散華とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > > 散華の意味・解説 

さん げ [1] 【散華】

( 名 ) スル
〘仏〙
仏を供養するために花をまき散らすこと。
特に法会ほうえ)で、偈()を唱えながら列をつくって歩きはす)の花びらの形をした紙をまき散らす法要
戦死美化していう語。 「南海に-した勇士

散華

読み方:サンゲ(sange)

仏を供養するために花をまき散らすこと


散華

読み方:サンゲ(sange)

法要において、清めのための読経合わせて花などをまくこと。


散華

作者芝木好子

収載図書奈良の里
出版社文芸春秋
刊行年月1988.5


散華

作者太宰治

収載図書太宰治全集 6
出版社筑摩書房
刊行年月1989.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治全集 6
出版社筑摩書房
刊行年月1990.4

収載図書太宰治全集 7 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1998.10

収載図書大活字版 ザ・太宰治―全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10


散華

作者高橋和巳

収載図書森の王様
出版社河出書房新社
刊行年月1996.6
シリーズ名河出文庫


散華

作者柳田泰之

収載図書廃校・散華
出版社文芸社
刊行年月2002.7


散華

作者早瀬一郎

収載図書平家夜話
出版社PHP研究所
刊行年月2004.10


散華

読み方:サンゲ(sange)

作者 高橋和巳

初出 昭和38年

ジャンル 小説


散華

読み方:サンゲ(sange)

作者 太宰治

初出 昭和19年

ジャンル 小説


散華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/04 09:57 UTC 版)

散華(さんげ)とは、華()を散布すること。仏教ではを供養するために華を散布する[1]。また花を散らす意味から転て、死亡すること、特に若くして戦死する事の婉曲表現としても使われている[2]






「散華」の続きの解説一覧



散華と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「散華」の関連用語

散華のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



散華のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの散華 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS