序ノ口とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 序ノ口の意味・解説 

じょの くち [0] 【序の口】

物事がはじまったばかりであること。 「こんな寒さはまだ-だ」
相撲番付で、番付に記される一番下の位。

序ノ口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 10:03 UTC 版)

序ノ口(じょのくち)は、大相撲番付上の最下位の階級。序二段の下である。番付外(前相撲)の力士よりは上位とされる。




  1. ^ 序ノ口力士の四股名が載る番付表の最下段は、親方等の名も載せるため、序ノ口力士に割り当てられるスペースは極めて小さい。
  2. ^ 2016年7月場所13日目・周志大和(木瀬部屋)対福倭毅(春日山部屋)のケースから2018年7月場所13日目・津志田亜睦(時津風部屋)対浪満六満(立浪部屋)のケースまで、2年間にわたり6戦全勝同士の序ノ口決戦は発生しなかった。
  3. ^ 当場所の序ノ口の枚数は東西17枚と少なく、更に、休場力士も8名と多く、必然的に初戦から6連勝する力士が不在となり得る状況であった。事実、6番相撲を終えた時点で5勝1敗が2名しかおらず、両者の対戦は既に組まれていたため、相星決戦を行うことができず、両者がそれぞれ別力士と対戦し、いずれも敗れたため、5勝2敗の優勝決定戦という珍事に至った。
  4. ^ 1960年7月場所に幕下以下の本割が1場所7番と定められて以降、5勝2敗で各段優勝となったのはこれが唯一のケースである。
  5. ^ 力士数が大幅に増えた1990年代半ばには、序ノ口下位で4勝しても翌場所据え置かれる例が多数あった。
  6. ^ 番付外新序・新弟子を除く。


「序ノ口」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「序ノ口」の関連用語

序ノ口のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



序ノ口のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの序ノ口 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS