震洋とは?

震洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/18 18:54 UTC 版)

震洋(しんよう)は、太平洋戦争大東亜戦争)で日本海軍が開発・使用した特攻兵器(小型特攻ボート)[1]。構造が簡単で、大量生産された[1]


  1. ^ a b c d e f 戦史叢書102巻、357頁「震洋(まるよん艇)」
  2. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 334頁
  3. ^ a b c d e #内令昭和19年9月p.2「海軍公報第十三號 内令第七一號(軍極秘) 仮称○四艇ヲ兵器ニ採用シ「震洋」ト呼称ス 昭和十九年八月二十八日 海軍大臣」
  4. ^ a b c 戦史叢書102巻、251頁「昭和19年(1944年)8月28日/海軍、「震洋」を兵器に採用」
  5. ^ a b 戦史叢書102巻、387頁「まるはち」
  6. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 322頁
  7. ^ 戦史叢書102巻、225頁「昭和19年(1944年)4月4日/軍令部第2部長、軍令部第1部長に特攻兵器を含む「作戦上急速実現を要望する兵力」案を提示」
  8. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 326-327頁
  9. ^ 第2項 大型エンジンの改良 - トヨタ自動車75年史
  10. ^ 「別冊オールドタイマー」2014年秋号
  11. ^ 牧野『艦船ノート』p.263
  12. ^ 牧野『艦船ノート』p.268
  13. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 321頁
  14. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 334-342頁
  15. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 334-342頁
  16. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 334-342頁
  17. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 341頁
  18. ^ 戦史叢書102巻、406頁「マルハ作戦」
  19. ^ NHK 証言記録 兵士たちの戦争 ベニヤボートの特攻兵器-震洋特別特攻隊―より
  20. ^ 林えいだい著「黒潮の夏 最後の震洋特攻」
  21. ^ いばらき 戦跡・平和マップ (PDF)”. いばらきコープ (2016年). 2017年8月31日閲覧。


「震洋」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「震洋」の関連用語

震洋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



震洋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの震洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS