不浄負けとは?

不浄負け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 20:52 UTC 版)

不浄負け(ふじょうまけ)とは、相撲の取組中に廻しの前袋が偶発的に外れて陰部が露わになることであり、露わになった側の力士が即座に反則負けとなる。




注釈

  1. ^ 相撲規則 力士規定 第2条「理由なくして締込の下に、下帯を使用することができない。」
  2. ^ 一例として、大学相撲部を題材とする日本映画『シコふんじゃった。』では、外国人留学生が廻しの下にスパッツを着用して試合に出場することを願い出るも認められず、不戦敗となる場面がある。なお、世界相撲選手権大会では廻しの下にアンダーパンツを着用することが認められている。
  3. ^ 相撲規則 審判規則[行司] 第15条「競技中に力士の締込が胸まで伸びて、止めやすい状態の場合は、行司は動きを止めて、締め直させることができる。」
  4. ^ 戦意なく土俵を割った場合に記録される勝負結果(非技)の1つである踏み出しが採用されたのは2001年のことで、当時は存在しない。
  5. ^ 相手の後立褌に手がかかることは、反則ではないが推奨もされておらず、行司が気付いた場合は注意して持ち替えさせることになっている。
    相撲規則 審判規則[禁じ手反則] 第2条「1.後立褌のみをつかんだ時は、行司の注意により、取り換えねばならない。行司が注意を与えることが不可能の場合は認められる。」
  6. ^ 相撲規則 勝負規定 第13条「締込の前の垂れが砂についても負けとならない。」

出典

  1. ^ a b c d 図解 平成大相撲決まり手大事典、178頁。
  2. ^ a b 財団法人 日本相撲協会寄附行為施行細則附属規定(抜粋)”. MMTS相撲. 2018年5月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 見えてる見えてる…大相撲83年ぶりモロ出し/復刻”. 日刊スポーツ (2016年5月14日). 2019年11月22日閲覧。(オリジナルは日刊スポーツ:2000年5月14日付1面)
  4. ^ 大相撲力士名鑑 平成二十九年版より引用。
  5. ^ a b c 「見えてる」83年ぶりチン事/夏場所プレイバック”. 日刊スポーツ (2020年5月27日). 2020年6月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e 山本山お尻全開、TVに2秒/春場所”. 日刊スポーツ (2009年3月27日). 2019年11月22日閲覧。
  7. ^ 山本山のお尻があらわに/春場所 2009年3月26日 サンスポ
    あわや!?山本山の尻があらわに…春場所12日目 2009年3月26日 スポーツ報知
  8. ^ 18禁山本山が豊ノ島相手に7勝目/春場所”. 日刊スポーツ (2009年3月27日). 2019年11月22日閲覧。
  9. ^ a b “土俵にまわし「前袋」、反則負けに…実は誤審でした”. アサヒ・コム. 朝日新聞社. (2017年3月26日). http://www.asahi.com/articles/ASK3V4SHLK3VUTQP01M.html 2017年3月26日閲覧。 
  10. ^ a b c “三段目で珍事 まわしの前垂れ土俵につき負け通告”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年3月26日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1798078.html 2017年3月26日閲覧。 


「不浄負け」の続きの解説一覧




不浄負けと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不浄負け」の関連用語

不浄負けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不浄負けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不浄負け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS