千代大海龍二とは?

千代大海龍二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/19 13:54 UTC 版)

千代大海 龍二(ちよたいかい りゅうじ、1976年(昭和51年)4月29日 - )は、大分県大分市出身(出生地は北海道千歳市)で九重部屋所属の元大相撲力士。本名は須藤龍二(すどう りゅうじ)、旧姓は廣嶋(ひろしま)。最高位は東大関。現在は、年寄九重(14代)、九重部屋の師匠。




注釈

  1. ^ 優勝決定戦では史上初めての取り直しがあり、千代大海は若乃花と合計三番も相撲を取ることになった(実際九重親方から事前に「三番相撲する覚悟で行け!」と助言されたという)。引退時に、この日の取組を千代大海は一番の思い出と語った。千代大海が引退…17年の土俵人生に幕[リンク切れ], デイリースポーツ(2010年1月20日), 2010年1月27日閲覧
  2. ^ この時、観戦席から蜜柑が飛んできて、吊り屋根に当たり、その時に出来たシミが残っている(残っていた)ことを2011年に両国国技館で行われたTRIBUTE TO JAPAN - THE BENEFIT BLACK MASS 2 DAYS, D.C.13 -デーモン閣下がMC中に懐述している(その当日、デーモンは国技館で観戦していたこともカミングアウトしている)。
  3. ^ 3代若乃花と優勝決定戦
  4. ^ 鼻骨骨折により11日目から途中休場
  5. ^ a b c d 公傷・全休
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 大関角番(全14回)
  7. ^ 右足関節脛腓靱帯損傷及び右距骨有痛性三角骨により4日目から途中休場
  8. ^ 左第2指及び第3指中足基節関節靱帯断裂により9日目から途中休場
  9. ^ 栃東と優勝決定戦
  10. ^ 右上腕三頭筋損傷により9日目から途中休場
  11. ^ 左膝側副靱帯損傷及び左足関節関節炎により9日目から途中休場
  12. ^ 右大胸筋部分断裂及び頸椎捻挫により8日目から途中休場
  13. ^ 右肘関節捻挫により千秋楽不戦敗
  14. ^ 右肘関節捻挫により8日目から途中休場
  15. ^ 左膝膝蓋腱英語版損傷及び右上腕三頭筋腱損傷により11日目から途中休場
  16. ^ 左膝膝蓋腱靱帯損傷及び左肘関節靱帯損傷により11日目から途中休場
  17. ^ 関脇陥落

出典

  1. ^ a b 力士プロフィール 日本相撲協会公式サイト 2016年11月28日閲覧
  2. ^ a b c 元大関・千代大海の佐ノ山親方が九重部屋を継承 - スポーツニッポン 2016年8月3日14時48分配信(同日19時30分確認)
  3. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p70-72
  4. ^ a b c d e f g h 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)184ページから185ページ
  5. ^ 日本テレビ『誰だって波瀾爆笑』2013年9月8日放送
  6. ^ 相撲は喧嘩ではない!でも、本当の殴り合いのような相撲の名勝負があった! Japaaan 2017/11/13(ワノコト、2017年11月24日閲覧)
  7. ^ "原石の時代 Archived 2010年4月7日, at the Wayback Machine.". 西日本新聞 (2005-06-29)
  8. ^ 『相撲』2018年10月号99頁から107頁
  9. ^ a b 2001年1月11日付 日刊スポーツ紙面
  10. ^ 白鵬“因縁”千代大海に苦杯スポニチ 2014年3月11日閲覧
  11. ^ a b まさに千代大敗…大関ワースト13敗”. スポーツニッポン. 2009年3月30日閲覧。
  12. ^ 千代大海13敗!カド番制度に横審から疑問…春場所千秋楽”. スポーツ報知. 2009年3月30日閲覧。
  13. ^ 千代大海 大関ワースト13敗…糖尿病も告白”. デイリースポーツ. 2009年3月30日閲覧。
  14. ^ a b 千代大海が本名改姓=大相撲夏場所14日目”. 時事通信. 2009年5月23日閲覧。
  15. ^ 「大相撲夏場所:千秋楽、千代大海と把瑠都「無気力」 監察委が「注意」」毎日新聞2009年5月30日 東京朝刊
  16. ^ 14度目のかど番…千代大海 大関転落でも現役続行”. スポニチ (2009年11月12日). 2009年11月12日閲覧。
  17. ^ 千代大海 大関陥落…来場所6敗なら即引退も”. スポニチ (2010年1月11日). 2009年11月25日閲覧。
  18. ^ 千代大海が引退 きょう届け出, 東京新聞(2010年1月13日), 2010年1月13日閲覧
  19. ^ 「土俵怖くなった」…千代大海引退 スポーツ報知 2010年1月14日閲覧
  20. ^ こらえきれずに…断髪の千代大海が涙、涙,日刊スポーツ(2010年10月2日),2010年10月2日閲覧
  21. ^ “九重親方が膵臓がん手術 早期「大丈夫だよ」”. 日刊スポーツ. (2015年9月14日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1537969.html 2016年7月31日閲覧。 
  22. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)P113
  23. ^ 東京新聞2017年1月8日付朝刊スポーツ面
  24. ^ KOKONOE_RYUJIのツイート(818006764972953600)
  25. ^ 元・千代天山ブログ2007年5月3日
  26. ^ 『大相撲』1999年3月号47頁から49頁
  27. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)p17
  28. ^ 新生・九重部屋、破竹の4連勝! 2016年9月12日6時0分 スポーツ報知
  29. ^ 大分・由布市に「千代大海ミュージアム」オープン2017年6月25日21時50分 スポーツ報知(報知新聞社、2017年11月6日閲覧)


「千代大海龍二」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千代大海龍二」の関連用語

千代大海龍二のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



千代大海龍二のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千代大海龍二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS