力士会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 力士会の意味・解説 

力士会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 04:12 UTC 版)

力士会(りきしかい)とは、力士生活の向上のため力士の立場から日本相撲協会へ提言することを目的にした会であり、十両以上の力士で構成している親睦組織(いわゆる労働組合[要出典]である。




  1. ^ 1992年5月場所で北勝海信芳が引退して横綱が不在となったあと、翌1993年3月場所で曙太郎が横綱に昇進するまでの間、筆頭大関だった小錦八十吉が力士会会長を務めた。
  2. ^ 就任当時に大関だった初代会長の玉錦三右エ門は就任中に横綱昇進。
  3. ^ フジテレビ系列放送で企画された2012年6月開催のイベントは、力士対芸能人で腕相撲・大食い・歌力対決など行われたが、運動会とは少し趣向が異なった。
  4. ^ 白鵬が力士運動会の復活に意欲(日刊スポーツ・2015年4月29日)


「力士会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「力士会」の関連用語

力士会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



力士会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの力士会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS