痛み分けとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 痛み分けの意味・解説 

いたみ‐わけ【痛み分け】

相撲で、取組中に一方負傷したため勝負引き分けとすること。転じて、けんかや議論などで双方ともかなりの痛手をこうむったまま結着をつけないこと。


痛み分け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 04:29 UTC 版)

痛み分け(いたみわけ)は相撲における、勝負の判定結果のひとつである。




  1. ^ あわや60年ぶり痛み分け 北勝富士、脳しんとうのような症状でクラクラスポーツ報知2018年5月23日(2018年5月23日アクセス)


「痛み分け」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「痛み分け」の関連用語

痛み分けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



痛み分けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの痛み分け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS