碇義朗 2007, p. 304
  587. ^ 神立尚紀 2011b, pp. 410-411
  588. ^ 角田和男 1994, p. 399
  589. ^ 角田和男 1994, p. 421
  590. ^ 特攻の記録 2011, p. 819
  591. ^ 特攻の記録 2011, p. 815
  592. ^ 桑原敬一 2006, p. 157
  593. ^ a b c 元特攻隊員だけど何か質問ある?【第1回】江名武彦さんの場合”. 週プレNEWS. 集英社 (2014年1月1日). 2016年12月25日閲覧。
  594. ^ 零戦搭乗員会 2016, p. 54
  595. ^ 神立尚紀 2004, p. 276
  596. ^ 戦史叢書36 1970, p. 305
  597. ^ 戦史叢書36 1970, pp. 306-307
  598. ^ 戦史叢書48 1971, p. 346
  599. ^ 小沢郁郎 1983, p. 111
  600. ^ 戦史叢書48 1971, p. 347
  601. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.436
  602. ^ “初代特攻隊長遺品郷里へ 萩の手塚さん福岡・豊前市に寄贈”. 山口新聞. みなと山口合同新聞社. (2013年5月15日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2013/0515/4p.html 2016年12月25日閲覧。 
  603. ^ 特攻エピソード 「一足お先に逝って待っています」藤井一少佐”. ドキュメント神風 (2000年8月26日). 2016年12月25日閲覧。
  604. ^ 最後の証言 2013, p. 199
  605. ^ 『会報「特攻」』第89号、特攻隊戦没者慰霊顕彰会、2011年11月、 28頁。
  606. ^ 豊田正義 2015, pp. 311-390
  607. ^ NORIMITSU ONISHI (2006年2月11日). “THE SATURDAY PROFILE; Shadow Shogun Steps Into Light, to Change Japan” (英語). ニューヨーク・タイムズ. 2016年12月25日閲覧。
  608. ^ International Herald Tribune, Publisher dismayed by Japanese nationalism.(2006年5月11日時点のアーカイブ) Published: February 10, 2006. accessed March 11, 2007
  609. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 163
  610. ^ #重爆特攻59-61頁
  611. ^ CITEREF境田高木2003(軍令部時代に桜花の研究に従事していたこともある。御田重宝『特攻』講談社397頁)
  612. ^ 境田 & 高木 2003, p. 286
  613. ^ NHK-TV「NHK特集 紫電改最後の戦闘機」1979年
  614. ^ 境田 & 高木 2003, p. 376
  615. ^ 宮崎 & 鴻農 2006, p. 260
  616. ^ 渡辺洋二 2003, pp. 104-108
  617. ^ 渡辺洋二 2003, pp. 82-83
  618. ^ アジア歴史センター「芙蓉部隊天号作戦々史 自昭和20年2月1日至昭和20年8月末日 第3航空艦隊131航空隊芙蓉部隊」「芙蓉部隊作戦思想」
  619. ^ 渡辺洋二 2003, p. 267
  620. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.999
  621. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.1161
  622. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.1623
  623. ^ 鴻上尚史 2017, 電子版, 位置No.1904
  624. ^ 碇義朗 2000, pp. 197-199
  625. ^ 神立尚紀『祖父たちの零戦』講談社263頁
  626. ^ 最強戦闘機紫電改 2010, p. 162
  627. ^ 1944年(昭和19年)11月29日勅令第649号「大東亜戦争ニ際シ必死ノ特別攻撃ニ従事シタル陸軍ノ下士官兵ヨリスル将校及准士官ノ補充ニ関スル件」
    1944年(昭和19年)11月29日勅令第650号「大東亜戦争ニ際シ必死ノ特別攻撃ニ従事シタル海軍ノ下士官、兵等ヨリスル特務士官、准士官等ノ特殊任用ニ関スル件」
  628. ^ 佐藤早苗 2007, p. 142
  629. ^ 岩井務 2001, p. 359
  630. ^ 島原落穂 1990, p. 46
  631. ^ 桑原敬一 2006, p. 170
  632. ^ 桑原敬一 2006, p. 87
  633. ^ 特攻の記録 2011, p. 834
  634. ^ 特攻の記録 2011, p. 835
  635. ^ 元特攻隊員だけど何か質問ある?【第4回】手塚久四さんの場合”. 週プレNEWS. 集英社 (2014年1月1日). 2016年12月27日閲覧。
  636. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 『特攻』 第25号 P.10
  637. ^ フジテレビ『なでしこ隊〜少女達だけが見た特攻隊・封印された23日間〜』前田笙子氏証言等 2008年9月放送
  638. ^ フジテレビ 『なでしこ隊〜少女達だけが見た特攻隊・封印された23日間〜』2008年9月放送
  639. ^ 鳥濱トメ 1990, p. 21 他
  640. ^ 富屋旅館の物語”. 富屋旅館. 2016年12月27日閲覧。
  641. ^ 最後の証言 2013, p. 194
  642. ^ 加藤浩 2009, p. 403
  643. ^ 最後の証言2013, p. 37
  644. ^ a b 西川吉光 2009, pp. 123-126
  645. ^ #重爆特攻P.131-133
  646. ^ 「振武隊異動通報第三號」
  647. ^ 「振武隊異動通報第四號」
  648. ^ #重爆特攻3頁
  649. ^ 佐藤早苗 2007, p. 175
  650. ^ 佐藤早苗 2007, p. 173
  651. ^ 押尾一彦 2005, p. 96
  652. ^ #陸軍特攻振武寮P.213
  653. ^ 佐藤早苗 2007, p. 153
  654. ^ 最後の証言 2013, p. 323
  655. ^ 『50年前日本空軍が創った機能性食品』岩垂荘二 光琳社 1992年 P.13
  656. ^ 『50年前日本空軍が創った機能性食品』岩垂荘二 光琳社 1992年 P.71 - P.130
  657. ^ デニス・ウォーナー『ドキュメント神風 上巻』時事通信社 P.269
  658. ^ 特攻花の真実 より
  659. ^ 吉田裕. “医学史から見た戦争と軍隊”. 人骨(ほね)は告発する. 軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会. 2016年12月27日閲覧。
  660. ^ 第7回参議院予算委員会議事録10号 1949年11月30日 重松一郎政府委員答弁
  661. ^ 第7回衆議院厚生委員会第11号 1950年3月9日 星野政府委員答弁
  662. ^ SCAPINs(GHQ対日指令)年表”. SCAPIN-389 CUSTODY AND DISTRIBUTION OF JAPANESE MILITARY MEDICINAL NARCOTIC STOCKS. 2016年3月1日閲覧。
  663. ^ 平野威馬雄「ヒロポン禍 戦後作家の生態」、『世界評論』、世界評論社、1949年、 68頁。
  664. ^ 佐藤哲彦 2006, p. 251
  665. ^ Andreas Ulrich (2005年5月6日). “The Nazi Death Machine: Hitler's Drugged Soldiers” (英語). en:Spiegel Online. 2016年3月2日閲覧。
  666. ^ A Brief History of Methamphetamine- Methamphetamine Prevention in Vermont” (英語). Department of Health. Vermont Department of Health. 2016年12月27日閲覧。
  667. ^ Rocky Jedick (2014年7月19日). “Tarnak Farm - Reckless Pilots, Speed, or Fog of War?” (英語). Go Flight Medicine. 2016年12月27日閲覧。
  668. ^ 三浦耕喜 2009, pp. 6-7.
  669. ^ a b ブルマ & マルガリート 2006, p. 103.
  670. ^ a b ブルマ & マルガリート 2006, p. 109.
  671. ^ ブルマ & マルガリート 2006, p. 113.
  672. ^ 大貫 2003, p. 304.
  673. ^ 大貫 2003, p. 409.
  674. ^ 大貫 2003, pp. 409-410.
  675. ^ a b c 大貫 2003, p. 410.
  676. ^ 大貫 2003, p. 326.
  677. ^ 大貫 2003, p. 332.
  678. ^ a b 大貫 2003, p. 295.
  679. ^ 大貫 2003, p. 559.
  680. ^ a b c d e 大貫 2003, p. 396.
  681. ^ 太田 2017, p. 167.
  682. ^ 池田 2009, p. 183.
  683. ^ a b 秦 2014, p. 465.
  684. ^ a b 秦 2014, p. 奥付け.
  685. ^ a b 秦 2014, p. 418.
  686. ^ a b c d e f g h 『日本のカミカゼに触発』独・エルベ特攻隊ウェブ魚拓) TOKYO Web(東京新聞)2008年5月25日掲載・東京新聞 2008年5月25日朝刊
  687. ^ 中島正 & 猪口力平 1984, p. 173
  688. ^ 中島正 & 猪口力平 1984, pp. 93-94
  689. ^ 神立尚紀 2004, pp. 197-199
  690. ^ 猪口 & 中島 1967, p. 111
  691. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.2003
  692. ^ 半藤一利 2006, p. 332
  693. ^ 半藤 et al. 2015, p. 211
  694. ^ 寺崎英成『昭和天皇独白録・寺崎英成御用掛日記』 1991, pp. 113-114
  695. ^ 半藤一利 2006, p. 333
  696. ^ 堀越二郎 1984, 電子版, 位置No.2523-2539
  697. ^ 神立尚紀 2004, p. 268
  698. ^ 『零戦撃墜王』光人社NF文庫 ISBN 4-7698-2050-X
  699. ^ 大島隆之 2016, 電子版, 位置No.1081-1112
  700. ^ 渡辺洋二 2003, p. 109
  701. ^ 岩井務 2001, p. 362
  702. ^ ニミッツ & ポッター 1962, p. 270
  703. ^ ブュエル 2000, p. 433
  704. ^ ウォーナー 1982a, p. 289
  705. ^ ニミッツ & ポッター 1962, p. 402
  706. ^ ウォーナー 1982a, p. 286
  707. ^ ウォーナー 1982a, p. 291
  708. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 157
  709. ^ ファイファー 1995, p. 320
  710. ^ ウォーナー 1982a, p. 302
  711. ^ フェーイー 1994, p. 198
  712. ^ フェーイー 1994, p. 199
  713. ^ 戦艦ミズーリミュージアム
  714. ^ BATTLESHIP MISSOURI CEREMONY TO HONOR SHIP’S FIRST COMMANDER, CAPTAIN WILLIAM M. CALLAGHAN, APRIL 12” (英語). 2007年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  715. ^ ニミッツ & ポッター 1962, p. 397
  716. ^ ニミッツ & ポッター 1962, p. 407
  717. ^ ポッター 1979, p. 514
  718. ^ a b ポッター 1979, p. 519
  719. ^ Alexander 1996, p. 26
  720. ^ ニミッツ & ポッター 1962, p. 443
  721. ^ 吉本貞昭 2012, p. 215
  722. ^ アレン & ボーマー 1995, p. 294
  723. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 201
  724. ^ "The Value of War Gaming Admiral Chester W. Nimitz, 1960"
  725. ^ ブュエル 2000, p. 546
  726. ^ 太佐順 2001, p. 216
  727. ^ ウォーナー 1982b, p. 119
  728. ^ ポッター 1979, p. 515
  729. ^ 第21爆撃機集団任務要約1945年4月”. 2015年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  730. ^ 第21爆撃機集団任務要約1945年5月”. 2015年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  731. ^ ブュエル 2000, pp.547, 553
  732. ^ ブュエル 2000, p. 542
  733. ^ 神風 > 外国人から見た"KAMIKAZE" > 特攻に対する米軍報告(「ドキュメント神風」)より
  734. ^ ポッター 1991, p. 499
  735. ^ ウォーナー 1982a, p. 221
  736. ^ 吉本貞昭 2012, p. 506
  737. ^ ポッター 1991, p. 532
  738. ^ 北影雄幸 2005, p. 215
  739. ^ 吉本貞昭 2012, p. 15
  740. ^ マンチェスター 1985, p. 46
  741. ^ 半藤ほか 2006, pp. 249-250
  742. ^ 2014年6月1日深夜RKB毎日放送報道の魂「命の滴(しずく)〜記録作家・林えいだいと特攻〜」
  743. ^ 神風タクシー”. 日本語俗語辞書. 2016年12月27日閲覧。
  744. ^ 深田祐介『大東亜会議の真実』PHP研究所 電子書籍版 P.26
  745. ^ ミロー 1972, pp. [要ページ番号]
  746. ^ パンゲ 2011, pp. [要ページ番号]
  747. ^ デュラン2007, p. 49-52.
  748. ^ 田中龍作 (2009年8月16日). “《自爆テロ》 旧日本軍が世界に残した負の遺産”. 田中龍作ジャーナル. Seesaa. 2016年12月27日閲覧。
  749. ^ 鈴木五郎 1995, pp. 124-126
  750. ^ 鈴木五郎 1995, p. 126
  751. ^ a b 秦郁彦 1996, pp. [要ページ番号]
  752. ^ オネール 1988, p. 206
  753. ^ オネール 1988, p. 背表紙
  754. ^ Christoph Gunkel (2009年10月27日). “Deutsche Kamikaze-Flieger Himmelfahrtskommando für Hitler”. デア・シュピーゲル. 2017年10月29日閲覧。
  755. ^ オネール 1988, p. 271
  756. ^ オネール 1988, p. 272
  757. ^ a b 三浦耕喜 2009, pp. [要ページ番号]
  758. ^ Мельников А.Е.. “Теория” (ロシア語). 2016年12月21日閲覧。
  759. ^ Фамилии авиаторов, совершивших огненные тараны” (ロシア語) (2000年5月9日). 2016年12月21日閲覧。
  760. ^ オネール 1988, p. 215
  761. ^ オネール 1988, p. 216
  762. ^ オネール 1988, p. 222
  763. ^ オネール 1988, p. 223
  764. ^ オネール 1988, p. 225
  765. ^ 朝日新聞 2012年6月19日(火曜)付 「声 語りつぐ戦争」内の回想文(逸話)を一部参考。
  766. ^ 上空からの恐怖 B-29 搭乗員からみた戦争と捕虜についての大局観 2017年 B-29国際研究セミナー 2017年4月12日閲覧
  767. ^ 『証言 真珠湾攻撃』光人社134頁
  768. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 325-327
  769. ^ 戦史叢書45 1971, pp. 326-327
  770. ^ 戦史叢書87 1975, pp. 459-460
  771. ^ a b 戦史叢書45 1971, pp. 34-39
  772. ^ 戦史叢書45 1971, p. 333
  773. ^ “特攻の最期、73年経て特定”. 東京新聞. (2018年5月28日) 
  774. ^ 特攻隊慰霊顕彰会 1990, p. 72




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特攻」の関連用語

特攻のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



特攻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特別攻撃隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS