沖縄戦における集団自決とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 戦争・紛争 > 太平洋戦争 > 沖縄戦における集団自決の意味・解説 

沖縄戦における集団自決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 12:04 UTC 版)

沖縄戦における集団自決(おきなわせんにおけるしゅうだんじけつ)では、第二次世界大戦太平洋戦争)時において、沖縄県で発生したとされる集団自決を扱う。(それ以外の時・場所で発生したものについては集団自決を参照。


  1. ^ 伊江島 アハシャガマ
  2. ^ 『琉球新報』2007年6月22日
  3. ^ 沖縄戦と「集団自決」―― 何が起きたか、何を伝えるか」『世界』764号、岩波書店、2008年。
  4. ^ 林博史『歴史学研究』
  5. ^ 書き換えの流れ 2007年6月20日沖縄タイムス[リンク切れ]
  6. ^ せめぎ合い 2007年4月30日沖縄タイムス[リンク切れ]
  7. ^ 沖縄タイムス2005年7月2日 朝刊26面 「集団自決」を考える(18) 識者に聞く(1) 安仁屋政昭沖国大名誉教授 すべてが軍の統制下に 足手まとい恐れ死選ぶ[リンク切れ]
  8. ^ 太田は自らが作り出した言葉がそのような捉えられ方をされていることに、のちに反省の意を表している。
  9. ^ 沖縄タイムス2005年7月3日 朝刊26面「集団自決」を考える(19) 識者に聞く(2) 石原昌家沖国大教授 住民には当てはまらぬ 実態ゆがめる教科書懸念[リンク切れ]
  10. ^ 読谷村役場 - 読谷村の戦跡めぐり[リンク切れ]
  11. ^ 体験記 - 読谷村史
  12. ^ 体験記 - 読谷村史
  13. ^ 下嶋哲朗(1992年)。
  14. ^ 読谷村史[リンク切れ]
  15. ^ 戦後30年して帰国した小野田寛郎は出征前に、軍からは「最後の一人になっても生きて戦え」と命令を受けていたが、母親からは短刀を渡され「敵の捕虜となる恐れがあるときには、この短刀で立派な最後を遂げ、小野田家の名誉を辱めないで下さい」と言われており、当時は敵に捕まることを「恥」とする風潮が日本には存在していたことがうかがえる(戸井十月著 『小野田寛郎の終わらない戦い』)
  16. ^ 沖縄の実態軍命令は創作!沖縄集団自決
  17. ^ a b 林博史「沖縄戦記録・研究の現状と課題 ―“軍隊と民衆”の視点から―」東学院大学経済学部一般教育論集『自然・人間・社会』第8号、1987年4月。
  18. ^ a b 安仁屋政昭『裁かれた沖縄戦』晩声社、1989年。
  19. ^ 石原ほか(2002年)。
  20. ^ 沖縄タイムス、2005年7月「集団自決」を考える(18)識者に聞く(1)~(2)[1]あるいは[2]など
  21. ^ 大城(2007年)。
  22. ^ 安里進ほか『沖縄県の歴史』山川出版、2004年。
  23. ^ a b 嶋津与志(大城将保の筆名)(1983年)。
  24. ^ 昭和19年牛島司令官の7項目の訓示の7項目目に「厳ニ防諜ニ注意スヘシ」とある
  25. ^ 沖縄県公文書館所蔵
  26. ^ 沖縄県公文書館所蔵
  27. ^ 大阪地方裁判所民事第9民事部(深見敏正裁判長2008年3月28日判決全文
  28. ^ 沖縄県公文書館所蔵
  29. ^ 沖縄県公文書館所蔵
  30. ^ 沖縄県公文書館所蔵
  31. ^ 沖縄県公文書館所蔵「3人の捕虜」読谷バーチャル平和資料館
  32. ^ 沖縄県公文書館所蔵沖縄県公文書館所蔵
  33. ^ 林(2001年)。
  34. ^ 琉球新報
  35. ^ 沖縄タイムス2007年7月6日および「集団自決」訴訟の陳述書。
  36. ^ a b c 「集団自決の軍命はなかった」作家の星雅彦、上原正稔氏が会見 沖縄県庁 世界日報 2009年6月10日付 閲覧
  37. ^ a b c 沖縄集団自決「軍の命令ではない」 地元誌が特集記事 産経新聞 2009年6月10日付 閲覧
  38. ^ a b 1/2【沖縄集団自決】「軍命令はなかった」-『うらそえ文藝』会見・前半【桜 H21/6/15】 日本文化チャンネル桜 2009/06/15
  39. ^ a b 2/2【沖縄集団自決】「軍命令はなかった」-『うらそえ文藝』会見・後半【桜 H21/6/15】 日本文化チャンネル桜 2009/06/15
  40. ^ 書証一覧
  41. ^ 赤松手記
  42. ^ 沖縄ノートIX-「本土」は実在しない
  43. ^ 「議員懇」教科書修正に反対
  44. ^ 仲程昌徳(1982年)。
  45. ^ 神戸新聞1986年6月6日
  46. ^ 『図説沖縄の戦い:太平洋戦争の戦場』 24頁
  47. ^ 産経新聞2008年2月22日
  48. ^ 『週刊新潮』2007年1月4日・11日号
  49. ^ 神戸新聞1987年4月18日
  50. ^ 産経新聞2006年8月27日
  51. ^ 産経新聞2007年10月3日
  52. ^ 2007年10月3日産経新聞朝刊正論
  53. ^ 産経新聞2007年7月6日朝刊「正論」
  54. ^ 沖縄タイムス2008年10月31日『元戦隊長の控訴棄却 「集団自決」訴訟
  55. ^ 強制でなく関与として可決-沖縄県議会意見書
  56. ^ 惠隆之介 「虚構の『軍命令・強制説』の復活を許さない国民決起集会」(2007年11月13日)における証言
  57. ^ 『世界日報』2007年10月2日
  58. ^ 『産経新聞』産経抄、2007年10月3日
  59. ^ 『報道ステーション』2007年10月4日
  60. ^ 『日本経済新聞』2007年10月9日
  61. ^ a b c 『西日本新聞』2007年10月10日
  62. ^ 『週刊新潮』2007年10月18日号
  63. ^ 『週刊新潮』2007年11月1日号
  64. ^ 『産経新聞』2007年11月20日


「沖縄戦における集団自決」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「沖縄戦における集団自決」の関連用語

沖縄戦における集団自決のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



沖縄戦における集団自決のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの沖縄戦における集団自決 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS