日本大相撲トーナメントとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本大相撲トーナメントの意味・解説 

日本大相撲トーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/29 10:11 UTC 版)

日本大相撲トーナメント(にほんおおずもうトーナメント)は、勧進元をフジテレビジョンがつとめる大規模な花相撲、及びそれを中継する放送番組名である。毎年2月上旬の日曜日に開催されており、大会賞金総額は1132万円。地上波テレビではフジテレビ系列全国ネットで開催日の16:05〜17:20の枠で放送されている[1]




  1. ^ 日曜夕方時間帯の全国ネット番組は、地方局(関西テレビ東海テレビなど)が制作する番組が多く、フジテレビ制作の番組はFNSの日27時間テレビ)など、年に数回程度しか放送されていない。
  2. ^ a b 2016年に第40回記念で復活し、振分親方(元・高見盛)×立田川親方(元・豊真将)、大島親方(元・旭天鵬)×時津風親方(元・時津海)、鳴戸親方(元・琴欧洲)×朝日山親方(元・琴錦)の三番が組まれた。ただし、フジテレビでは生放送がなく、『ザ・ノンフィクション』などの通常番組を放送した。
  3. ^ 四股名のクレジットも、原則として1月場所時点での地位(東西表記もあり)が表記される。なお番付編成会議後の開催となるため、1月場所後に横綱・大関昇進を決めた力士は「新横綱」「新大関」と表記される(2005年1月場所後に大関に返り咲いた栃東は、どう表記されたか不明)。
  4. ^ 相撲中継が完全消滅危機 フジも検討中 - 日刊スポーツ、2010年7月31日
  5. ^ 2010年7月度社長会見要旨 - フジテレビ「こちらフジテレビ」、2010年8月3日掲載
  6. ^ 大相撲トーナメントも中止 時事通信 2011年2月3日
  7. ^ 【謹告】日本大相撲トーナメント第三十五回大会中止について フジテレビ 2011年2月4日
  8. ^ 大相撲トーナメント 中止のお知らせArchived 2012年1月19日, at the Wayback Machine. 文化放送
  9. ^ “「大相撲T」中止…フジ損害1億円”. デイリースポーツ. (2011年2月4日). http://www.daily.co.jp/sumo/2011/02/04/0003783151.shtml 
  10. ^ このため既に購入済みのチケットは払い戻しの対象となり、同年2月28日まで購入先のプレイガイドにて払い戻しに応じることとなった。
  11. ^ ただし、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)で被災した東北3県岩手県宮城県福島県)は、2011年7月24日時点でアナログ放送の終了が見送られたことから、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)によって被災した東北3県岩手県宮城県福島県)においては、『第36回日本大相撲トーナメント』がアナログ放送としての最後の放送となった。
  12. ^ なお、臨時理事会において、3月に大阪府立体育会館で開催予定だった2011年3月場所の中止が決定された。
  13. ^ “文化放送は素早く対応…理事会を代替放送”. デイリースポーツ. (2011年2月3日). オリジナルの2011年2月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110208232016/http://www.daily.co.jp/sumo/2011/02/04/0003783144.shtml 
  14. ^ テレビ宮崎・2011年1月30日の番組表より。
  15. ^ テレビ宮崎・2011年2月6日の番組表より。


「日本大相撲トーナメント」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大相撲トーナメント」の関連用語

日本大相撲トーナメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本大相撲トーナメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大相撲トーナメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS