優勝決定戦_(相撲)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 優勝決定戦_(相撲)の意味・解説 

優勝決定戦 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/01 04:39 UTC 版)

優勝決定戦(ゆうしょうけっていせん)は、大相撲において、各地位での最高成績者が複数出た場合に、優勝者を決めるための本割以外の取組である。




  1. ^ 番付上位優勝の時代には千代ノ山が新入幕の1945年11月場所に10戦全勝で優勝できなかった記録がある(優勝は羽黒山)。
  2. ^ 1964年1月場所において、大鵬清國は千秋楽まで14戦全勝で、全勝同士の決定戦の可能性があったが、清國が負けて大鵬が勝ったため決定戦は実現しなかった。
  3. ^ 他に、幕内最高優勝未経験の力士であり、優勝決定戦制度導入以前に番付下位による優勝同点を2回記録した鏡岩がいる。


「優勝決定戦 (相撲)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「優勝決定戦_(相撲)」の関連用語

優勝決定戦_(相撲)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



優勝決定戦_(相撲)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの優勝決定戦 (相撲) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS