阿比留瑠比とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 阿比留瑠比の意味・解説 

阿比留瑠比

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 07:20 UTC 版)

阿比留 瑠比(あびる るい、1966年3月4日 - )は、日本政治部記者産経新聞社政治部編集委員




  1. ^ 『産経新聞』2011年3月16日
  2. ^ “【政論】首相は自衛隊員の気持ちを分かっているのか (1/2)”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2011年3月20日). http://megalodon.jp/2011-0328-1631-45/sankei.jp.msn.com/politics/news/110320/plc11032021460029-n1.htm 2013年12月2日閲覧。 
  3. ^ “【政論】首相は自衛隊員の気持ちを分かっているのか (2/2)”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2011年3月20日). http://megalodon.jp/2011-0325-1558-01/sankei.jp.msn.com/politics/news/110320/plc11032021460029-n2.htm 2013年12月2日閲覧。 
  4. ^ “辻元衆院議員が産経新聞を提訴 「虚偽報道で名誉毀損」”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年1月19日). http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011901001540.html 2013年12月2日閲覧。 
  5. ^ 朝日新聞は同判決を次のように報じている。
    「産経新聞に賠償命令 辻元議員の批判記事、名誉毀損認定」
    東日本大震災の直後に災害ボランティア担当の首相補佐官だった辻元清美衆院議員が、「根拠のない話をもとに批判記事を書かれた」として産経新聞社と執筆した記者に3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、80万円を支払うよう同社側に命じた。
    斎藤清文裁判長は「辻元氏らへの取材を一切せず、真実と認められない内容の記事を掲載した」などと述べ、名誉毀損による賠償責任などとした。
    問題とされたのは、2011年3月16、21日付朝刊に掲載されたコラム。辻元氏がかつて阪神大震災の被災地で「反政府ビラをまいた」などと指摘。辻元氏を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命した菅直人首相(当時)の判断を「ブラックジョーク」と批判した。
    同社は記事の根拠について「当時広く知られていた」「本を引用した」と主張。「論評記事だから辻元氏への取材は必要ない」と訴えたが、判決は退けた。
    同社は「主張が認められなかったことは遺憾だ。判決内容を検討し、今後の対応を考える」としている
  6. ^ “辻元衆院議員、産経新聞に勝訴 名誉毀損認め賠償命令”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年3月22日). http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013032201002324.html 2013年12月2日閲覧。 
  7. ^ 産経新聞社に80万円の賠償命令 辻元議員の記事巡り 日本経済新聞2013年3月22日
  8. ^ 安倍首相は慰安婦問題で米大統領に謝罪などしていない [リンク切れ]
  9. ^ “【阿比留瑠比の極言御免】「慰安婦謝罪」の意外な真相(1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年5月23日). http://megalodon.jp/2013-0523-1353-57/sankei.jp.msn.com/politics/news/130523/plc13052313320011-n1.htm 2014年4月23日閲覧。 
  10. ^ “【阿比留瑠比の極言御免】「慰安婦謝罪」の意外な真相(2/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年5月23日). http://megalodon.jp/2013-0523-1354-32/sankei.jp.msn.com/politics/news/130523/plc13052313320011-n2.htm 2014年4月23日閲覧。 
  11. ^ 安倍首相:「元慰安婦に申し訳ない」 07年日米首脳会談、当時の発言認める 毎日新聞 2013年05月18日閲覧
  12. ^ a b “産経新聞編集委員に賠償命令 FBで民進議員の名誉毀損”. 朝日新聞. (2016年7月26日) 
  13. ^ a b “産経新聞の編集委員敗訴 記事削除と110万円賠償”. 日刊スポーツ. (2016年7月26日). http://www.nikkansports.com/general/news/1684858.html 2016年7月26日閲覧。 
  14. ^ 阿比留瑠比氏に対する法的処置について
  15. ^ “安倍首相"側近記者"が大ピンチ…国会議員が怒りの刑事告訴”. 日刊ゲンダイ. (2015年5月1日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159469 2016年7月26日閲覧。 
  16. ^ “本紙記者、2審も敗訴 FB記述めぐる名誉毀損訴訟”. 産経新聞. (2016年12月5日). http://www.sankei.com/affairs/news/161205/afr1612050014-n1.html 2016年12月5日閲覧。 
  17. ^ 産経編集委員の敗訴確定 民進小西氏巡る名誉毀損東京新聞 2017年4月5日
  18. ^ 安倍政権下でないと改憲困難 長野で阿比留論説委員が講演 産経新聞2018年3月21日
  19. ^ 産経新聞、阿比留瑠比の戯言を嗤う”. 2018年8月25日閲覧。
  20. ^ a b c 【土・日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 やはり河野談話は破棄すべし”. MSN産経ニュース. 産経デジタル. p. 2 (2012年8月19日). 2013年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  21. ^ a b 【土・日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 やはり河野談話は破棄すべし”. MSN産経ニュース. 産経デジタル. p. 1 (2012年8月19日). 2014年3月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  22. ^ 【土・日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 やはり河野談話は破棄すべし”. MSN産経ニュース. 産経デジタル. p. 3 (2012年8月19日). 2013年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  23. ^ “「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断”. 朝日新聞デジタル. (2014年8月5日). http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html 2014年8月10日閲覧。 
  24. ^ “朝日慰安婦報道 「吉田証言」ようやく取り消し”. 読売新聞. (2014年8月6日). http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20140805-OYT1T50178.html 2014年8月7日閲覧。 
  25. ^ “慰安婦記事の一部を取り消し 朝日新聞「虚偽と判断」”. 日本経済新聞. (2014年8月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05037_V00C14A8CR8000/ 2014年8月7日閲覧。 
  26. ^ “慰安婦問題で「吉田証言」に踊った人たち 記事取り消しの意味”. SankeiBiz. (2014年8月9日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140809/mca1408091720001-n1.htm 2014年8月10日閲覧。 
  27. ^ “【橋下市長・朝日慰安婦検証記事批判全文(1)】白旗揚げた朝日、「もう逃げられなくなったんじゃないですか」”. 産経新聞. (2014年8月6日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140806/waf14080617070023-n1.htm 2014年8月10日閲覧。 
  28. ^ 沖縄集団自決・新聞各紙の見出しに疑問を感じます
  29. ^ 完成間近・映画「南京の真実」のセットを見てきました
  30. ^ 映画「南京の真実」完成披露記者会見で政治家が語ったこと
  31. ^ 靖国問題は放っておけばいいのに 2006/07/27 16:46 コメント欄
  32. ^ 昭和天皇を政治利用する人たち
  33. ^ 政治部記者が見た国政と安全保障-阿比留瑠比氏に聞く / 平成19年度自衛隊音楽まつり
  34. ^ 「河野談話」「村山談話」を変える難しさ-阿比留瑠比氏に聞く / 少年工科学校創立53周年記念行事
  35. ^ 何処へ向かう?麻生政権とニッポンの行方 第2弾 - 阿比留瑠比氏に聞く
  36. ^ 【阿比留瑠比】どう読む?菅改造内閣発足[桜H23/1/17] - YouTube
  37. ^ 【阿比留瑠比】菅政権延命が日本にもたらすもの[桜H23/6/23] - YouTube
  38. ^ 産経新聞、2015年11月5日
  39. ^ プレジデント、2017年10月30日号
  40. ^ 「阿比留瑠比の極言御免」、2018年7月21日付


「阿比留瑠比」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿比留瑠比」の関連用語

阿比留瑠比のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



阿比留瑠比のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿比留瑠比 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS