持分法適用関連会社とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 持分法適用関連会社の意味・解説 

持分法

(持分法適用関連会社 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/04 23:41 UTC 版)

持分法(もちぶんほう、: equity method)とは、会計学ないし会計実務の用語のひとつで、投資会社が被投資会社の資本及び損益のうち投資会社に帰属する部分の変動に応じて、その投資の額を連結決算日ごとに修正する方法である。具体的手法は企業会計基準第16号「持分法に関する会計基準」及び実務対応報告第24号「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」に全面的に準拠する。




「持分法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「持分法適用関連会社」の関連用語

持分法適用関連会社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



持分法適用関連会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持分法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS